「IoTビジネス共創ラボ」の発足メンバーとして参加します

~Microsoft Azureを活用したIoTプロジェクトの共同検証を実施~

お知らせ

2016年02月09日

日本市場におけるIoTの普及とビジネス機会拡大を目的として、IoTのエキスパート10社が集結し、2016年2 月9日から活動を開始した「IoTビジネス共創ラボ」。この発足メンバーとして、ユニアデックスも参加しております。

■「IoTビジネス共創ラボ」の発足メンバー10社。(社名五十音順)

Iotビジネス共創ラボアクセンチュア株式会社
アバナード株式会社
テクノスデータサイエンス・マーケティング株式会社
株式会社電通国際情報サービス
東京エレクトロン デバイス株式会社(幹事社)
株式会社ナレッジコミュニケーション
日本マイクロソフト株式会社(事務局)
日本ユニシス株式会社
株式会社ブレインパッド
ユニアデックス株式会社

■発足のねらい
• IoT のエキスパートによるエコシステム構築
• プロジェクトの共同検証によるノウハウ共有
• 先進事例の共有によるIoT導入の促進

■活動内容
●「IoTビジネス共創ラボ」では、参加企業を拡大し、さまざまな案件を創出していきます。
●IoT技術者を育成するなどの活動を行い、安心かつ安全なクラウドサービスとデバイスの利用に向け、マイクロソフトのクラウドプラットフォームMicrosoft AzureをベースにしたIoTソリューションの開発を促進します。
●共同検証結果を発表するセミナーなど、エンドユーザー企業とIoTビジネス共創ラボ参加企業とのマッチングの場を提供していきます。

■5つの「ワーキンググループ」
ビジネスインパクトのあるIoTシナリオを検討するビジネスワーキンググループ、モノから収集、蓄積された多様なデータを分析・活用する分析ワーキンググループと3つの産業別の利用シナリオを検証するワーキンググループの合計5つのワーキンググループでの活動をもとに、IoT普及活動を進めます。
●ビジネスワーキンググループ (リーダー:アクセンチュア株式会社)
●分析ワーキンググループ (リーダー:株式会社ブレインパッド)
●製造ワーキンググループ (リーダー:東京エレクトロン デバイス株式会社)
●物流・社会ワーキンググループ (リーダー:株式会社ブレインパッド)
●ヘルスケアワーキンググループ (リーダー:ユニアデックス株式会社)

ユニアデックスは、これまで培ったICT基盤技術、ネットワーク構築技術を駆使し、センサーなどのデバイス・ネットワークの提供からデータ収集・配信、データ加工・解析までのワンストップサービスを実現する「IoTビジネスプラットフォームサービス」の開発を、2015年7月から日本ユニシスと共に進めています。

今回「IoTビジネス共創ラボ」に参加し、パートナー各社とともにIoTの普及とビジネス機会拡大を推進することで、「IoT分野でビジネス拡大を狙う企業をつなぐハブとなる」ことを目指していきます。

■お知らせ
IoT ビジネス共創ラボ第1回勉強会を、3月10日に開催します。興味のある方はぜひ、ご参加ください。
URL: http://iotbizlabo.connpass.com/

※お知らせの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のお知らせ

2016年の
ニュース

新着ニュース

page top