HOME > 2015年 ニュースリリース一覧 > ニュースリリース詳細

ニュースリリース

新時代のシングルサインオン製品「PingFederate®」を販売開始
-「クラウドフェデレーション」環境を実現する安全で便利な認証基盤製品-

2015.03.09

 ユニアデックス株式会社(本社:東京都江東区、社長:入部 泰、以下 ユニアデックス)は、クラウド環境のアプリケーション認証を社内システムの認証基盤と連携させることができる、新時代のシングルサインオン製品「PingFederate(ピン・フェデレート)」の販売を本日から開始します。

 現在、クラウド上にある各種アプリケーション*を利用するには、ID/パスワードといったアカウント情報を事前に登録し、利用する都度インターネット経由でアカウント情報を入力する必要があります。そのため企業がアプリケーションを利用する場合も、不正アクセスなどによるアカウント情報の流出といった、セキュリティー面でのリスクの存在が指摘されています。また、利用者にとってはアプリケーションごとに新たなパスワードが増え、定期的な変更の必要もあるため、パスワード管理が煩雑になるという課題があります。

*Office 365®、Google Apps™、Salesforce™、Box®、WebEx®、Dropbox® などのアプリケーション。

 ユニアデックスは、これらの課題を解決するため新たに「PingFederate」を販売開始し、安全でかつ利便性の高いクラウド環境を構築します。「PingFederate」は、Active Directory®などで構築された社内の認証基盤と連携し、SAML(注)などのフェデレーション技術を用いることで、パスワードを外部に送信することなくクラウド環境にログオンすることができます。また、既存のアカウント情報を利用してシングルサインオンを実現するため、安全にクラウドアプリケーションの利用が可能となります。

 なお、ユニアデックスでは「PingFederate」を2014年10月から進めている、ハイブリッドクラウド、マルチクラウド環境をシームレスにつないで管理する、「クラウドフェデレーション」のコンセプトを実現していくために必要な認証基盤を構成する製品の一つと位置づけています。

 「PingFederate」の特徴と効果は、以下のとおりです。

1.世界中のクラウドサービスと連携可能

数百種類のクラウドサービスにシングルサインオンできます。特にOffice 365は、Webブラウザーとクライアントソフトウエアの両方に対応しており、「PingFederate」はマイクロソフト社からサードパーティ ID プロバイダーとして正式に認定されています。

*詳細はhttps://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj679342.aspx#BKMK_Pingを参照ください。

2.既存の認証システムをそのまま利用

高いコストと手間をかけてID体系を統合/変更するのではなく、既存資産を生かしてシングルサインオンを実現できます。また、Google Appsや各種SNSとID連携することもできます。

3.全ての認証連携の業界標準に対応

認証連携の業界標準であるSAML2.0など、さまざまな認証連携プロトコルに加えて、今後普及が期待されている新しいプロトコルにもいち早く基本機能で対応しています。

4.社内の既存Webアプリケーションも簡単な改修で接続可能

各種Webアプリケーション/言語に合わせた開発用キットを用意しているため、アプリケーション側の改修を簡易に行うことができ、容易に連携可能です。

5.異なるドメイン環境でも共通の認証基盤を構築

利用者が所属するドメインで、グループ会社、海外現地法人や協業パートナーなど、異なる拠点/ドメインに導入されている Web アプリケーションに対して、シングルサインオンが実現できます。この際、ID 統合は不要で、各拠点の ID 体系や管理運用を変更することなく、短期間でシングルサインオンの利用が可能となります。

 ユニアデックスは、「PingFederate」関連のハードウエア、ソフトウエアを含むサービスで、今後3年間に8億円の売上を計画しています。

■「PingFederate」の導入概要図 

PingFederation 導入概要図

以上

注:SAML(Security Assertion Markup Language)

標準化団体OASISによって策定されたXMLの仕様で、ユーザー認証や属性情報を記述するマークアップ言語です。Webサイトと認証サービスとの間を、この言語で認証情報を交換することでシングルサインオンを実現できます。

※ 関連リンク:

「Ping Identity PingFederate®」http://www.uniadex.co.jp/service/pingfederate/

PingFederateは、Ping Identity Corporationの登録商標です。

Office 365、Active Directoryは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

Google Appsは、Google Inc.の商標です。

Salesforceは、Salesforce.com Inc.の商標です。

Box はBox Inc.の登録商標です。

WebExは、Cisco Systems Inc.の登録商標です。

Dropboxは、米国Dropbox Inc.の登録商標です。

その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。


前後の記事

旧ネットマークス ニュースリリース
名物エバンジェリストが教える門外不出!仮想化IT基本運用の奥義

~日本ユニシスグループ総合イベント「BITS2014」内講演より抜粋~

日経コンピュータ 掲載広告のご紹介

ユニアデックスはICTのダークサイドに立ち向かいます!

Facebookページ
ユニアデックストップへもどる
このページの先頭へ戻る
お問い合わせ