ADMi-21® G7 オンライン試用サービス

ADMi-21 G7によるICT資産管理を最大2カ月間無料でご体験いただけます。

ADMi-21 G7 オンライン試用サービスの特徴と提供内容

ADMi-21 G7 オンライン試用サービスとは、ICT資産管理ソリューション ADMi-21 G7 の機能と操作性を無料で体験していただくサービスです。

ADMi-21 G7 の詳細はこちら >>

ご利用料金

無料

ADMi-21 G7操作画面イメージ

ご利用期間

1社あたり2ユーザー様まで、最大2カ月間ご体験していただくことができます(利用開始月から翌月末日まで)。

サービス提供時間

平日9時から18時まで利用可能です(年末年始等の停止時は別途ご連絡いたします)。

提供する機能

お客様専用の領域に自由にデータの入出力をしていただくことができます(データセキュリティー担保のためクライアント証明書の導入が必要です)。

サポート

専用のメール窓口にてお問い合わせの対応をいたします。


動作環境

本サービスをお客様にご利用いただくためには次のPC環境が必要です。

OS

Windows Vista以降

Webブラウザー

Internet Explorer8.0以降

その他

インターネット接続環境が必要です(通信料等が別途必要になります)。また表示モニタサイズは1024×768ピクセル以上を推奨いたします。


ご利用開始までのお手続きについて

本サービスのお申し込みから、ご利用開始日までは次の流れになります。

1.規約のご確認

下記の利用規約をお読みいただき、内容にご同意いただけましたら [ 利用規約に同意してADMi-21 G7オンライン試用サービスを申し込む ]をクリックしてください。

2.お客様情報の入力

次の画面で、必要事項の入力をしてください。

3.利用手順書等のご送付

折り返し弊社からメールにて、利用手順書とクライアント証明書をお送りします。

4.証明書の導入

利用手順書にしたがい、お客様のPCにクライアント証明書を導入していただきます。

5.ご利用開始

本サービスのご利用を開始していただけます。


ご利用終了のお手続きについて

本サービスのご利用終了は次の流れになります。

1.終了のご連絡

本サービスのご利用終了5日前に、メールにてサービス終了のご連絡をさせていただきます。

2.終了作業の実施

お客様のデータは弊社側で責任を持って削除させていただきます。削除結果はメールでご報告いたします。その際、簡単なアンケートにお答えいただきますので、ご協力をお願いいたします。



ADMi-21 G7 オンライン試用サービス お申し込み
1.利用規約の確認

以下のADMi-21 G7 利用規約にご同意いただけましたら、以下の「利用規約に同意して、ADMi-21 G7オンライン試用サービスを申し込む」ボタンを押してください。

ADMi−21G7オンライン試用サービス利用規約

第1節 総則

第1条(目的)
ユニアデックス株式会社(以下「弊社」という)は、本サービスの利用者(以下「契約者」という)に対し、このADMi−21G7オンライン試用サービス利用規約(以下「本規約」という)にもとづいてADMi−21G7オンライン試用サービス(以下「本サービス」という)を提供するものとします。

第2条(規約の変更)
弊社は、契約者の承諾を得ることなく本規約を変更することができます。この場合、本規約にもとづく本サービスの料金その他の条件は、変更後の規約によるものとします。

第3条(通知の方法)
弊社から契約者への通知は、電子メール、本サービスのホームページ上での一般掲示、ファックスまたは書面等弊社が適当と認める方法により行われるものとします。
2.前項の通知が電子メールで行われる場合、契約者が自ら登録または変更の手続をした電子メールアドレス宛の発信をもって通知が完了したものとみなします。また、前項の通知が本サービスのホームページ上での一般掲示で行われる場合、当該通知がホームページ上に掲示された時点をもって契約者への通知が完了したものとみなします。

第4条(用語の定義)
本規約において使用される用語の定義は、次の各号のとおりとします。
(1) [インターネット接続方式]とは、ADMi−21サーバーと、契約者および契約者のエンドユーザー(以下、総称して「インターネットユーザー」という)が所有する端末とをインターネットを経由して接続する方式をいうものとします。
(2) [ADMi−21サーバー]とは、本サービスを契約者へ提供するために弊社が用意したサーバーをいうものとします。
(3) [接続機器等とは、本サービスを利用するために必要となる通信機器、ソフトウェアおよびそれらに附随して必要となる機器等、ならびに、電話利用契約、インターネット接続のための契約等をいうものとします。
(4) [ユーザーID]とは、ADMi−21サーバーにアクセスする際、正式利用者の識別名を表す文字列で次の各IDを総称していうものとします。
(5) [パスワード]とは、ADMi−21サーバーにアクセスする際、正式利用者であることを表す文字列をいうものとします。
(6) [利用契約]とは、契約者が弊社から本規約にもとづく本サービスの提供を受けるための契約をいうものとします。

