header
Presented by UNIADEX
Special Talk
第1回:もう決して空想の世界ではない。リアルなユビキタスネットワークとは?
Side Story
これからのIT資産管理とは
Break!
IT略語を攻略しよう!
三文字説法寺
Back Number
過去の掲載記事はこちら
メールマガジン[NexTalk]
購読のお申し込みはこちら



Special Talk 詳細はこちら
Talk about ユビキタス社会『ユビキタスの現場から』第1回:もう決して空想の世界ではない。リアルなユビキタスネットワークとは?
これまでNexTalkでは、「ユビキタス」というキーワードをまだ目新しいものとして、ご紹介してきました。しかし最近ではテレビや雑誌などでも目にする機会が増え、読者の皆様の理解も高まってきているかと思います。そこで今回からは、机上の空論ではない、今現在のユビキタスについて触れていきたいと思います。

新シリーズの導入となる今回はリアルなユビキタスというテーマで、これまでにもお話を聞かせていただいた野村総合研究所の名雲 俊忠氏、森本 伊知郎氏のおふたりと、ユニアデックス 執行役員(ITインテグレーション部門担当)の赤井 恒雄の三者による座談会という趣向で展開します。

SideStory 詳細はこちら
 物の管理から情報の管理へ! IT資産管理はITガバナンスへの第一歩/これからのIT資産管理とは?
貴社では、どのようなカタチでIT資産の管理が行われていますでしょうか?一般には、それぞれのマシンのハードウェア構成やソフトウェアのバージョンなどを調査し、検査済みのシールを貼るようなやり方ではないでしょうか。しかし、これは表面的な管理を行っているに過ぎません。検査済みのシールが貼ってあったとしても、実はライセンスを不正使用したソフトウェアがインストールされているかもしれません。実際に、ライセンスの不正使用により、多額の賠償金を請求され、企業の社会的信用が著しく低下したケースも起きています。

これからは、ライセンスの不正使用状況やセキュリティ対策状況なども管理することが求められるようになり、”物の管理プラス情報の管理”が必須となってくるでしょう。

Break 詳細はこちら
好評連載中/略呉海雪の三文寺説法寺/もう、IT用語なんて怖くない!MSPの巻
営業トークなどで、ついつい使ってしまう3文字略語。でもお客様には伝わっていなかったり、使っている本人も実はあやふやにしか覚えていなかったり・・・
三文字説法寺は、そんな3文字略語を「言いえて妙」な覚え方で覚えていただくコーナーです。

編集:NexTalk編集部 株式会社中外  発行:ユニアデックス株式会社 Copyright(C)2003,UNIADEX,Ltd, All Rights Reserved.