NetApp AltaVault (旧SteelStore)

あらゆるクラウドへ安全なデータのバックアップを実現

概要

多くの企業でデータバックアップやアーカイブ、ディザスターリカバリー用途としてパブリッククラウドが利用されています。ただし、データをそのままクラウドにバックアップしてもコストは下がらず、バックアップ/リカバリー時間や回線、セキュリティーの問題も大きな課題となってきます。
それらの課題をNetApp AltaVaultが簡単かつハイパフォーマンスに解決します。

特徴

バックアップコストの削減

  •  既存バックアップソリューションとの連動が可能
  •  コストメリットの大きなクラウドサービスを利用
  •  テープ運用を廃止し、運用コストを削減

バックアップ/リストア時間の短縮

  •  インラインの重複排除と圧縮技術によりデータボリュームを最大30分の1に圧縮
  •  直近のデータはAltaVaultにキャッシュ
  •  LAN接続(NAS接続)によるバックアップウインドウの短縮

暗号化によるセキュリティー担保

  •  重複排除と暗号化により、クラウドへ保管されるバックアップデータは無意味化される
  •  独立した暗号鍵を管理
  •  AES256暗号化採用、FIPS-140-2レベル1認証

ディザスターリカバリー

  •  データセンター罹災時は仮想アプライアンスもしくはクラウドベースアプライアンスを利用し、
    クラウド内でデータリカバリーが可能

 

機能

AltaVaultは重複排除・圧縮によりデータを効率的に削減し、クラウドへのデータ転送を最適化したクラウドストレージゲートウェーです。

AltaVault_KihonKinou

災害対策としても ~クラウドバックアップをさらに有効活用~

AltaVault_BCP

アプライアンス障害時もクラウド内でデータを復旧できるため、データの信頼性は維持されます。

ラインアップ

お客様の環境に合わせて3つのモデルから選択いただけます。

アプライアンスモデル

AltaVault_Appliance

仮想アプライアンス

AltaVault_VirtualAppliance

クラウドベースアプライアンス

AltaVault_CloudAppliance

クラウド容量は、アプライアンスの使用可能なローカル容量の5倍となります。
たとえば、使用可能なローカル容量が32TBの場合、最大160TBのクラウド容量がサポートされます。クラウドの論理容量は、重複排除によるデータ削減率を30:1とした場合の計算値です(バックアップ モード時)。

Amazonマーケットプレイスでは、すべてのAltaVaultクラウド アプライアンスをAMIとして購入できます。Microsoft Azureでは、AVA-c4のみをAVMとして実行できます。

カタログダウンロード

商品販売元

2016年03月16日公開
(2016年03月16日更新)

※記載の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
詳細は「商標について」をご参照ください。

商品・サービスを探す

キーワード

関連ニュース

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top