中堅・中小製造業のDX推進を支援

ものづくり企業を煩雑な見積業務と工場業務から解放し、業務効率向上を支援します

「デジタルトランスフォーメーション(DX)やIoTで何が解決できるかわからない」
「自社の困りごとにマッチしたソリューションが見つからない」
「パッケージ製品は不要な機能も多くコストがかかる」 etc.
ものづくりの現場にもDXやIoTの導入が広がりつつありますが、多くの中堅・中小製造業では上記のような理由で導入に踏み切れていないのが現状です。

ユニアデックス、日本ユニシス・エクセリューションズ、TERMINALQの3社は、ものづくり現場の一番の課題である見積や工程進捗管理をフォーカスし、中堅・中小製造業が、容易にDXやIoTに取り組めるソリューションを共同でご提供します。

DX推進による業務改善、業績向上を目指すものづくり企業を支援していきます。

トピックス

ソリューション概要

製造業の多くが課題とする、帳票や図面などの紙媒体の電子化、生産状況の可視化、煩雑な見積作業や新規取引先の開拓、などに対応するソリューションを提供します。あわせて、3D図面を使った商談についても対応準備を始めています。

多くの製造現場では、見積担当者が「作業見積」を、製造担当者が「製造作業実績」をそれぞれ記録保管していますが、それらはお互いに共有されていません。共有により見積で算出した予定作業時間や費用と、実際に要した製造作業時間や費用とを比較できれば、見積誤りや無駄な作業が発見できます。しかし、双方の品質向上につながるメリットはありますが、情報を収集・集約し内容を突き合わせ、吟味・検証を行う余裕が現場にないのが実情です。
本ソリューションでは、見積や製造作業の記録と実績を収集・集約し比較検証までソリューション側で自動的に実行するため、現場の労力や負荷を気にせず作業に専念できるようになります。

利用イメージ

NAVIトレース_利用イメージ

各機能の紹介

関連商品・サービス

関連リンク

2021年06月17日公開
(2021年06月17日更新)
新事業への取り組み

関連商品・サービス

関連ニュース

新事業への取り組み一覧

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top