ユニアデックス  計測デバイス製品のIoTクラウド対応を実現するサービス 「DataOcean(TM)」を提供開始

- デバイスメーカーと協業し、計測データのさらなる有効活用と新たな付加価値サービスの提供を支援 -

ニュースリリース

2017年01月18日

 ユニアデックス株式会社(本社:東京都江東区、社長:東 常夫、以下 ユニアデックス)は、計測デバイス製品のIoTクラウド対応を実現するサービス「DataOcean(データオーシャン)」を、デバイスメーカーに向けて、本日から提供開始します。

 昨今、さまざまな分野でIoT(Internet of Things)への取り組みが注目される中、さまざまな場所でさまざまなセンサー技術による計測を可能にするクラウドサービスの利用が求められています。しかしながら、デバイスメーカーにとりましては、クラウドサービス基盤の構築や運用負担が課題となっています。

 このような課題に対して、ユニアデックスがクラウドサービス基盤の運用を行うほか、「DataOcean」のクラウド機能との接続性が確認されている「MQTT(注1クライアントソフトウエア」と「インタフェース仕様」を提供することで、デバイスメーカーは計測デバイス製品のクラウド対応を早期に実現することができます。

 さらに、デバイスメーカーは、さまざまな計測ニーズに対して、長年に渡り培かってきた計測技術とノウハウを引き続き発揮しながら、「DataOcean」との協業によって、計測データのさらなる有効活用と新たな付加価値サービスの提供が実現できます。

「DataOcean」の特徴は、以下のとおりです。

1. クラウド対応のデバイス機能および、独自のデバイス機能の開発が可能
「DataOcean」のクラウド機能との接続性が確認できている「MQTTクライアントソフトウエア」を提供することにより、デバイスメーカーによるクラウド連携機能の開発を支援します。また、その「インタフェース仕様」に従い、自由に独自のデバイス機能も開発することができます。

2.「DataOcean」標準ポータルの利用および、WebAPI提供
標準ポータルから、クラウド機能(「ユーザー管理」「デバイス管理」「収集・蓄積」「監視・アクション」「可視化・取得」「遠隔操作」「テナント管理機能」)を利用することができます。この標準ポータルを利用すれば、即座にこれらのクラウド機能に対応したデバイス製品を展開することが可能です。さらに、オープンな「Web API」機能を利用して、カスタマイズポータルをデバイスメーカーが独自に開発することや、独自に分析機能を組み合わせることも可能になります。

3.通信負荷とデバイス電力消費を軽減
「DataOcean」と接続するネットワークは、セキュアな閉域モバイル通信網での非暗号化通信とすることで、通信負荷とデバイス電力消費を軽減することが可能になります。

4.月額料金制
「DataOcean」は、月額料金制で最低利用期間は1ヶ月となっているため、試行的な取り組み段階からでも利用することができます。

 ユニアデックスでは、「DataOcean」提供から1年間で、デバイスメーカー50社との協業を目指していいます。また、今後は、機械学習との連携やLPWA(注2ネットワーク接続への拡張対応も計画しています。

以 上

1MQTTMessage Queueing Telemetry Transport
IoT/M2M通信に適したシンプルで軽量な通信プロトコルのことです。

2LPWALow PowerWide Area
バッテリー消費量が少なく、広いエリアをカバーできる無線ネットワークの総称です。SIGFOXやLoRaWANといった無線通信規格があります。

DataOcean」概要図

DataOcean」の特徴

LPWA(Low PowerWide Area)ネットワークに対応したデバイスによる環境測定利用例

【エンドースメント】

今回の発表に当たり、以下エンドースメントをいただいています。

株式会社金沢エンジニアリングシステムズ
新規事業推進部 責任者 源田 農 氏

 サービスリリースを心よりお祝い申し上げます。弊社の所在地である北陸、金沢は製造業が盛んな地域柄ですので、インダストリー4.0を凌駕するIoTビジネスを御社とともに推進してまいります。

三協インタナショナル株式会社
営業部 部長 河村 潤平 氏

 ユニアデックス様のサービスリリースを心よりお祝い申し上げます。弊社が長年培ってきた様々なセンサ計測の知見を活かしながら、今後とも御社と強固なパートナーシップを推進してまいります。

株式会社ソラコム
代表取締役社長 玉川 憲 氏

 株式会社ソラコムは、この度のユニアデックス様の「DataOcean」の提供開始とパートナーシップ強化を心より歓迎します。ソラコムの提供するIoT通信プラットフォーム「SORACOM」は、モバイル通信とクラウドを融合したIoT通信サービスです。データ通信SIM「SORACOM Air」をデバイスに挿すだけでセキュアにクラウドへのデータを送信することができ、また、「SORACOM Beam」は「DataOcean」が連携可能なプロトコルMQTTのデータ変換をサポートします。「DataOcean」とSORACOMの組み合わせにより、デバイスメーカ様は各種計測デバイスによるデータ活用を迅速に開始することができます。本ソリューションが、多くのIoT活用事例を創出するものと期待しています。

日置電機株式会社
代表取締役社長 細谷 和俊 氏

 ユニアデックス様のサービス提供を心より歓迎いたします。当社の計測器と「DataOcean」を融合させることにより、今後、様々な場面でお客様に更なる付加価値を提供できると確信しております。御社との連携を密に今後もビジネスパートナーとしての更なる事業発展を期待しております。

株式会社フジクラ
センサ・システム研究部 部長 秋田 秀俊 氏

 株式会社フジクラは、ユニアデックス株式会社のIoTのクラウド対応を実現するサービス「DataOcean」提供開始の発表を心よりお祝い申し上げます。弊社におきましても、さまざまな分野でのIoTクラウドサービス構築に際し、エネルギーハーベスト型の無線センサシステムを提供することにより、貴社とのパートナーシップをさらに発展強化し、「DataOcean」の事業拡大に協力させていただく所存です。

※DataOceanは、ユニアデックス株式会社の商標です。
※その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

※ニュースリリースの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のニュースリリース

2017年の
ニュース

新着ニュース

page top