VMware vSphere

業界をリードするNo.1 サーバー仮想化プラットフォーム 

概要

VMware vSphereは、業界で最も利用され、信頼性の高い、業界初のハイパーバイザーです。vSphereを利用する事で、サーバー環境の仮想化はもちろん、ストレージやネットワークを含む企業システム全体を仮想化・自動化・最適化し、Software Defined Data Centerを実現します。

導入のメリット

vSphereによる仮想化によって以下のメリットを享受することが出来ます。

•互換性:仮想マシンは、物理コンピューターに存在するすべてのコンポーネントを搭載しているため、標準的なすべてのx86オペレーティングシステム、アプリケーション、およびデバイスドライバーとの互換性があります。また、x86物理コンピューター上で実行できるすべてのソフトウエアは、仮想マシン上でも実行できます。

•分離:個々の仮想マシンは、異なる物理マシンであるかのように分離していますが、1台のコンピューターの物理リソースを複数の仮想マシンで共有できます。物理システム上のアプリケーションに比べ、仮想環境で実行されるアプリケーションのほうがはるかに可用性とセキュリティーに優れているのです。

•カプセル化:カプセル化により、仮想マシンはオペレーティングシステムとアプリケーションを含む完全な仮想ハードウエアリソースのセットを保持できるため、可搬性と容易な管理が実現します。仮想マシンは、ほかのファイルと同様に移動やコピーが可能で、標準的なデータストレージメディアに保存できます。

•ハードウエアへの非依存性:仮想マシンは基盤となる物理ハードウエアから独立しています。そのため、基盤となるハードウエア上に存在する物理コンポーネントとはまったく異なる仮想コンポーネントを構成できます。また、異なる種類のオペレーティングシステムを実行することもできます。

ユニアデックスの高い技術力で更なる安心をご提供

ユニアデックスは、VMware vSphereの開発元であるヴイエムウェア株式会社と提携し、ヴイエムウェア社製品の販売を行うほか、アセスメントから設計、導入、構築、運用、保守に至るまでマルチベンダーワンストップで対応致します。

1.コンサルティング   ●アセスメントサービス    ●検証支援サービス
2.導入構築   ●基本導入サービス   ●設計支援サービス   ●構築サービス    
3.保守     ●マルチベンダーワンストップ   ●ハイクオリティサポート   ●グローバル対応

ラインアップ

VMware vSphere6 のエディション、キットは以下の通りです。

エディション
・VMware vSphere 6 Standard for 1 processor
・VMware vSphere 6 Enterprise for 1 processor
・VMware vSphere 6 Enterprise Plus for 1 processor
キット
・VMware vSphere 6 Essentials Kit for 3 hosts (Max 2 processors per host)
・VMware vSphere 6 Essentials Plus Kit for 3 hosts (Max 2 processors per host)

それぞれのライセンスには以下の保守サービスをご提供することができます。
※Essentials Kitについてはヴイエムウェア社で提供するインシデントサポートのみとなります。

保守サポートの種類
ヴイエムウェア社ベンダー保守サポート
ユニアデックスのワンストップ保守サポート

導入事例

さまざまな業種で、小規模から大規模のシステムでヴイエムウェア社製品をご利用いただいており、金融系、製造系、流通系、医療系など業種業態を問わず、仮想環境を構築する際にはヴイエムウェア製品をご指名いただいております。

機能

vSphereの機能、vSphereのハイパーバイザーは、基盤となるハイパーバイザーアーキテクチャーである「ESXi」という名前で知られているベアメタルハイパーバイザーです。 vSphereのハイパーバイザーは物理サーバーに直接インストールされ、複数の仮想マシンにパーティショニングされます。各仮想マシンはほかの仮想マシンと同じ物理リソースを共有しており、すべての仮想マシンを同時に実行することができます。ほかのハイパーバイザーとは異なり、vSphereでは、リモート管理ツールを通じてすべての管理機能を操作します。また、基盤となるオペレーティングシステムが存在しないため、占有量が150MB未満に抑えられています。

