ユニアデックス ビジネス版 LINE「LINE WORKS」を販売開始

- 使い勝手と利便性に優れ、セキュリティーも万全なコミュニケーションツール -

ニュースリリース

2017年02月15日

 ユニアデックス株式会社(本社:東京都江東区、社長:東 常夫、以下 ユニアデックス)は、ビジネス版LINE(コミュニケーションツール)「LINE WORKS」の提供を本日から開始します。

 企業において、従業員が許可されていないデバイスやITツールを業務で利用する行為は「シャドーIT」と呼ばれ、企業に情報漏えいなど重大なセキュリティーリスクをもたらす可能性があります。その一方、ワークスタイルの多様化などにより、個人が使い慣れたデバイスやITツールを使って業務が遂行できるという利点もあります。企業では、セキュリティーと利便性が両立できる効果的な対策の実施が求められています。

 今回販売開始する「LINE WORKS」は、LINE株式会社の兄弟会社であるワークスモバイルジャパン株式会社が提供する、ビジネス向けコミュニケーションツールです。多くの人が使い慣れているコミュニケーションアプリ「LINE」とほぼ同じインターフェースで、複数人や1対1でのコミュニケーションを行うことができます。加えて、企業に必要な管理・運用機能と強力なセキュリティー機能などを備えているため、モバイル環境でも安心して利用することができます。さらに、ユーザビリティー(使い勝手)/アクセスビリティー(利便性)に優れているため、利用者は特別な教育を必要とすることなく、導入後すぐに使いこなすことができます。

 すでに、東京海上日動火災保険株式会社では、コミュニケーションツールを活用した業務の生産性効率化向上を目的に「LINE WORKS」を採用しています。複数のビジネス向けSNSの比較検討を重ねた結果、最終的に多くの人に親しまれているLINEとほぼ同じインターフェースで、使いやすさ・操作性とシステムの安定性、そして金融業界の厳しい要件をクリアするセキュリティーの観点からご利用いただいております。

 ユニアデックスは、2000年から日本市場に適したかたちでユニファイドコミュニケーション(UC)製品の基盤構築から導入・保守まで提供しており、国内で豊富な実績を有しています。IP電話に始まり、音声、ビデオ、プレゼンス、インスタントメッセージ、Web会議などUC製品全般を取り扱い、お客さまの要望に沿ったコミュニケーション環境の構築を支援しています。

 今回、企業内でビジネスチャットの普及が加速化していくことを見据え、BtoBtoCやBtoCの場面において、さらに組織をまたいだコミュニケーションの実現と新しい働き方をスムーズに実行できるツールとして、「LINE WORKS」の取り扱いを開始しました。

 ユニアデックスは、「LINE WORKS」とActive Directory®やMicrosoft® Exchangeなど「企業インフラとの連携」を付加し、より利便性の高いソリューションとして提供することで、3年間で10億円の売上を目指します。また、「LINE WORKS」とLINEとの連携により「LINE WORKS」の市場認知度の拡大とスピーディーな導入による業務効率のさらなる向上などを見込んでいます。

 コミュニケーションツール 「LINE WORKS」の特徴は、以下のとおりです。

1.使い慣れたユーザーインターフェイス
モバイルでもPCと同じ機能が使え、慣れ親しんだインターフェースのため、事前学習なしに誰でもすぐに使いこなすことができます。加えて、「LINE」のような使いやすさで、いつでもどこでも相手を選択してメッセージを送ることができます。

2.社内メンバーの名前や写真、役職、所属部署を簡単に確認
社内アドレス帳からメンバー情報や組織情報を確認することができるため、所属する部署だけでなく、組織全体のメンバー情報を確認することができ、IDを知らない相手にも電話やトークですぐに連絡することができます。

3.社内メンバー間は、無料の音声通話とビデオ通話
音声通話・ビデオ通話、写真やファイルをやり取りすることができ、さらにトーク内容を検索してもう一度確認することができます。

4.企業に必要な安全・信頼のシステム運用で、もしもの時も安心
サービスの安全性、内部統制の適切性を評価する国際認証評価(SOC、ISO/IEC2700など)を取得しており、最高レベルのITインフラおよびセキュリティーリソースを備えています。さらに、いつでもどこからアクセスしてもデータが安全に保管され、端末紛失時には遠隔でデータ削除ができるなど、安心して利用できます。

5.管理機能
メンバー情報管理やサービス機能の利用設定の他、企業の運用方法や情報セキュリティーポリシーに合わせて管理画面の設定が可能です。

■「LINE WORKS」の機能と価格 
3つ(ライト、ベーシック、プレミアム)の製品プランがあり、要望にあわせて利用プランの選択が可能です。

  以 上

【エンドースメント】今回の発表に当たり、以下エンドースメントをいただいています。

ワークスモバイルジャパン株式会社
代表取締役社長 松橋 博人 氏

 ワークスモバイルジャパン株式会社は、ユニアデックス株式会社様のLINE WORKS販売開始を歓迎いたします。近年、スマートデバイスがますます普及し、PCからモバイルへとシフトするパラダイムの転換機において、企業が採用するコミュニケーションツールの変革が問われています。 弊社はユニファイドコミュニケーション分野において様々なツールの導入実績を持つユニアデックス様との連携を強め、API連携を通じて幅広い分野へのLINE WORKSの応用展開、お客様の利便性の向上を期待しております。

LINE WORKSについて https://line.worksmobile.com/jp/
ワークスモバイルジャパン株式会社 は、韓国最大手のインターネット検索ポータルサイトを運営する NAVER の子会社であり、兄弟会社の LINE 株式会社とも開発等の連携を行っています。ビジネス版LINEであるチャット機能を中心とした、ビジネス向けコミュニケーション&コラボレーションサービス「LINE WORKS」を提供しています。 

※LINEおよびLINEロゴは、LINE株式会社の商標です。
※LINE WORKSは、LINE株式会社の商標または登録商標です。
※Microsoft、Active Directory、Exchangeは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

関連情報

※ニュースリリースの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のニュースリリース

2017年の
ニュース

新着ニュース

page top