第5条(本サービスの種類および内容)
本サービスは、インターネット接続方式により弊社のADMi−21サーバー上で契約者がADMi−21G7の機能を試用するスペースを無料で提供するサービスをいうものとします。
2.接続機器等については、契約者の責任と費用負担により準備するものとします。

第6条(提供地域)
弊社が本規約にもとづき本サービスを提供する地域は、日本国内とします。

第2節 利用申込等

第7条(利用申込)
利用契約の申込みをするお客様(以下「申込者」という)は、本サービスのホームページより利用契約を申込むものとします。
2.申込者は、利用契約の申込みに際して、本規約の各条項について同意することに加え、以下の項目に同意するものとします。
(1) 申込者自身に関する情報を登録する場合は、すべて最新の情報を正確に登録すること。
(2) 登録した情報は、申込者自身の責任において、常に最新でかつ正確な状態に保つこと。
3.申込者の登録内容に不備があったことにより申込者または契約者が不利益を被ったときは、弊社は一切その責任を負わないものとします。

第8条(利用契約の成立)
弊社は、前条の利用申込を承諾した場合には、利用申込者に対して証明書と利用手順書を電子メールで送付するものとし、証明書の送付をもって利用申込者と弊社間における本サービスの利用契約(以下「利用契約」という)は成立するものとします。
2.弊社は、申込者が以下の項目に該当する場合、利用契約の申込みを拒絶することができるものとします。
(1) 申込者が日本国外に居住する場合。
(2) 申込者が、過去に本規約違反等により、契約者としての資格の取消が行われている場合。
(3) 申込内容に虚偽、誤記または記入もれがあった場合。
(4) 申込者が本規約に違反するおそれがある場合。
(5) その他、弊社が申込者を契約者とすることを不適当と判断する場合。

第9条(IDおよびパスワード付与および変更)
弊社は、本サービスの利用申込みを承諾した場合には、本サービスを利用するために必要なIDコード(以下「ID」という)およびパスワード(以下「パスワード」という)を契約者に付与するものとします。
2.本サービスの利用者は、契約者の従業員またはそれに準ずるものに限るものとします。

第10条(ユーザーIDおよびパスワード管理)
契約者は、ユーザーIDおよびパスワードの使用および管理について一切の責任を負うものとします。
2.契約者は、ユーザーIDおよびパスワードを第三者に譲渡、名義変更、売買、質入等はしてはならないものとします。
3.ユーザーIDおよびパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は、契約者が負うものとし、弊社は一切責任を負わないものとします。
4.契約者は、ユーザーIDおよびパスワードが盗難または第三者に契約者の許可なく使用されていることを知った場合には、直ちに弊社にその旨を連絡するとともに、弊社からの指示がある場合には、これに従うものとします。
5.契約者は、自己の設定したユーザーIDおよびパスワードを失念した場合は弊社に申し出るものとし、弊社の指示に従うものとします。また、ユーザーIDおよびこれに対応したパスワードによりなされた本サービスの利用は、当該契約者本人によりなされた利用とみなすものとします。

第11条(利用期間)
本サービスの利用期間は、利用開始月から翌月末日までとします。

第12条(契約者の氏名等の変更)
契約者は、登録された住所、連絡先等に変更があったときは、速やかに弊社に通知し、または弊社が定める手続に従い登録情報を変更することとします。
2.契約者は、前項の通知または変更手続を怠った場合に、弊社からの通知が不到達となっても、通常到達すべきときに到達したとみなされることをあらかじめ異議なく承認するものとします。

第13条(弊社による本サービスの変更および廃止)
弊社は、契約者に事前の通知をすることなく、第5条に規定する本サービスの種類の一部を変更・追加・廃止(以下「本サービスの変更」という)または本サービスの全部を廃止することができることとします。ただし、本サービスの全部を廃止する場合には、弊社が適当と判断する方法で、1ヶ月前までに契約者へ通知するものとします。

第14条 (再委託)
弊社は、必要に応じて本サービスの一部を弊社の責任において第三者に再委託することができるものとします。この場合、弊社は本契約にもとづき弊社に課せられた義務を当該第三者にも遵守させるものとします。

