ICTレスキューサービス導入事例紹介・SAS Institute Japan様

お知らせ

2009年11月27日

ラック6本のネットワーク機器、60台のサーバー。これら複数ベンダー機器を3日間で移設させ、インフラ再構築に加え顧客対応力強化を図った無線LAN環境も構築。
SAS Institute Japan様は、ユニアデックスのICTレスキューサービスにより、これを実現しました。
詳細は「ユーザー事例」ページからご覧ください。

(2012/10/10更新)
※ICTレスキューサービスはただいま新規の受付を停止しており、当事例のPDFファイルも公開いたしておりません。

ユーザー事例
http://www.uniadex.co.jp/casestudy/

ICTレスキューサービスの詳細は、以下のリンク先をご覧ください。
http://www.uniadex.co.jp/service/ICT_Rescue/

※お知らせの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のお知らせ

2009年の
ニュース

新着ニュース

page top