McAfee MVISION Cloud

クラウド利用の可視化とデータセキュリティー対策に

クラウドサービス利用によるシャドーIT対策

McAfee MVISION Cloudは、セキュリティーガバナンスを統制し、複数のクラウドサービスを安全に利用できる環境を整えます。

国内の多くの企業でも、クラウドサービスやクラウドアプリケーションの利用が加速しています。すぐにどこからでも利用可能なクラウドサービスは、業務効率化やワークスタイルの多様化などのメリットが大きい反面、会社の管理下にないクラウドサービスを社員が勝手に利用するシャドーITが、新たなセキュリティーのリスクにもなっています。
そこで、企業内のクラウドサービス利用を把握し、管理を行うためのプラットフォーム「CASB(Cloud Access Security Broker)」でクラウドセキュリティー利用の課題を解決いたします。

CASB

McAfee MVISION Cloudの特徴

以下4つを柱にクラウドサービス利用における最高レベルの可視性、コンプライアンス、データセキュリティー、脅威からの保護を提供します。

可視化 シャドーITの認識とクラウド向けデータフローの確認
脅威防御 インサイダー、特権ユーザーによるデータ流出の検出、防御
コンプライアンス

業界標準、社内コンプライアンスの準拠

データセキュリティー

未許可アクセスからのデータ保護/内部セキュリティーポリシー準拠

McAfee MVISION Cloudで課題解決

McAfee MVISION Cloud

Why UNIADEX?

ユニアデックスは、クラウドネイティブ時代のセキュリティー課題を包括的に解決するため、各種クラウドセキュリティーサービスを統合して提供しています。特にZscalerのログを可視化し、APIを利用した連携などのご提案もおこなっております。

ユニアデックスが提供するクラウドセキュリティー
  • CASBの各メーカーサービスの特徴を理解し、お客さまの顕在・潜在ニーズに合ったソリューションを提供
  • PoCによる評価やアセスメント、チューニングや設定代行、レポーティング、ポリシー策定支援など、CASB導入後に課題となる運用までトータルで提供

MVISION Cloud 管理画面イメージ

可視性が高い画面構成

さまざまな情報が一目でわかる管理画面トップです。

McAfee MVISION Cloud管理画面

利用サービスごと、ユーザーごとに欲しい情報をわかりやすく表示

世界中の代表的なクラウドサービス約16,000の情報をデータベース化し、それぞれのリスク分析を行いサービスの危険度を9段階で表示します。また、利用しているサービスごとに利用ユーザー数やアップロードされたデータ量などをリスト表示することができます。

casb-kanriRisk

導入事例

カタログダウンロード

関連動画

関連商品・サービス

関連情報

商品販売元

2020年11月24日公開
(2020年11月30日更新)

※記載の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
詳細は「商標について」をご参照ください。

関連ソリューション

商品・サービス

キーワード

関連ニュース

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top