第15条(サービス環境の変更等)
弊社は、本サービス提供業務の運用上、またはその他の事由により必要な場合には、サービス環境の変更等を行うことができるものとします。この場合、弊社は、電子メールまたは弊社のホームページに掲載することによりその旨をお客様に通知するものとします。
2.前項の変更等に伴い発生する、お客様が使用する機器の設定の変更およびコンテンツの手直しについては、お客様がその負担と責任においてこれを行うものとします。

第3節 利用料金

第16条(利用料金)
本サービスの利用にかかる一括払い料金、利用料金(月額、年額)およびオプション料金(月額、年額)(以下併せて「利用料金等」という)は、別途弊社が定めるとおりとします。

第4節 利用の制限、提供の中止等

第17条(利用の制限)
天災地変その他の非常事態が発生し、または発生するおそれがある場合には、弊社は、災害の予防もしくは救援、交通、通信もしくは電力の供給の確保または秩序の維持に必要な通信その他の公共の利益のために緊急を要する通信を優先的に取り扱うため、電気通信事業法第8条に基づき、サービスの利用の一時制限または一時停止等の措置を講じることができるものとします。

第18条(禁止事項等)
契約者は、本サービスの利用にあたって、以下の行為(作為、不作為を問いません)を行ってはならないものとします。弊社は、契約者が以下の行為のいずれかに該当する行為を行った場合は、契約者に事前の通知をすることなく直ちに本サービスの提供を停止し、かつ、利用契約の全部または一部を解除することができるものとします。
(1) 他の契約者、第三者もしくは弊社の著作権もしくはその他の権利を侵害する行為またはこれらを侵害するおそれのある行為。
(2) 他の契約者、第三者もしくは弊社の財産もしくはプライバシーを侵害する行為またはこれらを侵害するおそれのある行為。
(3) 前2号の他、他の契約者、第三者もしくは弊社に不利益もしくは損害を与える行為または与えるおそれのある行為。
(4) 他の契約者、第三者または弊社を誹謗中傷する行為。
(5) 公序良俗に反する行為もしくはそのおそれのある行為または公序良俗に反する情報を他の契約者もしくは第三者に提供する行為。
(6) 犯罪的行為、もしくは犯罪的行為に結び付く行為またはそれらのおそれのある行為。
(7) 選挙期間中であるか否かを問わず、選挙運動またはこれに類する行為。
(8) 性風俗、宗教、政治に関する活動。
(9) ユーザーIDおよびパスワードの不正使用または転売行為。
(10)本サービスを転売する行為。
(11)コンピュータウィルス等の有害なプログラムを本サービスを通じて、もしくは本サービスに関連して使用し、または提供する行為。
(12)本サービスを直接または間接に利用する者の当該利用に対し、重大な支障を与える態様において本サービスを利用する行為。
(13)法令に違反する、または違反するおそれのある行為。
(14)利用契約申込書への虚偽事項記載等本規約の規定に違反する行為
(15)その他、弊社が不適切と判断する行為。
2.本条第1項の定めにもとづき、弊社が本サービスの提供を停止した場合、停止に伴う本サービスの利用料金は返還しないものとします。
3.契約者が第1項の禁止事項に該当する場合、または禁止事項に該当する恐れがあると弊社が判断した場合、弊社は、当該契約者または当該契約者と関係があると思われる契約者がADMi−21サーバーに登録したファイル、データ、情報等を契約者の承諾なく閲覧することができるものとします。
4.契約者がADMi−21サーバーに登録したファイル、データ、情報等が第1項の禁止事項に該当する場合または該当する恐れがあると弊社が判断する場合は、弊社は、契約者に対して当該ファイル、データ、情報等の削除を要求し、契約者が削除に応じない場合または緊急性があると弊社が判断した場合には、弊社は契約者の承諾を得ることなくこれらを削除することができるものとします。なお、削除することによって契約者または第三者に損害等が発生した場合であっても、弊社は何ら責任を負わないものとします。
5.前項にかかわらず、弊社は前項に定める削除を行う義務を負うものではなく、また、前項の削除を弊社が行わないことにより契約者または第三者に損害等が発生した場合でも、弊社は一切責任を負わないものとします。

