日本ユニシス、ユニアデックス 移設や保守まで手間いらずの「ラックハウジングサービス」提供開始

- 堅牢性、安全性を確保した都市型データセンターでサービス提供 -

ニュースリリース

2011年08月31日

 日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、社長:黒川 茂、以下 日本ユニシス)とユニアデックス株式会社(本社:東京都江東区、社長:入部 泰、以下 ユニアデックス)は、機器の移設作業やマルチベンダー保守、回線工事などをワンストップで提供し、併せてTCO(注1)削減も期待できる「ラックハウジングサービス」を9月1日から提供開始します。

 「ラックハウジングサービス」は、ラック使用料、電気固定料金(3kVA)、基本運用をパッケージング化して提供します。また「ラックハウジングサービス」は、「地震に関する地域危険度測定調査」(注2)にてAAA評価(危険度の低い地域)とされている東京都内のエリアに、JDCC(注3)のTier3およびTier4の主項目、FISC(注4)の安全対策基準(設備基準)に準拠している都市型データセンターを新たに稼動させ、堅牢かつ信頼性の高いサービスを提供します。

 またオプションとして「ラックハウジングサービス」では、単なる機器の移設だけでなく、ユニアデックスが行う24時間365日の運用サービスや、ハウジングサービス利用開始時に利用者自身がしなければならない煩雑な処理、移設運送手配、回線の移設・増新設といった複数の業者への手配や経費処理まで取り纏めて行うワンストップサービスを用意しています。これによりスムーズな移設が可能な上、利用者にとって移設に伴う面倒な作業が不要となります。

「ラックハウジングサービス」の特徴は、下記のとおりです。

  1. シンプルな料金設定
    ラック使用料、電気固定料金(3kVA)、基本運用をワンパッケージとし、シンプルな料金体系(初期費用+月次費用)で提供します。
  2. 手間のいらないワンストップサービス、それに伴うTCOの削減
    ラックへの据付、電源工事、運用など基本的なサービスに加え、オプションサービスとしてハードウエア・ソフトウエアのマルチベンダー保守、運用、回線、移設、ライフサイクルマネジメント、サーバー統合、仮想化などがワンストップで提供可能となっており、利用者の手を煩わせることがありません。またワンストップサ-ビスに伴い、TCOの削減が期待できます。
  3. 駆けつけ「ゼロ分」対応
    機器の保守契約により、データセンターの常駐エンジニアとマネージドサービスセンターとの連携で、故障機器の診断、修理・交換まで、短時間の対応も可能としています。

 日本ユニシスとユニアデックスは、「ラックハウジングサービス」とそれに伴うサービスにて、今後3年間で80億円の販売を計画しています。

以上

■ ご利用イメージ図

ラックハウジングサービス ご利用イメージ図

注1:TCO(Total Cost of Ownership)
情報システムの導入、維持管理など係る費用の総額をあらわしたもの

注2:「地震に関する地域危険度測定調査」
地震に強い都市づくりの指標とするため、東京都により地域の危険度を科学的に測定調査したもの

注3:JDCC(Japan Data Center Council)
特定非営利活動法人日本データセンター協会

注4:FISC(The Center for Financial Industry Information Systems)
公益財団法人金融情報システムセンター

■関連URL:
日本ユニシス アウトソーシングサービス http://www.unisys.co.jp/outsourcing/
ユニアデックス ラックハウジングサービス http://www.uniadex.co.jp/service/rackhousing/

※記載の会社名および商品名は、各企業の登録商標または商標です。

※ニュースリリースの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のニュースリリース

2011年の
ニュース

新着ニュース

page top