ユニアデックス、サイオス クラウド上のLinux高可用性分野で協業を強化

- U-Cloud® IaaS環境におけるLifeKeeper®の提供開始 -

ニュースリリース

2014年10月10日

 ユニアデックス株式会社(本社:東京都江東区、社長:入部 泰、以下 ユニアデックス)とサイオステクノロジー株式会社(本社:東京都港区、社長:喜多伸夫、東証マザーズ:3744、以下、サイオス)は、クラウド上のLinux高可用性分野において急増する企業からの要望を解決することを目的として、これまでの協業関係を一層強化します。

 日本ユニシスグループが提供する「U-Cloud IaaS」環境において、可用性を高めるサイオスのLinux用HA(High Availability)クラスター(注1)ソフトウエア「LifeKeeper for Linux」の利用を望む声が、多くのお客さまより寄せられていました。
 ユニアデックスとサイオスは、そのようなお客さまからの要望を受け、「U-Cloud IaaS」環境における「LifeKeeper for Linux」の利用を可能にしました。

 両社は、「U-Cloud IaaS」環境における「LifeKeeper for Linux」の動作検証を共同で実施し、正常に稼働することを確認しました。また、今回の動作検証の結果と構築ノウハウの詳細な情報を「LifeKeeper製品とU-Cloudの動作検証レポート」として無償で公開します。
 本レポートは「LifeKeeper for Linux」を「U-Cloud IaaS」環境で稼働させるための、HAクラスターシステム構築について、事前準備からインストール、設定まで順を追って解説しており、これをもとに実際に構築が行えるハンズオンマニュアルとして利用することが出来るようになっています。

 「U-Cloud IaaS」環境で「LifeKeeper for Linux」を適用することにより、クラウド環境でもより高い可用性で企業システムを構築することができるようになります。また、昨今、企業システムの仮想化やクラウド化が急増するなか、従来のシステム運用とは異なる運用要件が発生し、お客さまの運用負荷が高まるケースも増加していますが、「LifeKeeper for Linux」によるアプリケーションレベルの障害検知と自動復旧機能により運用負荷を軽減することができます。

 ユニアデックスとサイオスは、今後も「U-Cloud IaaS」環境下での「LifeKeeper for Linux」によるシステムの高可用性実現にとどまらず、ユーザー企業の負担を軽減し、ビジネススピード向上に貢献する有益な技術情報や連携ソリューションを提供していきます。また、Iaas基盤、HA基盤(注2)、ミドルウエアの分野においてもさらに協業を強化し、先進的なユーザー企業のクラウド推進を積極的に支援します。

「LifeKeeper for Linux とU-Cloudの動作検証レポート」

「LifeKeeper for Linux」と「U-Cloud IaaS」の組み合わせで実際に行った動作検証をまとめた導入ガイドで、事前準備からインストール、設定までの構築が行えるハンズオンマニュアルです。

以上

注1:HA(High Availability)クラスター
サーバーの可用性を目的とし、同一システムを複数台のサーバーで構成し、冗長性を持たせた構成のことです。

注2:HA基盤
HA(High Availability)クラスター構成がとられている基盤のことです。

「U-Cloud IaaS」について

「U-Cloud IaaS」は、日本ユニシスグループが提供する企業向けエンタープライズ・クラウドサービスです。企業情報システムの基盤となるサーバー、ストレージ、ネットワークリソース、デスクトップを「必要な時に、必要なだけ」利用していただけます。

「LifeKeeper for Linux」について

LifeKeeperはシステムの障害を監視し、障害時に業務を引き継ぐHAクラスター機能、データをリアルタイムに複製するデータレプリケーション機能、仮想環境上のアプリケーション障害を復旧する機能により、ITシステムにおける事業継続を実現します。

【ユニアデックスについて】
1997年設立。日本ユニシスグループの「インフラトータルサービス」企業です。ICT基盤構築・運用・保守、設備設計・工事などを、ベンダーを問わず高い顧客満足度で提供しています。サーバー、ネットワーク、デバイスなどを統合的に取り扱い、ICTインテグレーション、システムマネジメント、ファシリティー、保守サポート、グローバル対応、さらに複数のクラウドサービス利用を支援する「クラウドフェデレーションサービス」などを軸に、多様なソリューションとサービスメニューで支援しています。また、ユニファイド・コミュニケーション、グローバル対応などで実績を持つ、日本ユニシスグループのネットマークスと2014年3月1日合併統合しました。

【サイオステクノロジーについて】サイオステクノロジーは、1997年の創業以来、Linuxに代表されるオープンソースソフトウエア(OSS)の開発と利用を軸に、OS(基本ソフトウエア)からWebアプリケーションソフトウエアにかかわる事業を推進しています。また、クラウドコンピューティング分野でも、OSSの利活用を通じて、最先端のシステムを提供しています。これからも革新的なソフトウエア技術を追求し、世界のIT産業に影響力のある存在、「インフルエンサー」となって価値を創造し、社会の発展に貢献してまいります。

※U-Cloudは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。
※LifeKeeperは、SIOS Technology Corp.の登録商標です。
※Linux は、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
※その他記載の会社名および商品名は、各社の商標もしくは登録商標です。

※ニュースリリースの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のニュースリリース

2014年の
ニュース

新着ニュース

page top