第19条(本サービス提供の中断)
弊社は、前条に定める他、次の各号に該当する場合には、利用契約にもとづくサービスの提供を中断することができるものとします。
(1) 弊社の設備の保守上または工事上やむを得ないとき
(2) 弊社の設備にやむを得ない障害が発生したとき
(3) 戦争、暴動、労働争議、地震、噴火、洪水、津波、火災、停電その他の非常事態により、本サービスの提供ができなくなったとき
(4) その他、弊社が本サービスの運営上、一時的な中断が必要と判断したとき
2.弊社が、前項の規定により利用契約にもとづくサービスの提供を中断するときは、あらかじめ、その理由、実施期日および実施期間を契約者に、弊社の定める方法で通知します。ただし、緊急やむを得ない場合はこの限りでないものとします。

第20条(本サービス提供の中止)
弊社は、都合により本サービスの全部または一部の提供を中止することができるものとします。この場合、弊社はその3か月前までに、文書、電子メールまたは弊社ホームページ等によりその旨を利用者に通知するものとします。

第21条(本サービス提供の停止)
弊社は、契約者が次のいずれかに該当するときは、弊社が別途定める期間(本サービスの利用料金またはその他の債務を支払わないときは、当該利用料金またはその他の債務の支払が弊社にて確認できるまで)において、本サービスの提供を停止することができるものとします。
(1) 利用料金その他の債務について、支払期日を経過してもなお支払わないとき。
(2) 第14条に定める禁止事項に該当する行為の他、本規約の規定に反する行為があって、本サービスに関する弊社の業務遂行に著しい支障を及ぼし、または及ぼすおそれのある行為をしたとき。
2.弊社は、前項の規定により本サービスの提供を停止するときは、あらかじめその理由、提供停止をする日および期間を契約者に通知するものとします。ただし、緊急やむを得ない場合または第14条に規定する禁止事項に該当する場合はこの限りでなく、弊社は契約者に通知することなく直ちに本サービス提供を停止できるものとします。

第5節 契約の解除等

第22条(弊社が行う利用契約の解除)
弊社は、第18条の規定によりサービスの提供を停止された契約者が、弊社が相当の期間を定めて催告を行ったにも拘わらず、なおその期間内に当該停止の原因となった事由を解消しない場合には、利用契約を解除するものとします。
2.弊社は、その事由が弊社の業務の遂行上支障を及ぼすと認められるときは、前項の規定にかかわらず、第18条に定める提供の停止をすることなく利用契約を解除することができるものとします。
3.契約者が次の各号に定める事項のいずれかに該当する場合、弊社は何等の催告を要せず、利用契約の全部または一部を解除することができるものとします。この場合、契約者は弊社に対する全債務の期限の利益を喪失し、弊社は債務残額全部の支払い履行を求めることができるものとします。
(1) 第三者から差し押え、仮差し押え、仮処分、競売、破産宣告、解散、整理あるいは更正等の申し立てを受けたとき
(2) 自ら破産宣告、会社整理、民事再生手続あるいは会社更正の申し立てをしたとき、または清算に入ったとき

第23条(契約者が行う利用契約の解約)
契約者は、弊社が別に定める手続に従い、利用契約の解約を申し入れることができるものとします。

第6節 雑則

第24条(責任)
契約者は、本規約およびその他弊社が随時通知する内容に従い、本サービスを利用するものとします。
2.本サービスの利用において契約者が弊社に損害を与えた場合、契約者はその損害の一切について賠償するものとします。
3.本サービスの利用において、契約者の行為が本規約に違反して、第三者からの異議、請求、損害賠償請求等の紛争が生じた場合には、契約者は自己の責任と費用負担により当該紛争を解決するものとし、弊社を免責せしめるものとします。

第25条(秘密の保持)
弊社は、お客様の個人情報または本サービスの提供に伴い取り扱った通信の秘密を保持するとともに、いかなる場合にも本サービスの提供に伴い知り得た利用者の業務上または技術上の資料または情報を第三者に開示または提供しないものとし、また、本サービスの提供のために必要な範囲を超えてこれらを使用しないものとします。ただし、公知のものについては、この限りではないものとします。
2.弊社は、本サービスに関連する業務を第三者に委託する場合には、当該第三者に対して、前項の守秘義務を遵守させるものとします。
3.前2項にかかわらず、刑事訴訟法第218条その他同法の定めに基づく強制捜査等が行われた場合または「特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限および発信者情報の開示に関する法律」にもとづく開示請求があった場合には、弊社は、当該法令および令状に定める範囲に限り、第1項の守秘義務を負わないものとし、また、警察官、税務官その他の照会権限を有する者による照会があった場合には、弊社は弊社の判断によりその照会に応じることができるものとします。
4.お客様が本規約に違反し、または本サービスの提供を妨害する行為を行った場合には、弊社は、本サービスの円滑な提供を確保するために必要な範囲で、当該お客様に関する情報を使用し、または第三者に提供することができるものとします。

