Tintri VMstoreシリーズ

低コスト・ハイパフォーマンスの仮想化専用ストレージ

概要

Tintri VMstoreシリーズは、仮想化およびクラウド環境のニーズに対応できるように設計されています。従来のストレージは仮想化ワークロードの特殊な要求をみたすことができず、複雑な構成、過剰なプロビジョニング、継続的な最適化と管理が必要でした。VMstoreシリーズは従来のストレージプラットフォームで生じる問題点を解決します。

業界初となる先進のアプリケーション対応ストレージアーキテクチャーを使用して構築されたTintri VMstoreシリーズは、VMおよびvDiskレベルでストレージを監視し、変化の激しいワークロードの把握および適応を行います。これにより日常的なストレージ管理タスクを排除し、従来のストレージよりもはるかに優れたパフォーマンスと密度を実現します。

Tintri VMstoreシリーズは、数百から数千台の仮想マシーンを管理している中規模以上の企業の仮想化されたプライベートクラウド環境の多様なワークロードに最適です。例えば、様々なデータベースなどの基幹業務アプリケーション、データ保護と災害対策機能が存在する仮想デスクトップ基盤(VDI)導入や多数の仮想マシーンが導入された変更頻度が全体的に高いクラウド環境にも対応できます。

特徴

チューニングレスで常に安定したパフォーマンス

Tintri VMstore自身が仮想マシンの稼働状況に合わせた性能チューニングを自動的に実施します。ハイパーバイザーから得られた情報をもとに、それぞれの仮想マシンのストレージ性能を定期的に最適化します。システムの稼働中に、ある仮想マシンのストレージI/Oが急激に増えても、他の仮想マシンにほとんど影響を与えることなくストレージ性能の再配分が行われます。これにより、特定の仮想マシンを起因としたパフォーマンス上の問題を未然に防げます。

設定が全く必要ない仮想化専用ストレージ

ストレージの設定項目が少ないため、パラメーターシートは10分ほどで作成できます。ディスクドライブの種類やRAID構成などは、あらかじめ設定された状態で出荷され、ユーザー自身が複雑なオプションを組み合わせる必要はありません。複雑なストレージ構成やチューニングを必要とせず、数分でセットアップが可能ですぐにも本稼働に移れます。操作も簡単なので、導入した当日にユーザーへの操作説明を実施できます。

仮想マシン(VM)単位でのパフォーマンス管理とデータの保護

VMstoreの管理画面では、仮想マシン単位で、ホスト、ネットワーク、ストレージレベルのパフォーマンスを可視化していますので、どこがボトルネックになっているかを確実に特定できます。また、デュアルコントローラー筐体に最大2千台もの仮想マシンを搭載し、ワークロード単位で業界最高のコストパフォーマンスを実現します。

仮想マシン(VM) 単位でのクローニングとスナップショットにより、時間の節約とストレージ利用量の削減を実現します。そして、WAN 帯域を効率的に活用するレプリケーション機能により、データ保護ポリシーを VM 単位でカスタマイズできます。

フラッシュヒット率99%!圧倒的なコストパフォーマンスを実現

直接VMを管理可能なファイルシステムにより、フラッシュヒット率 99% を実現し、I/O 負荷の高いアプリケーションであっても必要なリソースをしっかり担保します。さらに、フラッシュ内のアクティブデータを維持しつつ、コールドデータをコスト効率のよいハードディスクドライブへ自動的に待避することで、従来のストレージでは考えられないようなコストパフォーマンスを実現しています。

機能

VM-awareファイルシステム

Tintri VMstoreファイル システムは、仮想化環境のためにゼロから設計されています。従来のストレージの抽象化概念であるボリュームやLUNに代わり、VMや仮想ディスクといった仮想化環境の抽象化対象を使用します。スナップショット、クローン、レプリケーションといったすべてのデータ管理操作はVM単位で行われます。そのため、VMとストレージ管理者両方は仮想化環境を瞬時かつ容易に確認することができます。

パフォーマンス配分とQoSは、仮想ディスクおよびVM単位で扱われます。Tintri VMstoreは、仮想ディスクごとにI/Oパフォーマンスの直接監視と管理を行います。読み取り、書き込み、またはメタデータ処理などの各I/O要求が発生すると、特定の仮想ディスクへ直接マッピングします。従来のストレージでは、データの場所とアクセスの優先順位は、ファイルレベルまたはボリュームレベルで決定する必要があります。そして、仮想化環境で意味ある動作とするために、ファイルやボリュームを後付された機能を用いて特定のVMに紐づけるようなことを行わなければなりません。