■コンピューティング
vSphere ESXi
サーバーハードウエアのリソースを抽象化し、複数の仮想マシンで共有できるようにする堅牢で高性能な仮想化レイヤーです。
Distributed Resource Scheduler (DRS)
ホスト間で自動的にロードバランシングを行い、ビジネス上の優先順位に合わせてコンピューティングリソースを調整します。負荷の少ない時間帯にホストをパワーオフして消費電力を最適化します。

vMotion
長距離(最大でRTT 100ミリ秒)を隔てた複数のクラスタ、分散スイッチ、およびvCenter Server間で、実行中の仮想マシンをホスト間で移行することにより、計画的なサーバーのメンテナンスによるアプリケーションのダウンタイムを排除します。

Big Data Extensions
vSphere上でHadoopワークロードを実行することで、使用率、信頼性および俊敏性が向上します。

■ネットワーク

Network I/O Control
事前設定したビジネスルールにしたがって、ネットワークリソースへアクセスする際の優先順位を定義できます。

Distributed Switch
データセンターレベルのネットワーク統合を使用して、ネットワークのプロビジョニング、管理、および監視を中央から実行します。

■可用性
High Availability(HA)クラスタリングソリューションにおけるコストや複雑さを削減しながら仮想IT環境全体に高可用性を提供します。

Fault Tolerance (FT)
サーバー障害時のデータ損失を排除し、最大4個の仮想CPUを使用するアプリケーションに継続的な可用性を提供します。

Data Protection
ディザスターリカバリーのための特許取得済みの可変長の重複排除機能、迅速なリカバリー、およびWAN向けに最適化されたレプリケーションにより、ストレージ効率の高いバックアップを実現します。

Replication
組み込みのvSphere Replicationは、サードパーティー製レプリケーション製品にかかるコストを排除します。

■自動化

Auto Deploy
vSphereホストの導入およびパッチ適用を数分で実行できます。

ホスト プロファイル
一度プロファイルを作成すれば、複数のvSphereホストの構成に使用できます。

Update Manager
vSphereホストのトラッキング、パッチ適用、およびアップデートの自動化により、定常の修正作業時間を短縮します。

■運用管理

vCenter Server vSphere
プラットフォームの統合管理が可能になります。

vRealize Orchestrator
ドラッグアンドドロップ操作が可能な使いやすいインターフェイスを使用して、ワークフローを構築できます。

■セキュリティ

vShield Endpoint
アンチウイルス機能をセキュリティー仮想アプライアンスに委譲することで個々の仮想マシンにアンチウイルスをインストールする必要がなくなりアンチウイルススキャンのパフォーマンスも向上します。

■ストレージ

Storage DRS
スマートな仮想マシンの配置と、I/O遅延およびストレージ容量に基づくロードバランシング機能を提供します。

Virtual Volume
外部ストレージ(SANおよびNAS)デバイスを抽象化し、仮想マシンに対応させます。

Storage Policy-Based Management
ポリシーベースの制御プレーンによって、ストレージの階層間および動的なストレージのクラス間での、サービスの自動化の共通管理が実現します。

Storage vMotion
ダウンタイムなしでストレージを移行して、仮想マシンストレージとI/Oのボトルネックを排除し、ストレージ容量を解放します。

Storage I/O Control
ストレージのI/O負荷を継続的に監視し、利用可能なI/Oリソースをビジネスニーズに合わせて動的に割り当てることで、ストレージアクセスの優先度を決定します。

VMFS
仮想マシン用に最適化された高性能クラスタファイルシステムにより仮想マシンのプロビジョニングおよび管理を簡素化します。

Storage Thin Provisioning
物理ストレージ容量の動的な割り当てやインテリジェントなプロビジョニングにより、仮想マシンのストレージの使用を効率化します。

Storage API
ストレージ認識、データ保護、およびアレイの統合を強化します。また、サードパーティーのストレージベンダーが提供するマルチパス機能を活用することができます。

Flash Read Cache
サーバーサイドフラッシュを仮想化し、高性能の読み取りキャッシュレイヤーを提供することによって、アプリケーションの遅延を大幅に低減します。

■エディション比較 ※ヴイエムウェア社のサイトを参照ください。 http://www.vmware.com/jp/products/vsphere/compare.html

商品販売元

2015年08月20日公開
(2015年08月28日更新)

※記載の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
詳細は「商標について」をご参照ください。

商品・サービスを探す

キーワード

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top