第26条(個人情報の取り扱い)
弊社は、本サービスの利用に際して契約者から取得した氏名、メールアドレス等の個人情報を弊社の個人情報保護方針に基づき、適切に取り扱うものとします。

第27条(自己責任の原則)
お客様は、本サービスの利用に関連して第三者に損害を与えた場合には、その損害賠償の責を負うものとします。
2.お客様が利用契約もしくは本規約に違反し、または不正もしくは違法な行為によって弊社に損害を与えた場合には、弊社はお客様に対して損害賠償の請求を行うことができるものとします。

第28条(免責)
本サービスの利用により生じたお客様または第三者の損害については、弊社はいかなる責も負わないものとします。
2.弊社は、本サービスの提供がお客様の特定の目的を満たすものであること、またはお客様の所期の目的もしくは結果を実現するものであることを保証するものではないものとします。
3.不可抗力その他弊社の責に帰すことができない事由による、本サービスの履行遅滞または利用契約の全部もしくは一部の不履行およびこれらにより生じたお客様の損害については、弊社はその責を負わないものとします。
4.弊社はサーバもしくは基本プログラムその他のプログラムの障害または当該障害の修復作業に起因して生じたディスク内の利用者のコンテンツ及び設定情報等の滅失、毀損等があった場合、バックアップファイルからのリストアを実施するものとします。但しリストアによって全てのデータが復元されることを保証するものではないものとします。
5.弊社はサーバもしくは基本プログラムその他のプログラムの障害または当該障害の修復作業に起因して生じたディスク内の利用者のデータまたはプログラム等の滅失、毀損等によりお客様または第三者に損害が発生した場合にも弊社はその責を負わないものとします。
6.サーバ操作の誤りその他弊社の責に帰すべき事由により、本サービスの提供に支障が生じ、弊社がその事実を知った時から利用者が連続して24時間以上本サービスを利用できなかった場合に限り、お客様からの請求により損害賠償に応じるものとします。弊社はお客様から受領した直前月の利用料金等(年額契約の場合は利用料金等の12 分の1)相当額を限度として、お客様が被った損害を賠償するものとし、年度毎の損害賠償累計額は、当該年度内にお客様が弊社に支払った利用料金等の総額を超えないものとします。
7.本サービスに関し、弊社の債務不履行、または弊社の故意もしくは重大な過失により生じたお客様の損害に対する弊社の賠償責任は、お客様が被った通常の直接損害に限るものとし、損害賠償額は弊社がお客様から受領した直前月の利用料金等(年額契約の場合は利用料金等の12 分の1)相当額を限度とします。なお、年度毎の損害賠償累計額は、当該年度内にお客様が弊社に支払った利用料金等の総額を超えないものとします。

8.弊社は、利用契約の終了後、第12条により弊社が行う本サービスの廃止後、または第17条にもとづく利用契約の解除後、直ちに契約者が本サービスを通じてADMi−21サーバーに登録した一切のファイル、データ、情報等を消去・削除するものとし、契約者はこれに同意するものとします。弊社がデータ等を消去したことにより契約者または第三者に発生する損害については、弊社は何ら責任を負わないものとします。
9.前項のほか、弊社の設備の維持・管理の必要上など、弊社が消去または削除する必要があると弊社が判断する場合、ADMi−21サーバーに登録した一切のファイル、データ、情報等を消去・削除するものとし、契約者はこれにあらかじめ同意するものとします。弊社がデータ等を消去したことにより契約者または第三者に発生する損害については、弊社は何ら責任を負わないものとします。

第29条(契約者の地位の譲渡)
契約者は、弊社が特に認める場合を除き、利用契約にもとづく契約者の債権債務を第三者に譲渡、承継、相続してはならないものとします。

第30条(合意管轄等)
本サービスに関連して、契約者と弊社との間で紛争が生じた場合は、双方誠意をもって協議するものとします。
2.前項による協議をしても解決しない場合は、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。
3.本規約は、その成立、効力、解釈および履行を含む全ての事項について、日本国法によって支配されるものとします。

付則
本規約は、2010年3月1日より実施するものとします。

page top