U-Cloud

2014年10月15日公開

ニューコン株式会社様

クラウドベースの画期的なデータエントリーサービスを展開し、「U-Cloud®」の信頼性がサービスの評価にも貢献

常に柔軟な発想で事業に取り組み、ビジネス領域を拡大してきたニューコンは、企業や官公庁のITシステム構築、医療システムの構築などを数多く手がけ、顧客から高く評価されている。主力事業の1つであるデータエントリーにも長く取り組む中で、新たなビジネスモデルの構築が不可欠と考えた同社は、これまでにないクラウド型データエントリーサービスを実現すべく独自の入力処理技術を開発。サービス提供のシステム基盤には日本ユニシスグループの「U-Cloud」を採用し、顧客が安心して利用できる環境を整えている。
PDFで読む(PDF: 723.8 KB)
U-Cloud®事例一覧へ

導入前

  • 従来のビジネスモデルから脱却し、新たなデータエントリーサービスの実現が必要と考えていた。
  • データエントリーサービスの事業所として自社に入力センターを設けており、要員の確保や教育、固定経費の増大とシステム運用の負担があった。
  • 入力作業を担うオペレーターは入力センターに勤務するため、業務の場所や時間の制約があった。
  • 事業規模の変化に伴うシステム更新や人員の柔軟な対応が難しかった。

導入後

  • 独自開発の入力処理技術で特許を取得し、これまでにないクラウドベースのデータエントリーサービスを実現した。
  • サービス運用のシステム基盤をクラウド化したことで、ハードウエアの運用・保守にかかる負担が軽減でき、サービス展開に集中できる環境が整った。
  • 日本全国の在宅ワーカーが業務に参加できるようになり、テレワーク推進にも大きな効果をもたらしている。

システムの特徴

  • 新たなデータエントリーサービス「net-Typer(ネットタイパー)」のシステムを「U-Cloud」 上に構築し、日本全国の在宅ワーカーが、いつでも業務に参加できる体制を構築
  • 在宅ワークの仕組みや「U-Cloud」による運用管理コストの削減により、低コストのデータエントリーを実現
  • 堅牢かつ安全な世界最大級のデータセンターにある、クラウド基盤を利用することで、システムの信頼性、安定性、セキュリティが向上
  • 独自開発の入力処理技術により、万全な個人情報保護対策を実現

経緯

データエントリーサービスのビジネスモデルを刷新して
新たな事業展開の基礎を築きたい

ニューコンは、主要な事業分野の1つとしてデータエントリーサービスを展開しており、従来は業務拠点として入力センターを設け、入力作業を担うオペレーターもそこに勤務する形態を採っていた。オフショアの活用などコスト競争が厳しくなる中で、これまでと同じ運営方法(ビジネスモデル)から脱却すべきと考えた同社は、入力処理技術を独自に開発し、さらにオペレーターの入力作業とデータ蓄積をクラウドで行うという新たな取り組みを進めることを決断。2012年からクラウド型サービス「net-Typer」として提供を始め、2500人(2014年9月)の会員登録した在宅ワーカーが入力業務に携わっている。このサービスの基盤として、同社は日本ユニシスグループのクラウド基盤「U-Cloud」を用いている。

「これまで企業や公共機関などのITシステムを受託開発してきた当社にとって、Webを利用したサービスを自ら提供し、そのための技術もすべて自社で開発するのは初めてのことです。大きなビジネスの転換ですが、新たに開発した入力処理技術で特許を取得するなど、着実に対応を進めてきました。『net-Typer』のサービスは2年ほど前からスタートしており、在宅ワーカーなど多くの方々に会員となっていただいて、各々が都合の良い時間を使って仕事ができる環境を整備しました。 会員はすべて日本在住の方で、業務もすべて国内で行っています。データエントリー業務の基盤としてクラウドを利用する際、高い信頼性や安全性が求められるのは当然です。複数のクラウド基盤を検討した結果、求める要件を最も高水準で満たしている『U-Cloud』が最適だと判断しました。」と王氏は話す。

