無停止・高可用性ソフトウエアの販売、導入・構築、保守サービスを開始クラスタシステムを越える高可用性Windowsシステムが構築可能に

ニュースリリース

2006年12月25日

 ユニアデックス株式会社(本社:東京都江東区、社長:高橋 勉、以下 ユニアデックス)は、米国Marathon Technologies Corporation(本社:米国マサチューセッツ州、社長兼CEO:Gary Phillips、以下マラソンテクノロジーズ)と提携し、 同社が開発した高可用性ソフトウエア「Marathon everRunTM」の販売を12月25日から開始します。また同時に、 「Marathon everRun」の導入・構築サービスや保守サービスを提供開始します。

 近年企業の情報システムでは、SOX法対応をはじめとし高い信頼性を求める高可用性システムの需要が急激に高まってきています。 しかし従来の高可用性システム構築技術であるクラスタシステムでは、アプリケーション上での制約やクラスタ運用技術者が必要などの制約によって、 十分な可用性対策を講じることが不可能な場合がありました。

 マラソンテクノロジーズ社の「Marathon everRun」は、このような制約を排除し、アプリケーションの可用性を向上し、 顧客のデータ、ネットワーク、オペレーティングシステムを障害や災害から保護するソフトウエアです。 具体的にはMicrosoft® Windows® OSの上で仮想のWindows OS環境を動作させることで、無停止型のシステムと高い可用性のあるシステムを実現します。

 これによりWindowsアプリケーションへの柔軟な適応や単一サーバーと同等の運用性実現で、 従来クラスタシステムを越える信頼性の高い(高可用性)システムを構築可能とします。

今回販売開始の「Marathon everRun」の特徴は、以下の通りです。

「無停止型システム」と既存クラスタシステムを越える「高可用性システム」2種を提供

「Marathon everRun FT」は2台のWindowsサーバーを同期実行し、既存クラスタシステムを超えるアプリケーション実行環境の連続可用性(停止時間ゼロ)を実現します。 また「Marathon everRun HA」は、everRun FTと同様に、サーバー全体の障害発生時には入出力環境(ディスク、 ネットワーク)の連続可用性を維持しながらアプリケーション実行環境の待機サーバーへの切り替えを実現します。

複雑な高可用性システムの設計・開発・運用が不要でコスト低減

「Marathon everRun」環境では、仮想化されたOS環境でアプリケーションが稼動するため、 クラスタ対応アプリケーションの利用やクラスタ用スクリプトなどのシステム設計・開発が不要で、維持・運用にかかる追加コストが不要です。

低価格な高可用性システムが構築可能

クラスタシステムで単一故障点(Single Point Of Failure)となる共有ディスクを使用しないため、共有ディスク型クラスタシステムを超える高可用性システムが実現できます。 この結果高価な共有ディスク購入、クラスタ環境の維持・運用コスト、高価な制御ソフトウエアの購入などが不要で低価格な高可用性システムの構築が可能です。

ディザスタ・トレラントの提供(オプション)

2台のサーバーを遠隔配置し、災害時におけるシステムの連続運用を可能にする「Marathon everRun SpilitSite」を提供します。
 「Marathon everRun」の販売価格は、「Marathon everRun FT」が122万円から、「Marathon everRun HA」が95万円から(共に保守料別)となっており、 売上目標は導入・構築・保守サービスを含め、3年間で約2000ライセンス、約20億円を計画しています。 なおユニアデックスは、デル株式会社と協調して、Windowsサーバー市場における高可用性ソリューションおよびPowerEdgeTMサーバーの拡販を図っていきます。


【ご参考】 「Marathon everRun」の国内での販売開始についてのコメント

デル株式会社 ソリューション・サービス・デリバリー本部 本部長
Dell Inc. コーポレートディレクター 諸原 裕二氏

デル株式会社はユニアデックス株式会社が発表した「高可用性ソフトウエアMarathon everRunの国内販売開始」を歓迎致します。 業界標準x86サーバーを活用した高可用性システムへのニーズが高まり続けている今、 カプセル化した仮想Windows環境を活用した高可用Windoswシステムの新しい展開を期待しております。 弊社としましても、業界標準サーバーである「PowerEdgeシリーズ」にデル・プロフェッショナル・サービス(DPS)によるコンサルティングを組み合わせ、 お客様に最適なソリューションを提供して参ります。

Mr. Gary Phillips, President and CEO of Marathon Technologies

Uniadex has the deep domain expertise and the reach to accelerate our growth in the Japanese market which is extremely important for our business. With Uniadex providing distribution support services throughout Japan we expect to significantly increase our implementation of everRun and provide customer with the best possible support.

ユニアデックスは弊社のビジネスにとって非常に重要である日本市場での成長を促進するため の深い専門知識と守備範囲を兼ね備えています。我々はユニアデックスが提供している全国サ ポートサービスを通して、everRunの普及拡大し最高のサポートをお客様に提供することを期 待しています。

Marathon Technologies Corporationについて
http://www.marathontechnologies.com/jp/) Marathon Technologiesは、成長著しい高可用性ソフトウエア開発・販売会社であり、特許に 裏づけられた仮想化技術を用い、標準PCサーバーを採用しながらもWindowsシステムの 可用性を向上するという「クラスタの次に来る」新標準- Infinite Availability -を定義して います。従来の高可用性技術であるクラスタよりも簡単に導入でき、扱いやすく、より高信頼性を提供します。

*Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
*Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
*記載の会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。

※ニュースリリースの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のニュースリリース

2006年の
ニュース

新着ニュース

page top