グローバル認証基盤構築サービス

グローバル認証基盤は統合化ではなく連携で解決

概要

グローバル、グループの認証基盤を統合ではなく連携で解決

グローバル企業のグループ企業間において、各企業の独自性を優先していたため、認証基盤すなわちActive Directory(AD)が統合されていないケースが多くあります。昨今、グループで共通のコラボレーション基盤を作りたい、あるいはグローバルでガバナンスを効かせたいといった要求により、グループで統合化された認証基盤が必要になってきました。しかし、ADの統合化は多くの時間と費用と多くの制約を必要とするため、実現性は困難を極めていました。この大きな問題をユニアデックスは統合ではなく連携という方法により解決策を提案します。

AD

グローバル、グループ環境における認証基盤の課題

グローバルに進出していた企業は、これまでは各地域での最適化を優先してきたため、各地域で独立したIT基盤が構築されてきました。しかし、昨今のクラウドの発展によりグローバルで共通のSaaSを導入し、グローバル間の情報共有やコミュニケーションの最適化が優先されるようになってきました。グローバルで共通のSaaSを利用するということはグローバルで認証基盤の統制が取れている必要があるという課題に直面します。その解決策として認証基盤の統合化、すなわちActive Directory(AD)のグローバル統合に着手する必要に迫られます。しかしながらADはあらゆるシステムの中心となっており、レガシーシステムから剥がして新たなADに移すということは大変な時間と労力を要するものです。経営のスピード化に逆行した無理のある解決策といわざるを得ません。また、グローバル企業にとってはGDPR(EU一般データ保護規則)への対応も視野に入れる必要があり、課題解決はより複雑になってきています。では、どのようにしてこれらの課題を解決すべきでしょうか。

課題解決のポイント

・クラウド時代を見据えた今後の認証基盤の将来像を定義する

・グローバルに点在するADの役割の整理

・ユーザー情報の収集

・グローバルIDの付与

・属性情報の整理

・パスワード管理

ユニアデックスの解決策(1)

~グローバルID情報の収集と連携~

Office 365を利用するためにはAzure ADの構築が必要となります。Azure AD Connectorを利用することで簡単に既存のAD情報をAzure ADに同期することができます。パスワードも同期することができますので社内のADもしくはネットワークがシステムダウンしても認証することができます。しかし、クラウド上にパスワードを置くことはまだ敬遠される傾向にあります。ADがひとつ(正確にはフォレストがひとつ)であれば、それほど難しいことではないので、すぐにでもAzure AD Connectorを導入できます。しかし、海外等の各地に点在するADに対してAzure AD Connectorを利用する場合、注意が必要です。Azure AD Connectorはマルチフォレストに対応しておりWANでつながる範囲であれば各地のADから情報を吸い上げてAzure ADに書き込むことが可能です。しかし、グローバルに点在するADはユーザー名の付与の方法が各地域に依存されているケースが多く、ユーザー名が重複しコンフリクトを起こす可能性があります。このような課題をコントロールして意図した情報をAzure ADに同期させる必要があります。

課題解決のポイント

・今まで通り各地域の文化を尊重し、無理な統合化は進めない

・各地域のADの役割も今まで通りとする

・各地域のユーザー情報をADから収集するツールを用意する

・収集したユーザー情報に対してグローバルでユニークなIDの付与を行う

・クラウドで必要な属性やグループを整理

・パスワードは各地域のADで照合し、パスワードポリシー管理も行う

システムの構成は以下の段階を踏む

■ユーザー情報の同期

ユーザー情報収集⇒メタディレクトリーに格納⇒メタディレクトリー内の整理⇒Azure ADへの同期のための最適化

⇒Azure AD同期用ADを作成⇒Azure AD ConnectorによりAzure ADに同期

■認証

Office 365の認証は各地域毎にフェデレーションドメインを分ける。ユーザーがサインイン画面でメールアドレスもしくはUPNを入力するとドメインサフィックスを判断し、各地域のフェデレーションドメインを指定したフェデレーションサーバーにアクセスする。ユーザーはそこでID/パスワードを入力する。統合Windows認証の設定をしていれば入力は不要。

