【統合SMS】リモート監視サービス

24時間365日の監視により、システムの安定稼働を強力に支援

概要

リモート監視サービスは、ユニアデックスのリモート監視センターから、専門のエンジニアがお客さまのサーバーやネットワーク機器などのICT機器を24時間365日遠隔監視し、システムの安定稼働を支援するサービスです。死活監視・アプリケーション監視・リソース監視・URL監視・ログ監視等の多角的な監視により、レスポンスタイムの低下や各種の障害などシステム異常の早期発見が可能となり、迅速な対応を取れるよう支援します。
また、ユニアデックスの全国的なサポートサービス体制との連携により、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。

■サービス提供イメージ

サービス提供イメージ

特徴

お客さまのご要件やご要望に応じた各種サービス提供形態をご用意しております。

  • リモート監視サービス専任SEによる、お客さま環境に応じた最適な監視・運用フローの作成
  • 多彩な監視項目と監視内容
  • お客さまで監視システムを持たないサービス利用型(センター方式)、お客さま現地設置の監視システムと連携したアラート通知型(メール受信方式)が選択可能
  • エージェントレスで早期導入可能(センター方式)

ユニアデックスのトータルサポートで更なる安心をご提供

ユニアデックスのリモート監視サービスでは、サービス専任SEによるきめ細かい対応はもとより、マルチベンダー環境に対応可能な保守および運用サービスとの連携により、お客さまのシステム運用や障害運用を強力にサポートします。
設計・導入・構築から導入後の運用・監視・保守までのワンストップサポート、マルチベンダーでの高い技術力と豊富な経験、全国対応可能な保守サービス体制により、お客さまICTシステムに安定と安心をご提供します。

お客さまのメリット

運用負荷の軽減

  • システム監視体制を自社で持つことなく、安定稼働と情報システム部門の生産性向上を両立
  • システム運用担当者様の負荷軽減、コア業務への集中が可能

障害の早期発見と復旧の迅速化

  • 24時間365日の監視と多彩な監視手法により、システム障害の早期発見や障害予兆の検知が可能
  • リモート監視サービスとサポートサービスの連携により、障害対応の迅速化が可能

コスト削減

  • オープンソースや自社開発の監視システムを採用し、コスト削減に高い効果を発揮

拡張性

  • 弊社他サービス(障害対応等)との組み合わせにより、サービスの拡張が容易

提供サービスの種類

センター方式

弊社所有の監視システムより、インターネットVPNまたは専用線経由でお客さまシステムの監視を行います。

センター方式

  • 監視サーバーはユニアデックス所有の監視サーバーを利用するので、お客さまが監視サーバーを所有する必要はありません。
  • 監視の仕組みは原則エージェントレス型となり、既存機器へのエージェント導入作業は不要です。
  • リモート監視センターはISMS(ISO27001)、Pマーク(JIS Q 15001)、QMS(ISO9001)を取得済みです。
  • 監視やリモートアクセスで使用する回線はインターネットVPNと専用線が利用可能です。(敷設費・使用料はお客さまの負担になります。)

メール受信方式

お客さま環境に設置された監視システムより通知されるアラートを弊社リモート監視センターで受け取ることで障害監視を行います。

メール受信方式

  • セキュリティーポリシーの関係でリモート環境からの監視アクセスができないお客さまに対しても、現地設置の監視システムと連携した監視サービスをご提供できます。
  • お客さまご利用のクラウドサービスなどからのアラート通知を監視することも可能です。

※記載の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
詳細は「商標について」をご参照ください。

商品・サービスを探す

キーワード

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top