EMC VNXシリーズ

仮想アプリケーション向けに最適化されたユニファイドストレージ

概要

EMC VNXシリーズは、仮想アプリケーション向けに最適化された、卓越したシンプルさと効率性を備えた高パフォーマンスのユニファイド ストレージ。VNXシリーズを使用すると、新しいレベルのパフォーマンス、保護、コンプライアンス、容易な管理が実現されます。

特徴

ユニファイド

VNXシリーズでは、単一のプラットフォームを活用して、ファイルおよびブロックのデータ サービスに対応できます。一元管理により管理がシンプルになります。データ効率化サービスにより、容量要件が最大で50%軽減されます。

最適化

VMwareおよびHyper-Vとの統合により、仮想アプリケーション向けに最適化されます。仮想化されたSQL、Oracleのワークロードを3倍の速度で実行し、最大で1,000台の仮想デスクトップを8分以内に起動します。

自動化

アクティブなデータは自動的にフラッシュ ドライブに格納され、一方あまりアクティブでないデータは大容量ドライブに階層化されるようにします。EMC VNX FAST(Fully Automated Storage Tiering)は、最高のパフォーマンスと最小のTCO(総所有コスト)を同時に実現します。

高パフォーマンス

フラッシュとEMC MCxマルチコアの最適化を活用すると、帯域幅の拡大と低レーテンシーにより、トランザクション パフォーマンスが最大4倍になります。VNXをオール フラッシュ アレイとして実装し、ギガバイトあたりの低コスト、一貫したパフォーマンスとレーテンシーを実現します。

保護

継続的な運用と任意の時点へのポイント イン タイム リカバリーにより、最高レベルのアプリケーション可用性とデータ保護を実現します。保存済データ暗号化により、物理的な保護が可能になります。

機能

FAST VP:性能・容量・コストを最適化

FAST VPは、各サーバーのLUN(ボリューム) に共有される仮想ストレージ・プール内で1GB単位のスライスにて管理、データのアクセス状況(使用頻度)を分析し、自動的に適切なストレージ階層へデータを移動します。
使用頻度の高いデータ領域は高速なフラッシュ・ドライブ、使用頻度の低いデータ領域は安価なNL-SASドライブへ、管理者の手間をかけることなく自動的に移動、性能を最大化します。
性能のためにドライブを多数搭載する必要がなくなり、購入時のハードウエアとソフトウエアのコスト削減に加え、設置面積と消費電力も大幅に削減します。

FAST Cache:アクセス集中を短時間に解消

データベースや仮想デスクトップなどさまざまな環境において、ストレージ性能、I/Oが集中するホットスポットが課題となることが多々あります。これを対処するため、高価なDRAMの代わりにフラッシュ・ドライブをキャッシュとして利用するFAST Cacheが有効です。FAST Cacheの増設や追加は非常に容易なので、コスト削減効果が高く、変化に対し柔軟に対応。最上位機種ではハイエンド・ストレージを超える最大2TBという大容量にキャッシュが搭載可能です。

ビジネスを停止させないための継続的な可用性

VNXシリーズは、ミッションクリティカルなビジネス環境でファイルナイン(99.999%)の可用性を実現するように設計されています。可用性と冗長性の機能には次のようなものがあります。

  • ミラーライトキャッシュ:ストレージプロセッサー毎に、そのLUNのプライマリキャッシュデータとピア・ストレージプロセッサーのキャッシュのセカンダリーコピーを格納
  • バッテリーバックアップ:電源障害が発生した場合でも、計画的なシャットダウンとVaultディスクへのキャッシュデステージを可能にしてデータを確実に保護
  • RAID保護レベル0、1、1/0、3、5、6:これらすべてのレベルを単一アレイ内に共存させることができるため、様々な保護要件に対応可能
  • プロアクティブ・ホットスペア:システムの堅牢性を高め、最大限の信頼性と可用性を実現
  • 無停止でのフィールドによる交換が可能な冗長データパス、電源装置、ドライブ接続、ストレージプロセッサー
  • VNXシリーズの静止データ暗号化:ドライブの削除や消去からの保護を実現

仕様

商品販売元

2015年03月25日公開
(2015年08月10日更新)

※記載の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
詳細は「商標について」をご参照ください。

商品・サービスを探す

キーワード

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top