ユニアデックス、日本ユニシス アプリケーションプロバイダー向け「AP配信サービス」を提供開始

-販売・流通コストの削減とライセンス管理も容易に-

ニュースリリース

2010年09月30日

 ユニアデックス株式会社(本社:東京都江東区、社長:入部 泰、以下 ユニアデックス)と、日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、社長:籾井 勝人、以下 日本ユニシス)は、アプリケーションプロバイダー向けに、インターネットを介したアプリケーション配信とライセンス管理を行う「AP配信サービス」を、10月1日から提供開始します。

 クラウドコンピューティングの普及に伴い、アプリケーションプロバイダーにおいては、既存のアプリケーションをSaaS(注1)として提供したいと言うニーズが高まっています。しかし一般的にアプリケーションをその操作性を維持したままWeb化することは、技術・コストの両面から実現が困難でした。

 今回提供を開始する「AP配信サービス」では、アプリケーションをWeb化することなしに、インターネットを介してサービス提供することができます。またライセンス管理も合わせて行われるため、月額課金型のサービス提供も可能となります。

 本サービスは、日本ユニシスが提供するクラウドサービス上で、配信ソフトを使用してユニアデックスが独自に開発しており、インターネット回線の種類を問わない環境へのアプリケーションの配信サービスとしてはわが国で初めてのものとなります。

 本サービスの特長は次のとおりです。

  1. アプリケーションのWeb化が不要
  2. インターネット回線の種類を問わず、狭帯域での配信も可能
  3. 少ない初期投資でサービス開始が可能
  4. Windows XP®、Windows Vista®に加え、Windows® 7にも対応

 本サービスを利用することにより、アプリケーションプロバイダーは販売・流通コストを削減でき、自社のアプリケーションをインターネットを介して広く提供することが可能です。また、月額でのサービス提供を行うことにより、アプリケーションの購入を躊躇していたユーザーにも利用の機会を広げられ、アプリケーションプロバイダーのビジネス拡大が期待できます。

 AP配信サービスの料金は、一つのアプリケーションを配信サービスに登録するためのパッケージ料金として初期費用25万円のほか、配信を行うための料金として月額基本料4万円、他に販売モデルなどにより個別に設定される利用者1ID当たりの料金が課金されます。

 日本ユニシスグループでは、今後3年間でアプリケーションプロバイダー20社、合計5万IDの提供を見込んでいます。本サービスは、ユニアデックスが販売を行うとともに、日本ユニシスではICTサービスにおけるPaaS(注2)の一つと位置づけ、ICTサービス事業の拡充を図ります。

 なお本サービスは、株式会社日本生工技研(本社:東京都豊島区、社長:若山 昇一氏)での採用が決まっており、10月1日から同社の作業分析・改善ソリューション『タイムプリズム for SaaS』としてのサービス提供が開始されます。

AP配信サービス 概要図

AP配信サービス 概要図

以上

注1:SaaS(Software as a Service)
必要な機能(ソフトウェア)を、必要な時に、ネットワークを介して利用できるサービス。

注2:PaaS(Platform as a Service)
SaaSアプリケーションの実行環境やネットワーク環境を提供するサービス。

※関連URL:「株式会社日本生工技研」 http://www.jiet.co.jp/

※記載の会社名、商品名およびシステム名は、各社の商標または登録商標です。

※ニュースリリースの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のニュースリリース

2010年の
ニュース

新着ニュース

page top