IoTの実現に向けたユニアデックスの取り組み

IoTの実現に向けたユニアデックスの取り組み

IoTで新たな価値を創造する

コンセプト

IoTを活用検討しながらも、活用方法(自社への適用シナリオ)が分からないというお客様が多くいらっしゃいます。お客様と同じ目線・同じ気持ちで"現場"のことを理解することから始め、一緒に粘り強く考えることで、新たなビジネス価値を創造し、お客さまに多くの "気づき"や"感動" をもっていただくことを目指します。

IoT活用実現アプローチ

IoTによるビジネスの進化を実現するには、見えている課題の解決だけではなく、新たな価値創造のシナリオが大切です。IoT活用のイメージを膨らませ、シナリオを具体化します。その後は、トライ&エラーで試行錯誤を重ねていくことが、ゴールへの近道です。

ユニアデックスは以下のステップで進めます。


< IoTエコシステムラボでのシナリオ体験から具体化、そしてビジネスへ >

IoTエコシステムラボは、2019年12月3日より「ACT+BASE<アクトプラスベース>」へ移行しました。

IoTエコシステムラボの詳細を見る

ユニアデックスは「共創力」と「トータルサポート」により、新たな価値創造を支援します。

共創力

トータルサポート

共創パートナーとの取組み例のご紹介

椿本チエイン様

産業用チェーン世界最大手の株式会社椿本チエイン様は、ユニアデックスの「IoTエコシステムラボ」における共働PoC活動を通じて、機械に取り付けられたPLC(制御装置)からのデータを元に、生産現場における生産工程を可視化しました。

【関連ニュースリリース】
日本マイクロソフト、ユニアデックス、NTTドコモ製造業及びヘルスケア事業向けIoTビジネスの拡大に向けた協業を開始(2017年4月21日発表)

ユニアデックスのIoTへの取り組み、IoTエコシステムラボについて、詳細はお問い合わせください。

関連ソリューション

新事業への取り組み

関連商品・サービス

関連ニュース

新事業への取り組み一覧

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top