Palo Alto PAシリーズ

ファイアーウォール、アンチウイルス、不正侵入防御を1台で実現

概要

Palo Alto Networksが提供するPAシリーズは、従来型のファイアーウォールでは解決できなかった、ネットワーク上で利用されているアプリケーションの可視化およびポリシー制御ができるアプリケーション制御ファイアーウォールです。
アプライアンス本体:PA-200/PA-500-2GB/PA-2020/PA-2050/Pa-3020/PA-3050/PA-5020/PA-5050/PA-5060及び基本ライセンスと追加の関連ライセンスです。

特徴

アプリケーション制御

ポート、プロトコル、SSL暗号化および偽装による通信に関らずリアルタイムにアプリケーションを識別し、ポリシー制御します。

高性能ソリューション

ファイアーウォール機能に加え、アンチウイルス、不正侵入防御を可能にし、これらをFlashMatch エンジンで処理することで、最大で10GbpsのFW / 5GbpsのThreat Prevention(= UTM)パフォーマンスを実現。
複数のネットワークセキュリティー機器の機能を1台でサポートすることにより、導入、運用にかかるコストを削減できます。

環境移行の柔軟性

複数の動作モード設定(L1, L2, L3, タップモード)を同時に行えることで、フレキシブルなネットワーク環境をPAシリーズ1台で構築可能。
現在お使いのファイアーウォールを補完することから、リプレースまで容易に行えます。

機能

アプリケーション識別機能

  • Application Identification (App-ID)
    ポート、プロトコル、SSL暗号化に関らずアプリケーションの識別が可能。
  • SSL Decryption(復号化)
    暗号化されたトラフィックをPA製品で復号化し、アプリケーションを識別。識別後は再度暗号化を実施。

ユーザー識別機能

  • User Identification (User-ID)
    Active Directory/LDAPとの連携により、ユーザーの識別が可能。

UTM機能 (ライセンスが必要)

  • Content Identification (Content-ID)
    さまざまなセキュリティー脅威、URL、ファイルに対するコンテンツの検査が可能。

セキュリティー機能

  • FlashMatchTM エンジン
    独自エンジン搭載により、IPS(脆弱性検知)、アンチウィルス、アンチスパイウエア機能を実現。
    複数機能の使用時でも性能劣化を抑える。
  • Webフィルタリング
    業界トップのBrightCloud社のデータベースを採用し、76カテゴリーに渡る2000万個のデータベースを元に
    独自エンジンで制御が可能。
  • ファイルブロッキング
    MIMEタイプや拡張子によるファイルのアップロード/ダウンロード抑止制御が可能。

その他機能

  • レポーティング
    多数の統計情報やグラフ/表をカスタマイズし、PDFやEメールで出力可能なレポーティング機能を搭載。

仕様

仕様については、各機器のデータシートを参照願います。

ラインアップ

アプライアンス本体

  • PA-200/PA-500-2GB/PA-2020/PA-2050/PA-3020/PA-3050/PA-5020/PA-5050/PA-5060

ライセンス

  • 基本ライセンス (必須です。漏れなく発注願います。)
  • 追加の関連ライセンス
2015年03月25日公開
(2015年08月10日更新)

※記載の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
詳細は「商標について」をご参照ください。

商品・サービスを探す

キーワード

関連ニュース

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top