既存APを手間なくSaaS化しユーザーの新たな要望に対応 「AP配信サービス事例紹介 日本生工技研様」

お知らせ

2011年04月06日

ビデオ映像を活用していたこともあり、Webアプリケーション化が難しかったWindowsアプリケーションのタイムプリズム。

日本生工技研では、ユニアデックスのクラウド型AP配信サービスを活用し、手間もコストもかけずにSaaS化を実現。

評価の高かった作業カイゼンツールに、SaaSのメリットが加わり、顧客層の拡大とユーザーの利便性が向上した。

初期導入コストの削減をしたい、Web化が難しいWindowsアプリケーション、Web化するだけではSaaSは実現できないといった導入前の課題。
導入後は、ほぼプログラム変更なしにSaaS化を実現、柔軟なAP配信の仕組みでレスポンスも問題なし、確実なプログラムアップデートも可能に、といった効果が。

日本生工技研様事例の詳細は、下記のリンク先からご覧ください。

ユーザー事例

※お知らせの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のお知らせ

2011年の
ニュース

新着ニュース

page top