ユニアデックス 愛知県主催「あいちスマートサスティナブルシティ 共創チャレンジ」に採択

~ITやデジタルデータを駆使して新たな生活モデル創造を目指す~

お知らせ

2020年12月 4日

ユニアデックスは、愛知県主催の「あいちスマートサスティナブルシティ共創チャレンジ」のひとつ「南知多町をモデルとした世界・都市・地域に生きる新たな生活モデルの創造」に、2020年11月26日正式採択されました。

「あいちスマートサスティナブルシティ共創チャレンジ」は、世界でも先進的なスタートアップ支援の実績を持つシンガポール国立大学の協力を得て実施する「スマートサスティナブルシティ(注1)」の実現を目的とした、産官学共創型のグローバルプログラムです。

愛知県は、この「スマートサスティナブルシティ」をリードするための4つのチャレンジに対して、新たな共創パートナーとしてチャレンジオーナー(注2)とともに共創型の実証実験を行います。

ユニアデックスが参画する「Challenge 3:南知多町をモデルとした世界・都市・地域に生きる新たな生活モデルの創造」は、「愛知県の地域にとっては当たり前でも、世界にとって価値のある有形/無形の資産を見出し、価値あるカタチで世界に届ける」をコンセプトとし、愛知県南知多町をモデルに官民共創型で社会に新たな価値を生み出す取り組みをつくり、日本をリードしていくことを目的としています。

新型コロナウイルス発生以後、テレワークやワーケーションなどの出社を前提としない就業形態を認める企業が増加するなど、働く側にも新たな生活スタイルが求められています。

そのような中でユニアデックスは、同プロジェクトのコミュニティパートナー(注3)として、チャレンジオーナーである愛知県南知多町や他のコミュニティパートナーとともにITやデジタルデータを駆使して、愛知県南知多町の立地条件や強みを活用しながら、今後の新たな生活モデル創造を共創型にて実証していきます。

ユニアデックスは今後も、本実証プロジェクト参画の経験を生かし、お客さまとともにさまざまな社会課題解決を目指し、SDGs達成への貢献に向けた取り組みを拡大していきます。

以上

注1:スマートサスティナブルシティ
AIやICTなどの最先端技術を活用して作る持続可能な社会のことです。

注2:チャレンジオーナー
テーマと密接な課題を有し、スタートアップなどとの共創による課題解決を目指す愛知県内の企業または団体です。

注3:コミュニティパートナー
各テーマの課題解決に資する技術やアイディアを有するスタートアップの発掘や事業のPRなどに協力する機関です。

※記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

※お知らせの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のお知らせ

2020年の
ニュース

新着ニュース

page top