帳票自動入力ソリューション

バックオフィスの紙帳票に関わる定型業務を自動化

企業では働き方改革の推進や労働力減少、人件費高騰などの問題により、業務改善、生産性の向上が非常に重要な課題となっています。また、ペーパーレス化、デジタル化の波が押し寄せる中、帳票を取り扱う業務は依然として残っていて、単調な作業や長時間残業から従業員を解放する「定型業務の自動化」に大きな期待が寄せられています。

これらの課題をOCR/AI/RPAを活用した本ソリューションで解決します。

特徴

帳票をスキャンしてPDFデータ(画像データ)を本ソリューションに取り込むことで自動的に文字データを解析し、抽出まで行います。紙書類のフォーマットは問わず、フォーマットの特徴や抽出箇所をAIが学習することで、さまざまなフォーマットのデータ抽出を可能とします。また、抽出後のデータはRPAへデータ連携し、ソフトウエアロボットによる業務の自動処理を行います。

ソリューションの概要図

ライセンス体系

帳票自動入力ソリューション for 活字
(1000枚/月)
月1000枚までの帳票処理
年間サブスクリプション

提供サービス

帳票自動入力ソリューション
事前アセスメントサービス
1業務単位
業務解析・成果物(RPA適用可否)
ヒアリングシート記載、ツールによる解析を想定
帳票自動入力ソリューション
設計・構築サービス
活文・UiPathの設計・テスト・導入・設定・チューニング
成果物
・概要設計書(現行業務フローとソリューション適用内容など)
・各種パラメーターシート(活文抽出定義ファイルなど)
・RPAフロー設計図
・テスト結果件結果報告書など
・簡易操作手順書

ハードウエア機器

帳票自動入力ソリューション
専用サーバー
専用アプライアンスサーバー

カタログダウンロード

関連セミナー

紙帳票の入力業務を自動化へ
~ コピペ業務をゼロへ!RPAにお任せください! ~

9月10日(火)開催 @ ハーモニアス・コンピテンス・センター(品川駅 徒歩3分、ほか)

本セミナーでは、ユニアデックスの「帳票自動入力ソリューション」、「日立 活文 Intelligent Data Extractor」と RPA(UiPath)による、バックオフィスの業務効率化のヒントを紹介します。

商品販売元

2019年08月20日公開
(2019年09月05日更新)

※記載の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
詳細は「商標について」をご参照ください。

関連する取り組み

商品・サービス

キーワード

関連ニュース

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top