クラウドサービスの連携を強化、新たな4つのサービスを提供開始

-クラウドの連携と可視化により、お客さまのICT環境を最適化-

ニュースリリース

2014年10月08日

 ユニアデックス株式会社(社長:入部 泰、本社:東京都江東区、以下 ユニアデックス)は、お客さまのICT環境を最適化するためにクラウドサービスの連携を強化し、新たな4つのサービスを2014年10月15日から順次提供開始します。

 日本ユニシスグループでは、2008年から企業向けのエンタープライズクラウドとして、クラウドサービス「U-Cloud®」を提供しています。ユニアデックスはその当初より「U-Cloud」の設計・構築、運用・保守およびクラウドサービスの提供を担ってきました。

 このたびユニアデックスは、これまでの経験とノウハウを生かし、自社クラウドである「U-Cloud」にとどまらず、複数のクラウド環境との連携を可能にするクラウドフェデレーションのコンセプトのもと、 4つのサービスを皮切りに、今後も提供サービスを拡大していきます。また、クラウドサービスの提供プロセスを連携させ、IT資産の棚卸からはじまるICT環境アセスメントから、そのクラウド環境を実現するためのシステム設計・構築、クラウド環境を支える運用・保守までを一貫して提供していきます。

 なお、ユニアデックスが考えるクラウドフェデレーションとは、「オンプレミス環境」と「クラウド環境」や、「複数のクラウド環境」において「クラウドがつながる・クラウドがみえる」ことです。クラウドがつながるためには、ネットワーク、データ、アプリケーション、ユーザー(ID)などの柔軟な連携が必要で、つながったクラウド環境の運用やコントロール、そして稼働監視は一元的にできることが必要と考えます。

 今後もユニアデックスは、クラウド関連の新サービスを続々と提供し、これらのクラウドサービスを活用したお客さまのさらなるICT環境最適化の実現を目指していきます。

概要図

新たな4つのサービス内容は、以下のとおりです。

1.ICT環境アセスメントサービス(2014年10月15日開始)

 ICT環境を最適化するには、現在のICT環境を俯瞰的かつ的確にとらえた分析をし、システム利用の特徴に合せて、「オンプレミス環境」か「クラウド環境」かを選択することが必要になります。
 本サービスは、現在のお客さまのICT環境の棚卸、現状の分析、評価(As-Is)をすることから、あるべき姿の策定(To-Be)を実施します。さらに、そのあるべき姿に向かっての実現モデルを策定します。ICT環境を最適化するには、まずはこのアセスメントサービスがその一歩目となります。

2.ダイレクトコネクションサービス(2014年11月予定)

 安心して社内システムの延長としてクラウドを活用したい。そのようなニーズに対応するため、本サービスは「企業内ネットワーク」と「複数クラウド環境」を閉域網でつなぎあわせた一つのセキュアなネットワーク環境を実現します。また、利用したいクラウドが増えるごと、個々にクラウドへの接続環境を準備する必要がなく、簡単に複数クラウドとの接続を実現します。
 回線は、IP-VPN(L3)の1Gbps共有型で、お客さま拠点から閉域網までは、NTT「フレッツ光ネクスト®」の利用により全国各地からの接続ができ、「U-Cloud IaaS」からの接続も可能です。
 なお、2014年11月のサービス開始時には、アマゾン ウェブ サービス™(以下 AWS™)との接続を可能にし、順次、複数のクラウド環境との接続を提供していきます。

3.まとめてバックアップ for クラウド(2014年11月予定)

 ビッグデータ時代の到来に伴い、近年企業内で扱うデータ量は爆発的な増大を続けており、保護・管理対象となる情報も増大の一途をたどっています。このような爆発的なデータ量を管理する仕組みの構築は、簡単ではありません。また、現状オンプレミス型で導入されることが多いバックアップの仕組みは、高額な初期投資が必要となります。
 ユニアデックスの「まとめてバックアップ for クラウド」は、"安価に、手軽に、スモールスタートで、確実な"をコンセプトとした利用型バックアップサービスです。バックアップ先は複数のクラウド環境に対応していて、要件に従って複数のクラウド環境から選択できます。本サービスは、「オンプレミス環境」や「クラウド環境」にある重要なデータを「クラウド環境」へのバックアップに統合し、簡単かつ安価な利用型でサービス提供します。

4.ユニアデックスクラウドサービス for AWS(2014年10月15日から順次開始)

 ユニアデックスは、Amazon Web Service, Inc.が提供するクラウド基盤サービス「AWS」の最適利用を支援する設計・構築から運用・保守までのトータルサービスを順次提供開始します。これまで日本ユニシスグループでは、2012年6月に「AWS」の利用をワンストップで支援する「uSelfCloud™」を提供、2014年4月に発行された「エンタープライズAWS導入ガイド」の共同執筆に参加、2014年9月には「Amazon Simple Storage Service™ (Amazon S3™)」に対応した「クラウドバックアップ最適化ソリューション」の提供を進めてきました。
 ユニアデックスは、「U-Cloud IaaS」の設計・構築、運用・保守で培った経験とノウハウを最大限に活用し、お客さまのAWS環境の最適化を支援します。すでに、本サービス提供に向けAWSシステムの構築・運用スキルの知識を有するAWS認定技術者の育成を進めており、2014年度に100名の認定資格の取得を計画、2016年度末までに日本ユニシスグループとして300件のAWSシステム構築を目指します。
 なお、ユニアデックスは2014年10月から、パートナーレベルを格上げし「APN アドバンスドコンサルティングパートナー」(注)として、さらなるAWSビジネスの拡大に向けてまい進していきます。

【エンドースメント】
「ユニアデックスクラウドサービス for AWS」の発表に当たり、以下のコメントをいただいています。

アマゾン データ サービス ジャパン株式会社
パートナーアライアンス本部長
今野 芳弘氏

アマゾン データ サービス ジャパンは、ユニアデックス社がAWSの最適利用を支援するトータルサービス「ユニアデックスクラウドサービス for AWS」の提供開始を歓迎します。ユニアデックス社はAWS認定技術者を多く育成するなど、AWSシステムの構築・運用スキルの知識を有する「APN アドバンスドコンサルティングパートナー」です。AWSが提供する40種類以上のサービスを利用して、AWSシステムの設計・構築から運用・保守まで支援していただくことで、多くのお客様のビジネス成長に貢献できることを期待しています。

以上

注:APN アドバンスドコンサルティングパートナー
AWS に関する営業・技術体制があり、AWS でのシステムインテグレーションやアプリケーション開発などの実績が非常に豊富なパートナーのことです。

※U-Cloud、uSelfCloudは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。
※フレッツ光ネクストは、NTT東日本およびNTT西日本の登録商標です。
※Amazon Web Services、AWS、Amazon Simple Storage Service 、Amazon S3は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※その他、記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

※ニュースリリースの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のニュースリリース

2014年の
ニュース

新着ニュース

page top