【対談記事】ゼロトラストモデルで重要になる 日本の人事制度に合わせた統合ID管理

  • IDaaS
  • IDガバナンス
  • Works Human Intelligence
  • セキュリティー対策
  • ゼロトラスト
  • 吉水智宗
  • 岩竹智之
  • 2020.08.26

ANNEX-WHI-WPtop.png

テレワーク必須時代のセキュリティーの課題などについてWorks Human Intelligenceの吉水智宗氏とユニアデックスの岩竹智之が語り合いました。

例えば、日本のように人に仕事がひも付く人事制度では、異動などで自動的にID・権限が変わり、引き継ぎ期間の考慮なく突然、利用していた業務システムの機能を利用できなったりしますが、セキュリティーを加味しながらどうすれば解決できるか? そんなヒントなどもご紹介しています。

テレワークでは社内と社外の境界がなくなり、社内であっても信頼できない「ゼロトラスト」モデルのセキュリティー対策が重要になります。その対策としての、クラウドベースのゲートウェイセキュリティーや認証基盤、そして日本企業の人事制度に合わせた統合ID管理・IDガバナンス。いま注目されている話題をお届けします。

  • テレワークの普及で、これまでの「境界防御」が通用しない
  • 「縛るセキュリティー」から「許すセキュリティー」へ
  • 日本企業の人事制度に合わせてID・権限を管理する統合ID管理基盤
  • クラウドの利用に欠かせない認証基盤と統合ID管理基盤の連携

 

おすすめ記事

すぐにできる!
リモートアクセス環境

ANNEX_ServiceOkta

なぜ、Boxは企業に支持されているのか?
働き方改革とセキュリティー強化を実現

識者が語る
クラウド時代のセキュリティBCP

ANNEX_nict_sub