IT資産管理ソフトウエア「ADMi-21® バージョン5.1」にITIL準拠のサービスレベル管理機能を追加

ニュースリリース

2006年05月01日

 ユニアデックス株式会社(本社:東京都江東区、社長:高橋 勉、以下 ユニアデックス)は、ITIL(注1)の管理プロセスに則して運用管理基盤を構築するIT資産管理ソフトウエア「ADMi-21 バージョン5.1」に、新たにシステムの稼働状況を管理する「サービスレベル管理オプション」を追加し、本日から販売および出荷を開始します。

 「ADMi-21」シリーズは、企業に設置しているパソコンやサーバー、各種ソフトウエアの導入状況などIT資産の全体像を一括して捉え、効果的な運用管理に結びつけるシステムとして販売してきました。

最新の「バージョン5.1」(2005年10月発売)では、ITILで定義されている管理プロセスに則した「構成管理機能」「インシデント管理機能」「問題管理機能」「変更管理機能」「リリース管理機能」などを搭載してきましたが、今回はさらに「サービスレベル管理オプション」として「キャパシティー管理」や「可用性管理」などのサービスレベル管理機能を追加し、IT利用に関わるユーザーの効率化を促進していきます。

「サービスレベル管理オプション」の主な特徴は以下のとおりです。

1.システムの稼働状況を評価して、管理者へ報告

ITサービス提供者とユーザーの間で交わされたサービスレベル合意文書(以下SLA:Service Level Agreement)に明示されている項目と目標値、あるいはユーザー自身が設定した目標値に対して、システムがどのように稼働しているかを評価し、管理者に報告する機能が組み込まれています。
例えば、CPUやハードディスクなどの稼働状況を管理する「キャパシティー管理」、平均障害間隔・平均復旧時間などを管理する「可用性管理」などであり、ユーザーはこれらが目標値どおり稼働していない場合に生じる無駄なコストや時間・問題点などを早期に発見し改善に結びつけることができます。

2.SLAの合意項目や目標値などの設定が容易

通常SLAは、ユーザーにより合意項目も目標値も千差万別ですが、「サービスレベル管理オプション」に備わっているITILに準拠したテンプレートを利用することで、ユーザー自身が自社に適合した設定を簡単に行うことができます。

「ADMi-21バージョン5.1」は、367万5,000円から、なお、本オプションのみの価格は、105万円(いずれも税込み)です。
ユニアデックスでは、ITILベースのコンサルティングとともに、ユーザー企業の運用管理業務の効率化を一層支援していきます。

《ご参考》「ADMi-21」シリーズの主な機能(ITIL関連)

*注1:ITIL(IT Infrastructure Library)
英国政府OGC(Office of Goverment Commerce)が作成したITサービス管理のための体系づけられたフレームワークで、運用管理を効率化するベストプラクティスが網羅されている。
ITILを適用してのITプロセスの設計・構築によって、サービスを提供するITベンダーとユーザー双方にとってサービス管理を明確化でき、変化に柔軟に対応できる高品質なプロセスを低コストで実現できる。

※ニュースリリースの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のニュースリリース

2006年の
ニュース

新着ニュース

page top