SAS(Serial Attached SCSI)切換装置

スタンバイシステムを低コストで容易に実現

SAS切替装置

概要

『SAS切換装置』は、サーバーとSAS(Serial Attached SCSI)周辺装置(外部ディスク装置など)の間に設置し、システム接続経路の変更をソフトウエアの介在することなしに2対1、1対2の任意の構成を手動、またはRS232Cインターフェースを使用したコマンドにより、切り換えを行う装置です。

特徴

サーバーとSAS周辺装置を2対1、1対2で接続し、切換えることが可能となります。
サーバ2台と外部ディスク装置1台を接続することにより、サーバーに障害が発生した場合、スタンバイサーバーへ切り換えることが出来ます。
ロードバランサーやクラスタなどのスタンバイシステム専用ソフトウエアを介在することなく低コストでスタンバイシステムの構築可能となります。
半導体スイッチ1個のシンプル構成により、信頼性の高い接続切り換えを実現しています。
ラックマウントの1Uに2台搭載可能なコンパクトサイズを実現しています。
RS232Cインターフェースを使用した、コマンドによるリモート切換えが可能です。

機能

代表的な接続例を以下の図で表します。

その他、サーバー1台に対して外部ディスク”A”と”B”の2セットを接続した環境で、
Path-Aに接続されている外部ディスクAで立ち上げれば、OS:Windows2003で使用出来ます。
また、手動にてSAS切換装置をPath-Bに切り換え、外部ディスクBで立ち上げれば、OS:Windows2008で使用出来ます。

仕様

サーバ対周辺装置の接続方式 2対1、または1対2
インターフェース SAS1.1準拠(3Gbps)
レーン数 4レーン
コネクタ miniSASコネクタ(SFF8088)ユニバーサルタイプ(4Key)
ケーブル長 サーバ側:5メートル以内、周辺装置側:5メートル以内
手動切換方式 レバーロック式スイッチ
リモート切換 コマンド文字列送信による。コネクタ:D-SUB9ピン(オス)、RS232Cインタリンク用クロスケーブル(別途必要)ケーブル長5メートル以内
表示方式 Path-A/B切換(緑LED 2個)、リモートモード(緑LED 1個)、アラーム(赤LED 1個)
外形寸法 210mm(W)×247mm(D)×41mm(H)(奥行寸法は部品含む)
質量 2.5kg以下
電源 電源電圧 単相AC100V ±10V、50/60Hz (±1Hz)
消費電流 0.3A以下
設置形態 スタンドアローン
ラック収納 1U(別途オプションが必要)
動作時温度 13~35℃、非動作時温度:-10~50℃、輸送保管時温度:-30~60℃、温度変化率 10℃/Hr以下
動作時湿度 20~80% RH(結露なきこと)、非動作時湿度:20~90% RH(結露なきこと)
動作時振動 2.45m/s2(0.25G)以下、非動作時振動:7.35m/s2(0.75G)以下
梱包時衝撃 98.1m/s2(10G)以下
規制等 VCCI クラスA適合、RoHS 指令対応

その他

接続の制限:本装置同士を接続するカスケード(直列)接続はできませんのでご注意下さい。

商品販売元

ロゴ

ユニアデックス株式会社

本SAS切替装置は、ユニアデックス独自の商品です。

2015年03月25日公開
(2015年08月10日更新)

※記載の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
詳細は「商標について」をご参照ください。

商品・サービスを探す

キーワード

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top