高価なスタンバイシステムはいりません。低コストでコールドスタンバイシステムを実現。リモート切換も可能、コンパクト、高信頼性なSAS切換装置です。

お知らせ

2010年06月11日

「SAS切換装置」は、サーバーとSAS周辺装置を2対1、1対2で接続し、切換える事が可能です。サーバー2台と外部ディスク装置1台を接続することにより、サーバーに障害が発生した場合、スタンバイサーバーへ切換えられるコールドスタンバイシステムを実現。またロードバランサーやクラスターなどのスタンバイシステム専用ソフトウエアを介在することなく低コストでのスタンバイシステムの構築が可能になります。
さらにRS232Cインターフェースを使用したコマンドによるリモート切換えも可能です。

詳細は以下のリンク先をご覧ください。

ユニアデックスSAS切換装置

※お知らせの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のお知らせ

2010年の
ニュース

新着ニュース

page top