医療関連

個別に構築・運用されていたネットワークを統合し、安全性と利便性を両立する新たな院内ネットワーク基盤を構築

2016年04月04日公開

岡山市立市民病院様

岡山市立市民病院は、平成27年の移転を機に院内システムのICT基盤を一新した。安全性(セキュリティー)と利便性(アメニティー)を両立し、日々の業務を支えるネットワークの構築では、医療分野で豊富な実績を持つユニアデックスの高い企画提案力と対応力が如何なく発揮されている。

詳細を読む PDFで読む(PDF: 386.5 KB)

医療情報の総合ポータルを構築し、診療科を超えた、情報共有・連携で、利便性と的確な診療の両立を図る

2014年08月06日公開

山口県厚生農業協同組合連合会 長門総合病院様

長門総合病院では、電子カルテシステムの更新に当たり、すべての院内システムの情報を集約して一画面上で閲覧できるシステムを構築。診療科を超えた情報共有を図ることで、業務の効率化と医療サービスの高度化の両立を実現している。

詳細を読む PDFで読む(PDF: 1.2 MB)

新しい電子カルテシステム構築と仮想環境の実現を、Cisco UCSとCisco Nexusスイッチで実現

2014年06月26日公開

長野中央病院様

長野中央病院は、Cisco Unified Computing System(Cisco UCS)とCisco Nexusスイッチ、高速ストレージを組み合わせて、新しい電子カルテシステムの運用基盤を構築。高機能化した電子カルテシステムを仮想環境上で動かし、安全な医療の提供を支えている。

詳細を読む PDFで読む(PDF: 752.7 KB)

ITインフラの統合保守をアウトソースして、医療の安心・安全のさらなる向上を実現

2014年06月09日公開

社会医療法人中信勤労者医療協会 松本協立病院様

松本協立病院では、IT機器の障害一次切り分けやIT資産管理とIT運用管理をユニアデックスにアウトソーシング。ITに関わる人材活用の効率化とコスト削減を図るとともに、より変化に強いITインフラの実現を目指している。

詳細を読む PDFで読む(PDF: 789.0 KB)

病院内全域でネットワークを統合し無線LANも敷設 組織横断的な情報活用を可能にする基盤を確立

2013年11月05日公開

杏林大学医学部付属病院様

チームワークによる質の高い医療を実践し、地域の安心・安全に貢献し続けている杏林大学医学部付属病院。ここでは組織横断的な情報共有・活用を実現するため、ネットワーク基盤の刷新が行われています。
※本事例は、2013年にネットマークスとして制作したもので、内容などは当時のものです。

PDFで読む(PDF: 403.9 KB)

患者の情報を共有しチーム医療の強化を実現

2013年01月21日公開

国家公務員共済組合連合会 呉共済病院様

呉共済病院では、患者への良質な医療と看護を実現するためにチーム医療の強化と患者とのコミュニケーションの促進に力を入れている。そのための必須のツールとなっているのが、電子カルテシステムと連動した「医療看護支援ピクトグラムシステム」である。

NexTalkで読む PDFで読む(PDF: 647.8 KB)

ワイヤレス化と仮想化で医療情報システムを変革 ネットワークの全体最適化を実現、利用者の利便性も向上

2012年11月27日公開

福井大学医学部附属病院様

「最高・最新の医療を安心と信頼の下で」という理念を掲げ、地域医療の充実に貢献し続けている福井大学医学部附属病院。ここではワイヤレス化とクラウド化によって、病院情報システムの変革が行われています。
※本事例は、2012年にネットマークスとして制作したもので、内容などは当時のものです。

PDFで読む(PDF: 389.2 KB)

医療現場のあらゆる情報を集約し有効活用可能に 基盤となるネットワークも統合、無線LANも積極活用

2012年10月26日公開

帝京大学医学部附属病院様

「患者そして家族と共にあゆむ医療」を理念に掲げ、利用者が満足できる医療を提供し続けている帝京大学医学部附属病院。ここでは2009年に医療情報システムの刷新が行われています。その最大の特長は、医療活動に関する情報をクリニカルデータリポジトリに集約し、医療情報の有効活用やアクティビティの分析を可能にしている点にあります。
※本事例は、2012年にネットマークスとして制作したもので、内容などは当時のものです。

PDFで読む(PDF: 418.6 KB)

利用者視点でのICT活用で医療と介護の融合を目指す

2012年06月06日公開

社会医療法人 高橋病院様

地域リハビリテーション病院として、ICTを積極的に活用してきている同病院は「地域見守りサービス事業」を開始。医療と介護の融合、そしてその先に見据える「生涯カルテ」の実現に向け新たな一歩を踏み出した。

NexTalkで読む PDFで読む(PDF: 601.1 KB)

ネットワーク仮想化技術を活用し、高いセキュリティーと利便性を両立

2012年06月06日公開

独立行政法人国立病院機構 呉医療センター様

呉医療センターでは、物理的に2 つに分けて運用せざるを得なかった電子カルテシステム系と情報系ネットワークを仮想化を利用し1つに統合。仮想スイッチで複数スイッチを集約してリソースを有効活用し、コアスイッチには仮想ファイアウォールを導入しきめ細かなセキュリティーポリシーを適用した。

PDFで読む(PDF: 521.1 KB)

page top