セキュリティー事故の前に最低限のIT統制が必要。海外拠点の実態を把握し、ITガイドラインの作成へ。国際ICT救助TAi導入事例 ニチレイ様

お知らせ

2010年03月15日

ニチレイ様は、日本版SOX法に基づく内部統制の一環として、全世界の事業拠点を含むグローバルIT統制の実現に向けた取り組みを開始した。とりわけ海外拠点では、情報セキュリティー対策が甘く、事故が起きうる状況だった。

最初に着手したのは海外拠点におけるITインフラ事情の調査・把握。当初は独自で調査を開始したものの、自社だけでは難しいことから、ITベンダーが提供するサービスの活用へと方針を転換。

これに一役買ったのが、ユニアデックスのグローバルICTサポートサービス「国際ICT救助TAi」だった。

詳細は「ユーザー事例」ページからご覧ください。

ユーザー事例
http://www.uniadex.co.jp/casestudy/

グローバルICTサポートサービス「国際ICT救助TAi」紹介コンテンツは、近日公開をめざし作成中です。
詳細説明をご希望の方は「お問い合わせ」よりご連絡ください。

参考コンテンツ「グローバルICTサポートサービス」
http://www.uniadex.co.jp/service/global/

※お知らせの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のお知らせ

2010年の
ニュース

新着ニュース

page top