ユニアデックス ネットワーク機器の障害復旧をスムーズに行う、 新たな保守サービス「サポートサービスプラス™」を提供開始 

― ネットワーク機器の構成情報を保管、更新、世代管理、廃棄まで一元管理 ―

ニュースリリース

2016年03月24日

ユニアデックス株式会社(本社:東京都江東区、社長:入部 泰、以下 ユニアデックス)は、お客さまのネットワーク機器の構成情報を保管、更新、世代管理、廃棄まで一元管理し、障害復旧を円滑に行う新たな保守サービス「サポートサービスプラス」を4月15日から提供開始します。ネットワーク機器の構成情報とは、機器構成データ、システム構成図、パラメーターシートなどを差し、これらの構成情報は障害復旧のために不可欠な要素であり、常に最新情報に維持管理することが重要となります。 

ユニアデックスは、従来お客さまの要望に応じて構成情報の保管を個別サービスとして提供していました。今回新たに提供する「サポートサービスプラス」では、ユニアデックスが保守を担当するベンダーの全てのネットワーク機器において、構成情報の保管を保守サービスの一つに組み込み、標準サービスとして提供します。

新たに定めた保管プロセスと提供基盤で保管の安全性を高め、お客さまのさまざまな負担を軽減し、障害からの迅速かつ円滑な復旧を可能とします。

「サポートサービスプラス」の特徴とメリットは、以下のとおりです。

1.特徴

2.お客さまのメリット

以 上

■「サポートサービスプラス」概要図   

1SSL
SSL(Secure Sockets Layer)には、ユニアデックスが提供するオンラインストレージサービス「AirTriQ®を使用します。「AirTriQ」は、インターネット上でお客さまのデータを保管・共有し、安全で快適なやりとりを実現します。

2:堅牢なデータセンター
日本ユニシスグループが提供するクラウドサービス「U-Cloud®」上に保管します。

※サポートサービスプラス、AirTriQは、ユニアデックス株式会社の商標または登録商標です。
※U-Cloudは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。
※その他、記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

※ニュースリリースの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のニュースリリース

2016年の
ニュース

新着ニュース

page top