Tintri VMstoreは、VMと仮想ディスクレベルで制御することにより、コンピューティング、メモリ、そしてネットワークリソースと同等レベルの洞察、管理および自動化を管理者にもたらします。Tintri VMstoreは、どの仮想マシンがアクティブであるかをデータストア上で確認するために、VMware vCenter™ Server APIとネイティブに連携しています。VMstoreは、サイズ、I/Oスループット、リソース使用率などのVM単位や仮想サイズの統計情報を収集して報告します。管理者は、リソース消費の原因になっているVMや仮想ディスクを発見したり、仮想マシンのパフォーマンスがどのように出ているのかを瞬時に確認するとができます。

安定したパフォーマンス

Tintri VMstoreシリーズは、仮想マシンの要求とアクセスパターンをサポートするため、ゼロから設計されています。従来のNFSサーバーは、アプリケーション、ファイルサイズ、メタデータ操作、そしてストリームベースでの読み込みや書き込みといった広範囲の処理を行っています。これらは、個々のVMを区別してI/Oするために設計されたものではありませんでした。これとは対照的に、Tintri VMstoreは、I/OアクティビティとVM抽象化間で密接に連携しています。仮想化での負荷の大部分は、大容量ファイルへのブロック整列された読み取りと書き込みアクセスです。Tintriファイルシステムは、マルチギガバイトからマルチテラバイトの仮想ディスクを効率よくサポートすることで、多くの読み取りと書き込みを並行で効率的に処理します。

高可用性

Tintri VMstoreシリーズのデュアルコントローラ冗長アーキテクチャは、高可用性と信頼性で企業のIT環境に対する要求にお応えします。この仕組みにより、VMstoreシステムアーキテクチャにおける単一障害点を排除します。したがって、VMは障害の影響を受けず、稼働を継続できます。VMstoreシリーズの基盤となるアクティブ・スタンバイ デュアルコントローラアーキテクチャーは、Tintriファイルシステムのコンピューティングリソースを2系統に独立させた完全な冗長化構成を提供します。外部あるいは内部でハードウエア障害が発生し、一方でリソースが使用できなくなっても、もう一方が処理を継続します。

VMware VAAI 統合

Tintri NFS VMware vStorage APIs for Array Integration (VAAI) プラグインは、VMware Readyとして認定を受け、すべてのアレイ統合プリミティブをサポートしています。VAAIプラグインは、vSphere クライアント、vCloud Director、そしてHorizon Viewなどの使い慣れたVMwareツールから直接、シームレスなVMレベルのクローン作成機能を提供します。仮想管理者は、VMware管理ツールから、ネイティブかつ容量効率の高いTintri VMstoreクローンを、迅速かつ容易に開始することができます。VAAIクローンプロセスは、Tintriのネイティブクローニング機能を使用することで、クローン化されたVMは容量効率が非常に優れ、高いパフォーマンスを可能にします。固有のデータがシステムに書き込まれるまで、クローンは容量を一切消費しません。また、特許取得済みのTintriフラッシュベースのクローンはパフォーマンス面でも100%効率的であることを保証します。クローンは同一Tintri VMstoreシステム上に保存され、他のVMと同じレベルのパフォーマンスが得られます。

Tintriデータストアは、デフォルトでシン・プロビジョニングされています。VAAIのオプションにおいては、ユーザーへクローンを作成する際、容量を確保するために、シックプロビジョニングを選択できます。Tintri NFS VAAIプラグインは、シック・プロビジョニング(eager zeroed)、シック・プロビジョニング(lazy zeroed)、そして、シン・プロビジョニング(デフォルト)3つすべてのディスクフォーマットをサポートしています。

プリミティブ拡張統計は、特にシン・プロビジョニングのディスクに対して、Tintri VMstore上での容量の使用状況を可視化できるように機能します。

仕様

商品販売元

2015年03月25日公開
(2015年08月10日更新)

※記載の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
詳細は「商標について」をご参照ください。

商品・サービスを探す

キーワード

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top