Vistara

SaaS型IT運用管理サービス

vistaraLogo

概要

自社内にサーバーなど設備を保有してシステムを運用するオンプレミス、自社専用のクラウド環境を構築するプライベートクラウド、これらとクラウドプロバイダー(事業者)のサービスを利用するパブリッククラウドが混在する昨今のシステム環境は運用管理が煩雑になる傾向があります。Vistaraは、ハイブリッド環境を単一画面で管理可能かつSaaS型サービスのため、初期費用をおさえた利用が可能です。

特徴

複数環境を一元管理

ハイブリッドクラウド環境に分散するシステム資産を同様に管理できるため、Vistara上で一元管理することができます。
VistaraTokucho1

幅広い機能

運用管理に求められる一連の機能を幅広く提供しているため、Vistara上だけで運用管理が完結します。

VistaraTokucho2

優れたコスト効率

管理するデバイス数による従量課金のため、IT投資のコスト効率を高められます。

VistaraTokucho3

知識と経験のユニアデックスによるアドバンテージ

ユニアデックスでは、数多くの運用管理製品を手がけてきた専属のエンジニアによるVistaraサポート部隊を配置。

運用管理機能のサービス提供に加え、お客様に寄り添った高品質なサポートを提供します。

 

ユニアデックスには、グループ各社含めて蓄積してきた数多くのシステム運用構築の実績があります。

ここで培われた経験と知識、ノウハウにより、Vistaraを用いたお客様のシステム運用を強力にバックアップします。

 

また、特定ベンダーによらないサーバー、ミドルウエア、アプリケーション製品を数多く取り扱っており、これら製品の技術支援までワンストップで提供します。

構成

環境に合わせたさまざまな構成が可能です。

VistaraKousei1

機能

運用管理機能

管理に求められる幅広い機能をご提供します。

VistaraKinou2

運用を支援する機能

運用管理者の活動を支援するための様々な工夫があります。

VistaraKinou1

機能機能概要ライセンス
BasicAdvanced

デバイス・オート・ディスカバリー

デバイスの自動検出とポータルの生成

デバイス管理

デバイス監視・リソース監視・ネットワークコンフィグ管理

アプリケーション監視・サービス監視・プロセス監視・メッセージ/イベント監視・ログファイル監視

アラート管理

アラートの閲覧・管理

サービスデスク

インシデント管理
インシデント、タスク、問題管理、変更リクエストをチケット化と対応履歴やSLAを可視化

シングル・コントロール・パネル

単一画面からパブリック・プライベート・オンプレミスのリソース管理機能

ロール・ベース・アクセス制御

管理デバイス単位の権限と役割の制御機能

ダッシュボード機能

デバイスの状態をWeb管理コンソール上にグラフ表示

レポート

各種レポート機能

リモート・コンソール・アクセス

SSH、RDP、VNC、Telnet、TeamViewer

証跡管理

遠隔作業内容の録画・保存と作業時間を指定したコンソールアクセス

パッチ管理

OS、アプリケーション・パッチ管理運用の管理

スクリプト実行

環境変更手順に従った作業自動化

*Vistaraは監視対象とするデバイス数で月額課金を行います。デバイスは、物理サーバーおよび仮想サーバー(VM)の単位でカウントします。ストレージ、ネットワークも1 デバイスとなりますが、デバイス種別によって料金は異なります。

カタログダウンロード

商品販売元

2016年03月14日公開
(2016年03月16日更新)

※記載の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
詳細は「商標について」をご参照ください。

商品・サービスを探す

キーワード

関連ニュース

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top