iPad約100台の保守管理を一貫し提供。LCM(ライフサイクルマネジメント)サービス事例 佐賀県様

お知らせ

2012年02月20日

全国平均37分以上という救急車での搬送時間。同様に深刻な状況が続いていた佐賀県では、県内すべての救急車にiPadを搭載、その改善に乗り出した。

病院、救急車のいまを「見える化」し、現場の救急隊員、医療スタッフが適切に判断できる効率的な救急搬送の実現へ。

これらを支えるのが、スマートデバイスの運用管理ソリューション LCMサービスである。
iPadの万一の障害に備え、障害の切り分けからインシデント管理、さらにはオンサイトでの端末交換に至る、日常的な保守管理を一貫し提供している。

一方、救急隊員の手元に、オレンジ色のカバーのiPadが。
救急現場で使用する機器にとって、カバーも重要な要素だった。
たんに頑丈なだけでなく、隊員が首から紐でつり下げ立ったままでも使えること。
さらに、救急現場で利用して違和感のない色を、ということで、ユニアデックスはオレンジ色のカバーも調達した。

佐賀県様の事例の詳細は、下記のリンク先からご覧ください。

ユーザー事例

LCMサービス

※お知らせの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のお知らせ

2012年の
ニュース

新着ニュース

page top