header
TOP Special Talk Side Story Break! Back Number Presented by UNIADEX


物の管理から情報の管理へ!IT資産管理は、ITガバナンスへの第一歩。/これからのIT資産管理

PCが何台あり、どんなハードウェア構成なのか、どんなソフトウェアがインストールされているか、といったことを一元管理するのが一般的なIT資産管理です。しかし、IT資産管理に求められるニーズも時代とともに多様化しています。

例えば、ハードウェア構成やソフトウェアのバージョンなどを調査し、検査済みのシールを貼るようなやり方は、表面的な管理を行っているに過ぎません。検査済みのシールが貼ってあったとしても、実はライセンスを不正使用したソフトウェアがインストールされているかもしれません。実際に、ライセンスの不正使用により、多額の賠償金を請求され、企業の社会的信用が著しく低下したケースも起きています。これからは、ライセンスの不正使用状況やセキュリティ対策状況なども管理することが求められるようになり、”物の管理プラス情報の管理”が必須となってくるでしょう。

こうしたこれからのIT資産管理について、SEサービス部 アドバンストソリューション室長 佐藤 隆広、第一事業部 営業三部副部長 三沢 淳一郎がご説明いたします。
佐藤 隆広
SEサービス部
アドバンスト
ソリューション室長
佐藤 隆広
三沢 淳一郎
第一事業部
営業三部副部長
三沢 淳一郎


■増え続けるIT資産管理ニーズ
最近ではIT資産管理のニーズも変化していますが、具体的にはどのように変化しているのでしょうか?

最近でいうIT資産管理には、従来のようなIT資産の有効活用、管理負荷やコストの低減といった意味に加えて、ソフトウェアライセンス管理、ウイルス対策といったさらに上流部分までの管理が含まれます。IT資産管理はもはや、ITガバナンスのベースとしての意味合いが強くなってきました。

▼IT資産管理のニーズは、物の管理から情報の管理へ
現在のIT資産管理に求められるニーズは、資産の契約から廃棄までを管理する単なる「物の管理」から、ソフトウェアライセンスの使用状況やウイルス対策状況といった「情報の管理」にまで広がっています。そして今後も、そのニーズさらに高度化していくことになるでしょう。
イメージ
従来からのIT資産管理ニーズ
従来からのIT資産管理では、企業内資産の明瞭化、適切な投資計画、過剰資産の廃棄などを実現し、IT資産を有効利用することが主な目的でした。
⇒IT資産の有効活用、資産管理にかかる負荷やコストの軽減

今後のIT資産管理ニーズ
今後のIT資産管理には、ソフトウェアの不正使用防止やセキュリティ対策状況の把握など、法的リスクの回避や社会的信頼の確保といった側面が求められている。
⇒ITガバナンスのベースとしてのIT資産管理
さらに今後は、環境面での企業貢献度を高める資産廃棄時の“リサイクル管理”、企業情報や顧客情報の漏えいを防止する資産廃棄時の“HDD内容消去の管理”なども重要となってきます。これからは、こうした廃棄資産に対する「トレーサビリティ」(さかのぼって確認できること)を確保することが求められるようになってくるでしょう。
⇒説明責任としてのIT資産管理 (IT資産のトレーサビリティ)
また、PCやルーターなどネットワークに接続される機器の増加や、上記のようなセキュリティ対策状況管理、廃棄資産管理なども求められるようになることで、管理項目や管理コストが増大。こうしたニーズの拡大にも対応できる柔軟性の高さも必須だと言えます。
⇒将来的なニーズも包括できる柔軟なIT資産管理
このように、資産管理に求められるニーズ、項目はこれからも増え続けていくでしょう。このため、現状のニーズにだけ対応できるツールではなく、先々のニーズにまで対応できる資産管理ツールを導入することがベストな選択だと言えます。

ユニアデックスでは、こうした増え続けるIT資産管理ニーズへ対応可能なソリューションをご提案することができます。


■増加するIT資産管理ニーズに対応する「ADMi-21」
では、IT資産管理ツールを導入する場合には、どのようなツールを選定したらよいのでしょうか?

IT資産管理ツールは、もはや企業統治に欠かせないものとなってきました。まず、「こうしたい」「こうなりたい」という運用イメージをしっかりと持つことが重要です。そのうえで、稼働前でも稼働後でも運用形態に応じて管理項目の追加/変更が容易に行えるツールが最適だと思います。

例えば、弊社の「ADMi-21」ならこうした要件に応えることができます。統合管理製品に迫る高機能を提供しながら、コストを抑えて導入することが可能。管理項目の追加/変更がGUIベースで簡単に行える柔軟性を備えているため、さまざまな企業ニーズに対応することが可能です。
また、4月からより手軽にご利用いただける廉価版「ADMi-21 Lite」の提供も開始いたしました。


「ADMi-21」の詳細についてはこちらから
「ADMi-21Lite」の詳細についてはこちらから

TOPSpecial TalkSide StoryBreak!Back Number


UNIADEX
Copyright(C)2003.UNIADEX, Ltd. All Rights Reserved.