仮想化の落とし穴を解決するソリューションキャンペーンの開始について

~シスコのUCS ATPパートナーとして、動画配信(iPhone閲覧対応)とセミナーを実施~

お知らせ

2010年01月05日

 ユニアデックス株式会社(本社:東京都江東区、社長:高橋 勉、以下:ユニアデックス)は、本格的な仮想化環境導入のニーズの高まりを受けて、動画配信の連載(iPhone閲覧対応)とセミナーイベントで「仮想化の落とし穴と解決策」のキャンペーンを、シスコシステムズと共同で開始します。

 キャンペーンでは、ユーザー企業が陥りやすい"ICTインフラの仮想化"における課題を、Cisco Unified Computing System (以下Cisco UCS)の仮想化技術を使って解決するソリューションを展開していきます。

1)動画配信の連載

 ユニアデックス仮想化エバンジェリスト"タカハシ"が登場し、仮想化検討時にありがちなユーザーの不安や見落しがちな問題点とCisco UCSによる解決策及び優位性を解説します。解説の動画はiPhoneでも閲覧可能です。

動画配信イメージ iPhoneでの動画閲覧イメージ1 iPhoneでの動画閲覧イメージ2

2)セミナー

 仮想化ソリューションのインテグレーターとして実績を積んできたユニアデックスと、Cisco Data Center 3.0コンセプトを掲げて仮想化市場に本格参入したシスコシステムズがそれぞれの立場から、仮想化環境実現によるメリット、その理想的な環境に至るまでの課題と解決策を討論を交えてご紹介します。

 来年度に向けて本格的に仮想化環境の導入を検討するための具体的なヒントが満載のセミナーとなっております。

 Cisco UCSは、ネットワーキング、コンピューティング、ストレージ、および仮想化を1つのシステムに統合し、企業の総所有コストを削減して経営スピードを高めるように設計されています。Cisco UCSの導入により、データセンターリソースの有効利用、大規模なサービス提供、セットアップ・管理・電力/冷却およびケーブル接続を必要とするデバイス数の大幅な削減を実現することができます。

 ユニアデックスは、2009年7月2日に「UCS ATPパートナー」としてシスコシステムズから認定され、Cisco UCSブレードサーバーの検証作業を重ねてきました。

 ユニアデックスは多くの有力ベンダー製品を取り入れた仮想化ソリューションの中でも、特に中堅企業以上の規模における、サーバー使用率の向上とサービスレベルの向上の両立、アプリケーションの迅速な展開を強く求めるユーザーに推奨する製品と位置付けております。

 動画とセミナーの開催概要は以下の通りです。

1)動画配信

タイトル:

仮想化の落とし穴
第1話:仮想化の楽園へ、第2話:旅の準備‐基礎知識、第3話:トラブルメニュー、他計10話の予定。

URL:

http://cisco.atscreen.com/uniadex/virtualization/
※2010年8月2日にhttp://www.uniadex.co.jp/virtualization/へ移転しました

配信開始日:

本日から

2)セミナー:

タイトル:

「仮想化の落とし穴と解決策」~本格検討の前に知っておきたい~

日時/場所:

東京会場:
2010年1月29日(金)13:30-16:30
東京ステーションコンファレンス
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー6F
http://www.tstc.jp/access/index.html
詳細はこちら>>

大阪会場:
2010年2月4日(木)13:30-16:30
ユニアデックス関西支店
〒530-6115 大阪市北区中之島3-3-23 中之島ダイビル
詳細はこちら>>

その他全国展開を計画中

セミナーアジェンダ(東京会場、大阪会場共通):
13:30-13:40 ご挨拶
13:40-14:50 「仮想化の落とし穴と脱出法」~仮想化の楽園行きチケットを手に入れよう~
ユニアデックス株式会社事業推進グループ商品戦略部マーケティング室 高橋優亮
14:50-15:00 休憩
15:00-15:40 「Cisco UCSがデータセンターを変える」
シスコシステムズ合同会社 アーキテクチャー&テクノロジー事業
データセンターソリューション営業部長 江副 桂太(東京会場)
シスコシステムズ合同会社 アーキテクチャー&テクノロジー事業
データセンターソリューション営業部 シニアセールススペシャリスト 戸山 真幸
15:40-16:30 対談「徹底討論!! UCSって本当のところどうなの?そしてこれからどうなるの?」

※内容、講演者、スケジュール等が変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※記載の会社名、製品名およびシステム名は各社の登録商標または商標です

以上

※お知らせの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のお知らせ

2010年の
ニュース

新着ニュース

page top