ユニアデックス、OPSWARE社国内向けITオートメーションソリューションで提携

ニュースリリース

2005年02月01日

 ユニアデックス株式会社(本社:東京都江東区、社長:福永 努、以下 ユニアデックス)と米国OPSWARE, INC.(本社:米国カリフォルニア州、社長:ベン・ホロヴィッツ、NASDAQ:OPSW、以下 OPSWARE社)はこのたび、OPSWARE社製ITオートメーションソフトウェア「OpswareSystem」の国内販売と保守サービスに関して提携しました。

 これによりユニアデックスは2月2日(水)から「OpswareSystem」の販売を開始し、コンサルティングと保守サービスも随時提供していきます。
 今回の提携により、OPSWARE社は、ユニアデックスが持つ全国200以上のサービス拠点とソフトウエア保守サポート力、そして24時間365日の保守体制を利用し、国内での事業拡大とシェア拡大を図っていきます。一方、ユニアデックスは、世界的に評価されている「OpswareSystem」を商材とし、ソフトウエアサポート力を生かすことで、ITマネジメントサービス(統合運用管理)事業の一層の拡大を図っていくものです。
 OPSWARE社とユニアデックスは、2003年9月より「OpswareSystem」の販売を開始している日本電気株式会社とともに、日本のITオートメーション市場を開拓していきます。
 近年、インターネットの発展により、サーバーおよびアプリケーションの劇的な増加、複雑化がもたらされ、企業においてはサーバーリソース管理を自動化するソフトウエアの重要性が注目されています。「OpswareSystem」は、このニーズに対応した製品であり、企業におけるサーバーの設定・保護・変更、アプリケーションの配布・適用、パッチ適用、設定管理などを自動化することにより、大幅な運用コストの削減を実現できます。また、IT資産といえるサーバーやソフトウエアの稼動状況を明確にします。

OPSWARE社について(ナスダック表記:OPSW)(http://www.opsware.com

OPSWARE社は、ITオートメーションおよびユーティリティ・コンピューティング・ソフト分野の世界的なリーディングカンパニーです。インターネットの発展は、クライアント/サーバー・コンピューティングからウェブアーキテクチャへの移行を促進しています。これによりサーバーおよびアプリケーションの劇的な増加、複雑化がもたらされ、もはや自動化されたITモデルは必要不可欠となっています。「OpswareSystem」は、ITライフサイクルの全てを自動化し、ITによる自動的なサーバーおよびアプリケーションの提供、パッチ、設定、保護、変更、測定、監督、復旧、連結、移動ならびに配置転換を可能にすることによりユーティリティコンピューティングを提供します。全世界で250を超える大手企業、委託業者および政府機関が、この新しい、自動化されたITのモデルを実現するためにOPSWARE社を利用しています。

*記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

※ニュースリリースの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のニュースリリース

2005年の
ニュース

新着ニュース

page top