プロセス

選定時には「U-Cloud」のデータセンターも見学
非常に安定したサービス基盤として高く評価

クラウド基盤の検討時には、実際にサービスを提供している設備(データセンター)も見学して、品質や安心感を確かめたとのこと。これまで多数のシステム開発を手掛けてきた企業として、日本ユニシスグループに対する印象も良く、求める要件を期待以上に満たしてくれると確信して正式採用を決めた。

「以前は自社の入力センターにサーバーなどを置き、システムもそこに構築していました。運用・保守の負荷は相応にありましたし、場所も限られます。日本全国にいるオペレーターが場所に捉われず業務を進められるクラウドは、サービス提供の最適な基盤です。多くの人がアクセスすることになるので、安定性や信頼性は特に重要で、選定の際にもかなり意識しました。『net-Typer』のサービスを利用されるお客さま企業に『U-Cloud』基盤のあるデータセンターを実際に見ていただいて、サービスの基盤が非常に堅牢で信頼性の高いものだと改めて納得いただくケースもあります。」(小林氏)

効果・今後

多数のオペレーターがスムーズに作業できる環境を維持
さらなる発展の基盤として今後も活用

「net-Typer」のサービス提供開始から現在まで大きなトラブルはなく、各オペレーターの業務基盤として十分なレスポンスも得られており、非常に安定した状態を維持している。「U-Cloud」の信頼性や安全性と同社の技術力の高さ、場所に捉われない働き方への取り組みが相まってサービスに対する注目度も向上しており、2014年2月には日本テレワーク協会が主 催する第14回日本テレワーク推進賞の優秀賞を受賞した。今後のビジネス展開に不可欠なシステム基盤として、「U-Cloud」の重要性は増している。

「今後、在宅ワーカーをはじめデータエントリー作業を担っていただく会員を数万人にまで増やすこと、より多くのデータエントリー業務を企業や官公庁から請け負って、会員の方々に提供できるようにしていくことを目標にしています。『U-Cloud』は、必要なときに必要なリソースを追加できるため、会員数(事業規模)の変化にもすぐに対応できる環境が整ったのは何よりです。

当社が開発し、特許を取得した入力処理の技術は、入力するデータの内容を細かく分割して文字レベルで扱うので、それが何のデータであるかは見てもわかりません。個人情報の保護やセキュリティの面でも優れたものだと自負していますが、サービスを利用されるお客さまは、そのサービスの基盤部分にも高いセキュリティを求めます。そこを『U-Cloud』がしっかり支えてくれているのです。」(王氏)

お客さまの評価

「U-Cloud」の信頼性の高さは多くの顧客にも伝わる

大手のお客さまからデータエントリーを依頼される際、「U-Cloud」を使っていると話すと信頼がぐんと上がるのがわかります。
このような優れたクラウド基盤があるから当社のサービスの信頼も高まり、さらに我々は「net-Typer」のサービス展開と技術開発に集中できます。(王氏)

ビジネスを共に成長させようという姿勢に共感

選定の際に「U-Cloud」の設備を初めて見たときは、我々自身もその信頼感、安心感の高さに驚いたものです。
これなら安心してリスクや負担を抑えつつサービスを展開できると確信したのを覚えています。
「U-Cloud」の担当者も我々の思いをよく理解してくれて、一緒にビジネスを成長させていこうという姿勢で臨んでくれました。対応はとても迅速で、積極的に提案いただくなど、強いアプローチが印象的でしたね。(小林氏)

  • ニューコン株式会社
    取締役会長
    王 春華 様

  • ニューコン株式会社
    執行役員常務
    小林 紘 様

Profile

ニューコン株式会社
http://www.newcon.co.jp/

本社所在地:東京都荒川区東日暮里5-41-12
日暮里コミュニティビル
創業:1991年12月
資本金:3億円
従業員数:180名(2014年3月31日現在)
事業内容:
・SI/開発ソリューションおよび海外オフショア委託事業
・医療/ヘルスケアシステム事業
・情報サービス(データ入力/BPO)事業
・カスタマーサービス事業
・官公庁入札/セキュリティ事業
・グローバル(日/中)ITビジネス

page top