■システム概略図

global

ユニアデックスの解決策(2)

~IDaaSによる解決~

クラウド化の風は大変強く、認証基盤さえもクラウド化という選択に躊躇がなくなってきています。IDaaSすなわちID as a ServiceはAzure ADをきっかけに注目を集めています。IDaaSの主な機能は『ユーザー情報管理』『認証』『シングルサインオン』『プロビジョニング』『多要素認証』です。特にシングルサインオンはSaaSの急拡大と『SAML』や『OpenIDConnect』という認証技術の普及により安全で便利な方法が提供されており、数千ものSaaSに対応しているものもあります。クラウドにシフトしていくのに、認証基盤の見直しにおいてクラウドを利用しない理由は無い、という認識が広がってきています。

『ユーザー情報管理』

アプリケーション側はユーザー名以外にユーザーの属性情報が必要になる。例えば営業という属性をベースにコミュニケーションSaaSの割当を行ったり、ファイルストレージサービスのアクセス権設定を行ったりする。IDaaSはそれらのSaaSに情報を引き継ぐために属性情報を格納することができる。気の利いたIDaaSならマッピングや編集機能が充実している。また、既存のADやLDAPサーバーとの連携機能があり、社内側にエージェントを置くことで容易にユーザー情報を収集することができる。

『認証』『多要素認証』

ユーザーのログインを行う。その際、社内ソースIPアドレスならID/パスワードのみ、それ以外なら多要素認証を求めるといったことが可能である。多要素認証の方法にも様々あるが、iPhoneのTouchIDと連動したものもある。FIDOやWinodws Helloへの対応も進んでいる。

『シングルサインオン』

シングルサインオンの方式にはいくつか用意されており、最も安全な方法はSAMLである。SAMLはIDaaSとSaaS間で信頼関係をあらかじめ結ぶことで、SaaS側にパスワードを保管しなくて済む。そのためSaaS側の脆弱性によりパスワード情報が漏洩するリスクを軽減できる。認証のタイミングでネットワークにパスワードが流れないため盗聴に対する対策にもなる。しかし、全てのSaaSがSAMLに対応しているわけではないので、従来通りID/パスワードの代行入力方式も提供されている。IDaaSは既にあるSaaSに対してはあらかじめアダプタが用意されており簡単な設定でSaaSを追加していくことが可能である。

『プロビジョニング』

IDにガバメントを適用するにはIDライフサイクル管理をまわす必要がある。新入社員、異動、産休、出向、退職などのイベントにおいてアプリケーションに対してそれらの情報が確実に繁栄される必要がある。具体的にはアカウントの作成、属性情報の登録、変更、休止、無効化などである。このようにシステムに対してユーザ情報を配信することをプロビジョニング(削除することはデプロビジョニングと呼ぶ)を呼んでいる。プロビジョニングにおいてもSCIMという技術の発展が進んでおり、標準化が行われている。それによりSaaSでは自動化が進んでおりユーザー情報の変更に対して即時反映が可能となる。最近では人事システムもSaaSへのシフトが行われており、人事SaaSでの人事異動情報をトリガーに各種SaaSへのアカウント反映、オンプレミスのADへのアカウント反映なども可能となっている。

課題解決のポイント

・将来、人事システムもSaaS化し、IDaaSと接続しIDライフサイクルマネジメントを実現したい

・当面はグローバルに点在するADを有効利用するが、将来はIDaaSに一本化したい

・当面はユーザー情報の収集はADから行うが、将来はIDaaSの地域管理者に対応を依存したい

・IDaaS上でユーザー情報のマッピングを行いグローバルIDや属性情報の整理を行う

・パスワードは当面は各地域ADで管理するが将来はIDaaSに一本化したい

システムの構成は以下の段階を踏む

■ユーザー情報の同期

各ADの横にIDaaS Agentを設置し、ユーザー情報をIDaaSに収集⇒IDaaSディレクトリに格納

⇒属性情報のマッピング、編集、整理⇒Azure AD、各種SaaSへの同期

■認証

Office 365の認証は各地域毎にフェデレーションドメインを分ける。ユーザーがサインイン画面でメールアドレスもしくはUPNを入力するとドメインサフィックスを判断し、各地域のフェデレーションドメインを指定したIDaaS内のフェデレーションサービスにアクセスする。ユーザーはそこでID/パスワードを入力する。統合Windows認証の設定をしていれば入力は不要。その他のSaaSにもシングルサインオンが可能。社内ソースIPではないアクセスの場合、多要素認証を要求する。

