ネットワーク(構築)

日本初の情報セキュリティ学科で授業・研究用システムを新たに構築
最先端の設備を多数導入してセキュリティ専門家の育成を目指す

2017年05月17日公開

長崎県立大学様

長崎県立大学は、平成28年に学部学科の再編を行い、新たに情報システム学部情報セキュリティ学科(以下情報セキュリティ学科)を設立した。大学教育でセキュリティを専門的に教える日本初の学科であり、専門家として活躍できる優れた人材を育成し、社会や企業が抱えるセキュリティ課題の解決に貢献するとして注目を集めている。学科の新設に併せて授業や研究などで用いる演習用システムとネットワーク環境を新規に構築している。

詳細を読む PDFで読む(PDF: 385.1 KB)

JR西日本の駅構内無線LANを整備し、スマートフォンの利用を開始 ~最終的には約300駅での利用に~

2013年04月05日公開

西日本旅客鉄道株式会社様

JR西日本様では、駅構内に置けるお客様サービス向上を目的に、駅構内無線LANを整備し、業務用スマートフォンの利用を始めました。ユニアデックスは、アルバネットワーク様と2年計画の駅構内無線LAN整備を提案し、まず3駅での設置を完了しました。
詳しくは、アルバネットワーク様が制作した下記事例リーフレットをご覧ください。

NexTalkで読む PDFで読む(PDF: 1.6 MB)

ネットワーク仮想化技術を活用し、高いセキュリティーと利便性を両立

2012年06月06日公開

独立行政法人国立病院機構 呉医療センター様

呉医療センターでは、物理的に2 つに分けて運用せざるを得なかった電子カルテシステム系と情報系ネットワークを仮想化を利用し1つに統合。仮想スイッチで複数スイッチを集約してリソースを有効活用し、コアスイッチには仮想ファイアウォールを導入しきめ細かなセキュリティーポリシーを適用した。

PDFで読む(PDF: 521.1 KB)

ECサイト「ZOZOTOWN」の安定運用と規模拡大に可用性をシンプルに提供

2010年10月29日公開

株式会社スタートトゥデイ様

オーバー10ギガオーダーのトランザクションへの構成変更を視野に、ネットワークのシンプル性と高可用性を両立した「窓口」を導入

NexTalkで読む PDFで読む(PDF: 1.1 MB)

電子カルテ時代、特殊な医療環境でも安定した有線・無線LAN環境を構築

2010年07月15日公開

大分大学医学部附属病院様

電子カルテシステムの全面導入を機に病院LANの再構築を実施した。電子カルテ情報は24時間365日滞りなく提供されなくてはならない。現場でのタイムリーな医療情報の利用で、24時間365日の医療対応力をUP。徹底した事前調査。不具合の原因を開示する姿勢への信頼感で短期間構築。

NexTalkで読む PDFで読む(PDF: 863.9 KB)

QRコードを利用したモバイル生産支援システム

2009年02月25日公開

青柳鋼材興業株式会社様

現場を知ること。素材と加工品の動向を個単位でつかむこと。つかんだデータをリアルタイムに現場に「見える化」すること。オペレーションに欠かせない電話通信基盤を整備すること。この命題の解決が、無線LAN対応型携帯電話の活用にあった。

PDFで読む(PDF: 1.4 MB)

page top