マイナンバー制度に求められるセキュリティー対策

~個人情報漏えいの危険性~

セミナー

マイナンバー制度が本格的に運用開始されたいま、企業、行政などの組織にとってセキュリティー対策の見直しは必至となっています。

本セミナーでは、個人情報の保護に関する基本方針やガイドラインの策定等に取り組む監視・監督機関である「個人情報保護委員会」の委員で、東京工科大学コンピュータサイエンス学部 教授の手塚 悟 様を講師にお迎えし、企業・行政などの組織が実施すべきマイナンバー制度に対応した「技術的安全管理措置」の考え方についてご講演いただきます。

また、相反関係にある「セキュリティー対策」と「ユーザーの利便性」をバランスよく実現する、様々なソリューションをご紹介いたします。

ここでしか聞けない最新の情報が満載です。
ご多忙の折とは存じますが、皆様のご参加をお待ち申し上げております。

概要

日時 2016年2月26日(金)13:30~17:00 (13:00受付開始)
会場 大手町ファーストスクエアカンファレンス イーストタワー2F RoomC

〒100-0004 東京都千代田区大手町1-5-1 ファーストスクエア イーストタワー2F
アクセス
(公共交通機関)
・JR東京駅 丸の内北口 出口から徒歩4分
・東京メトロ 千代田線/東西線/半蔵門線/丸ノ内線
 都営地下鉄 三田線「大手町駅」 C8/C11/C12 出口から直結
参加費 無料(事前登録制)
定員

50名
※お申込み多数の場合は抽選とさせて頂きます。
※同業他社様につきましては参加をご遠慮いただくことがありますので予めご了承ください。

主催

ユニアデックス株式会社

共催

日本ヒューレット・パッカード株式会社

協賛

ヴイエムウェア株式会社

プログラム

13:00 受付開始
13:30-13:40

ご挨拶

ユニアデックス株式会社

13:40-14:40

【基調講演】特定個人情報の適正な取扱いについて

マイナンバーのご意見番である個人情報保護委員会では、法律のルールを守るためにどうしたらよいのか、実務に照らし合わせて、具体的に説明したガイドラインを公表しています。ところが、ガイドラインについての理解が十分に進んでおらず、「マイナンバーのために金庫やシュレッダーを買わなければいけないと言われた」といった反応や不安の声が、民間事業者から聞こえてきます。本講演では、ガイドラインにおける安全管理措置を中心に紹介し、ビジネスの現場で聞こえてくる風説・俗説に対して、本来、何が必要なのかを説明します。

個人情報保護委員会 委員 /
東京工科大学 コンピュータサイエンス学部
教授 手塚 悟 様

[ プロフィール ] 工学博士。1984年慶應義塾大学工学部数理工学科卒。同年(株)日立製作所入社、2009年度より東京工科大学コンピュータサイエンス学部教授、現在に至る。

個人情報保護委員会委員、SIP重要インフラ等におけるサイバーセキュリティの確保担当サブプログラムディレクター、サイバーセキュリティ戦略本部重要インフラ専門調査会委員、IT戦略本部電子行政タスクフォース臨時構成員、情報連携基盤技術ワーキンググループ委員、住民基本台帳システム調査委員会委員、電子署名法及び認証業務に関する法律基準等検討ワーキンググループ座長、暗号技術評価委員会(CRYPTREC)委員、暗号技術活用委員会(CRYPTREC)委員等。

14:40-15:20

多要素認証ソリューションのご紹介

情報漏えい対策として、アクセス制御や操作ログの取得だけで終わっていませんか?
パスワードが盗まれ、なりすましの不正ログインをされると、それらの対策がまったく意味のないものになってしまいます。もはやパスワードだけで守れない時代となっており、多要素認証の導入が各方面に広がってまいりました。ユニアデックスが導入した最新の多要素認証ソリューションの事例をご紹介いたします。

ユニアデックス株式会社
プロダクトマーケティング部
岩竹 智之

15:20-15:30 ~ 休憩 ~
15:30-16:10

マイナンバー対策、もうひとつのリスクを取り除く
VMwareのセキュリティーソリューション

1 月から行政手続きや税徴収のための運用が開始されたマイナンバー制度。企業も従業員のマイナンバーを取り扱うために、これまでシステム改修やクラウド化などの準備を進めてまいりました。しかし、多くの企業で見逃されがちなのが、システムにマイナンバーを入力したり、閲覧したりするためのエンドポイント(端末)に対する対策です。高度化する標的型攻撃への備えとしてインターネット分離のシステムで対応を試みる企業も多い中、VMwareは一歩進んだセキュリティーソリューションをご提案します。

ヴイエムウェア株式会社
ソリューションビジネス本部 ビジネスモビリティ推進
部長 東根作 成英

16:10-16:50

利便性の高い快適なセキュリティー環境を実現するIceWall SSO

マイナンバー制度導入により、企業がかかえる機密情報は日々増加の一途をたどっています。企業の情報管理者にとっては、誰をどの情報リソースにアクセスさせるのか?という「認可」についてあらためて考えてみる機会かもしれません。また、制度導入により業務量が増加する現場のことを考慮すると、セキュリティー強化による負荷増大はなんとしても回避したいところです。
本セッションではセキュリティーとともに利便性も担保するシングルサインオンソリューションを、サービス業におけるマイナンバー導入事例を交えてご紹介します。

日本ヒューレット・パッカード株式会社
テクノロジーコンサルティング事業統括 IceWallソフトウェア本部
瓶子 則夫

16:50-17:00

質疑応答

注1)日程、内容、講演者等が予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。
注2)記載の会社名、製品名およびシステム名は各社の登録商標または商標です。

お申し込み

個人情報のお取り扱いについて

[ 利用目的 ] ご記入頂くお客様の個人情報は、ユニアデックス株式会社の製品・サービスに関する情報提供、イベント・セミナー等のご案内、メールマガジンの配信や営業活動及びマーケティング活動のために利用させて頂きます。
[ 利用の範囲 ] お客様の個人情報については、当社の「個人情報保護方針」に従い取扱うものとし適切な管理と必要な保護を行うとともに、適切な方法により日本ユニシスグループ企業へのみ提供させて頂きます。
[ 委託 ] なお、ご記入いただく個人情報は、メールマガジン発送業務、DM発送業務、テレマーケティング業務、運用管理・保守業務の為に委託する場合があります。この場合、当社の定める基準に従い適切な委託先を選定し、個人情報の取扱に関する契約を締結した上で行います。
[ お問い合わせ ] 個人情報の開示請求、または訂正削除、利用停止等のお申し出、その他ご質問がございましたら、下記の問合せ先までご連絡ください。
 ユニアデックス株式会社 セキュリティーセミナー事務局
 sec_seminar@ml.uniadex.co.jp
 〒135-8560 東京都 江東区 豊洲 1-1-1
 *個人情報管理者:ユニアデックス株式会社 プロダクトマーケティング部 部長

2016年の
イベント・セミナー

新着のイベント・セミナー

page top