■システム概略図

IDaaS

■Oktaについて

Oktaは米国Okta, Inc.社のサービスです。上記IDaaSの機能に加え、モバイル管理機能も有しています。シングルサインオンに関してはあらかじめ登録されたアプリケーションが5000以上用意されています。また、プロビジョニング対応アプリケーションもメジャーなSaaSには既にいくつも対応が完了しています。社内ADとの連携も容易にできるようになっており、Okta AD Agentを社内のWindowsサーバーにインストールすることでADのユーザー情報プロビジョニングとADでのパスワード照合を実現します。多要素認証機能も充実しておりスマートデバイス用専用アプリケーションのOkta Verifyを利用することで多要素認証のプッシュ通知に対してタップするだけで認証を行うことができます。他にもSMS、Yubikey、秘密の質問などにも対応しています。

クラウドベースの認証基盤による新たなITトレンド

認証基盤をクラウドにシフトすることで経営のスピード化に大いに貢献できます。昨今、経営戦略としてのM&Aは盛んになり年々買収件数、買収金額が大きくなっています。IT部門にとっては難しい判断が迫られています。今まで競合だった会社なのにポンとWANでつないでよいのか?基盤の統合を進めるのか?セキュリティーの境界はどうするのか?課題が山積しています。M&Aによるコラボレーションやシナジーまでの道筋が見えないながらも、経営層からはスピードアップを求められるのが現状ではないでしょうか。しかし、クラウド認証基盤を構築することで統合ではなく連携という解決が可能となります。新規参加した会社はクラウド認証基盤に連携するだけで新たなシステムへの利用が迅速かつセキュアにアクセスすることができるようになります。既存のシステムにも影響が及ばないため混乱が少なくて済みます。万が一、M&Aに失敗し、元の別々の会社になってしまった場合でも切り離しも容易に行うことが可能です。

認証基盤がクラウドに移ることにより、認証基盤は新たなステージに入りました。ファイルサーバー、メールサーバーがクラウド化することでADの大きな役割のひとつであるアクセス制御が不要になります。さらにモバイルマネジメントソリューションの発展によりスマートデバイスのみならずPCもその管理対象になってきました。今までPC管理といえばADによるポリシー管理やログオンスクリプトで行っていましたが、その役割も必須ではなくなってきました。オンプレミスの最重要サーバーであるADは存在価値が低下し、近い将来、不要論がでてくることでしょう。最終的にはオンプレミスサーバーやイントラそのものが無くなり、モバイル&クラウド100%をめざす企業が増えていくと考えられます。

クラウドアプリケーション間の連携もより拡大しています。各サービス提供会社は得意な技術をマイクロサービスとしてAPIで提供しています。それらWebAPIを相互利用するAPIエコシステムも盛んです。IDaaSは人事SaaSやセキュリティーサービスとの連携も強化されています。人事異動の情報をトリガーにIDaaSが中継し、各種アプリケーションやADに対してアカウント情報を自動的に更新することができます。クラウドへのシフトにより、それら最新のテクノロジーへの追随が容易になります。オンプレミスでは最新テクノロジーへの対応にはバージョンアップという難題が常に立ちはだかっていましたが、そのような概念がSaaSにはなく、テクノロジーの恩恵に即座にありつけるのです。クラウド化を進めることでさらなるスピード化を進めることができます。

ユニアデックスは最新のテクノロジーをベースにお客様の立場で考えた認証基盤のご提案を行います。

hr

※記載の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
詳細は「商標について」をご参照ください。

商品・サービスを探す

キーワード

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top