USBメモリ紛失につきまして

ニュースリリース

2006年02月26日

ユニアデックス株式会社(社長:高橋 勉 住所:東京都江東区豊洲1-1-1)は、当社取引先の情報および個人情報を保存したUSBメモリの紛失を確認致しましたので、お知らせ致します。
なお、現時点におきましては情報の不正流用等の事実は確認されておりません。
このような事態を招いたことを、厳粛に受け止め、お客様をはじめ皆様にご心配をおかけすることになりましたことを、ここに深くお詫び申し上げます。

経緯

2月21日、当社社員がUSBメモリの紛失に気付き、翌22日に警察署に紛失届けを提出致しました。現時点まで当該USBメモリは発見されておりません。
当該USBメモリは同月17日に最終利用が確認されております。

内容

顧客情報:42件
個人情報:295件

お客様への対応

関連するお客様には個別にお詫びするとともに、ご対応をさせていただきます。

再発防止

情報セキュリティ担当役員の下に情報セキュリティ施策を推進する体制を敷き、社内ルールに従い顧客情報、個人情報の厳重な管理に努めてまいりました。
しかしながら今回このようなことが起き誠に遺憾なことと受け止めております。
今後、このような事故の再発防止のため、運用ルールの見直しを含め、管理の再徹底を図ってまいります。

※ニュースリリースの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のニュースリリース

2006年の
ニュース

新着ニュース

page top