日本ユニシスグループ サービスメニュー体系を刷新し、「U-Cloud IaaS Select™」を提供開始

- お客さまのニーズに合った、サービスレベル指向型の選べるクラウドを提供 -

ニュースリリース

2014年10月30日

 日本ユニシスグループの日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、社長:黒川 茂、以下 日本ユニシス)とユニアデックス株式会社(本社:東京都江東区、社長:入部 泰、以下 ユニアデックス)は、日本ユニシスグループが提供しているクラウドサービス基盤「U-Cloud® IaaS」のサービスメニュー体系を見直し、新たに「U-Cloud IaaS Select(選べるクラウド)」の提供を2014年11月4日から開始します。

 「U-Cloud IaaS Select」は、「U-Cloud IaaS」では均一であったサービスレベルにバリエーションを持たせ、サービスレベル指向型の選べるクラウドに刷新しました。新サービスメニューでは、サービスレベル別に「Premium」、「Standard」、「Economy」の3シリーズをラインアップします。これにより、高品質から低価格まで、お客さまのニーズに合ったクラウドサービスの提供が可能となります。

 「U-Cloud IaaS Select」の特徴は、以下のとおりです。

1.「Premiumシリーズ」

クラウド上に専有環境もしくは、一部専有環境を構築することにより自由度の高いクラウドサービスを実現します。サービスレベルは「最上位」に位置づけられ、お客さまの個別要求を受けることが可能で、ホスティングサービスをクラウド上で実現するイメージとなります。クラウド上に構築するシステムは、「専有基幹系システム」を想定しています。

2.「Standardシリーズ」

これまでの「U-Cloud IaaS」を継承した標準的なクラウドサービスです。サービスレベルは、「中位」に位置付けられ、幅広い業種、業態に適用可能です。ネットワークやサーバー、ストレージなどのリソースを共有するため、計画停止などの一定の制約を受けます。クラウド上に構築するシステムは、「基幹系システム」を想定しています。

※「Standardシリーズ」は、「U-Cloud IaaS」と互換性があります。

3.「Economyシリーズ」

クラウド環境の運用(構築・監視・操作)を最低限に絞り込み、低価格で提供することを実現しました。クラウド上に構築するシステムは、「開発系システム」や「Webサイト」を想定しています。

 なお、すでに「U-Cloud IaaS」ご利用中のお客さまにつきましては、「Standardシリーズ」へ容易に移行が可能です。

 日本ユニシスグループは、今後も「U-Cloud IaaS Select」のサービスメニューを拡大し、今後3年間に100億円の販売を計画しています。

以上

「U-Cloud IaaS Select」関連図

選べるクラウド U-Cloud IaaS Select
3シリーズ イメージ
サービスレベル別にPremium、Standard、Economyの3シリーズを用意し、それぞれに対応するメニューを展開します。
サービス展開イメージ

※U-Cloud、U-Cloud IaaS Selectは、日本ユニシス株式会社の登録商標または商標です。
※その他、記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

※ニュースリリースの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のニュースリリース

2014年の
ニュース

新着ニュース

page top