管理の標準化、効果的な投資と資産管理コスト削減を実現するICT資産管理ソリューション「ADMi-21(R) G7」販売開始

ニュースリリース

2009年05月14日

 ユニアデックス株式会社(本社:東京都江東区、社長:高橋 勉、以下 ユニアデックス)は、ICT資産管理の標準化を進めることで、資産の効果的な投資と管理コスト削減を可能にするICT資産管理ソリューション「ADMi(アドミ)-21® G7」を、5月15日から販売開始します。

 企業内のPC、サーバー、ネットワーク機器やソフトウエアなどのICT資産は日々増加し、その管理負荷はますます増大してきています。また日常的に管理を行っていても不要資産に対して無駄なコストを費やしている場合や、管理不備により棚卸処理の際に思わぬコスト負担がかかる場合があります。今回販売開始する「ADMi-21 G7」はこうしたICT資産の購買から廃棄までのライフサイクルと、それら資産の運用管理におけるさまざまな問題の発生から収束までのサービス、また契約や費用配賦などICT投資の実態を一元管理し、資産管理上のコスト面や運用面などの課題を解決するソリューションです。

 「ADMi-21 G7」の導入によって、ICT資産管理に対し以下のような効果が期待できます。

<ICT資産管理運用>

  1. ICT資産そのものや、その資産が提供する業務サービス(各種の個別業務システム)の全体資産を一括かつ最適に管理できます。
  2. 資産の購買・契約から廃棄までの業務プロセスに基づき円滑かつ漏れの無い資産管理が行えます。
  3. 資産を使用している業務サービスや帰属する組織に対し、その割合に応じた各種費用の配賦が行えます。

<ICT資産セキュリティー運用>

  1. 組織改編による利用者数の変動を管理しソフトウエアライセンスの不正使用を未然に防止します。
  2. ソフトウエアバージョン統一やセキュリティーパッチ適用を確実に行えるよう管理できます。
  3. すでに使用している運用管理ツールやインベントリー(注1)収集ツールを有効活用できます。

<ICT資産のITIL(注2)ベース運用>

世界標準の運用管理最適化ガイドライン「ITIL」に基づきサービスレベル(SLA)などの管理を強力 に支援します。

 なお「ADMi-21 G7」には、基本的なICT資産管理機能を持つ「ADMi-21 G7 Standard」と「Standard」にITIL運用管理プロセス機能を備えた「同 Enterprise」の2つの製品があります。

 さらにユニアデックスは、「ADMi-21 G7」の導入、保守サービスに加え「ADMi-21 G7」適用のためのアセスメントサービス、教育サービスを提供しており、「ADMi-21 G7」を用いたICT資産管理業務の効率的な導入を支援します。 また「ADMi-21 G7」は、Windows® Server 2008や64ビット版プラットフォームなど、最新のアーキテクチャ環境に対応しています。

 「ADMi-21 G7」の価格は、基本ライセンス料金としてStandard版が300万円(税込み)から、Enterprise版が500万円(税込み)からです。

注1:インベントリー
パソコンやサーバーなどのハードウエアやインストールされたソフトウエアの情報。
注2:ITIL (IT Infrastructure Library)
イギリス政府が策定した、コンピュータシステムの運用・管理業務に関する体系的なガイドライン。
注3:インシデント
事件、出来事などの意味を持つ語。ICTの分野では、情報管理やシステム運用に関して保安上の脅威となる現象や事案を指す場合が多い。

※ADMi-21は、ユニアデックス株式会社の登録商標です。
※Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
※その他本文に記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

【参考資料】

「ADMi-21 G7」の機能

【ADMi-21 G7 Standard】

【ADMi-21 G7 Enterprise】

Standardの機能に加えて、以下のITIL運用管理プロセス機能が含まれる。

【オプション】

※ニュースリリースの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のニュースリリース

2009年の
ニュース

新着ニュース

page top