企業内環境と複数のクラウド環境をセキュアなネットワークで接続するサービス「ダイレクトコネクションサービス」を提供開始

ニュースリリース

2014年12月11日

 ユニアデックス株式会社(社長:入部 泰、本社:東京都江東区、以下 ユニアデックス)は、社内システムの延長としてクラウドを活用したいというニーズに対応するため、「企業内ネットワーク」と「複数のクラウド環境」をセキュアなネットワークで接続する「ダイレクトコネクションサービス」を、本日から提供開始します。

 ユニアデックスは、お客さまのICT環境最適化を実現するために、「クラウドがつながる・クラウドがみえる」ことをコンセプトとした「ユニアデックスが考えるクラウドフェデレーション」を、2014年10月に発表しました。本サービスは、クラウドフェデレーションの【つながる】を実現するサービスの一つです。

 本サービスは、「企業内ネットワーク」と「複数クラウド環境」を閉域網(注1)でつなぎあわせ、一つのセキュアなネットワーク環境を構築するものです。これにより、お客さまは利用したいクラウドが増えるごと、個々にクラウドへの接続環境を準備する必要がなく、簡単に複数クラウドとの接続が可能となります。お客さま自身が回線を敷設することなく、月額単位で簡単に利用できるサービスです。

 閉域網と複数のクラウドとの接続(クラウド接続回線)には、株式会社NTTPCコミュニケーションズが構築したIP-VPN(L3:レイヤー3)(注2)の回線を利用します。お客さま拠点から閉域網への接続(アクセス回線)には、同社のMaster'sONE® セキュア・インターネットVPN-HighSpeed(注3)を提供します。
 さらに、お客さま拠点からNTT東日本・NTT西日本の「フレッツ光ネクスト®」の利用により、全国各地から接続ができます。なお、本サービス開始時には、アマゾン ウェブ サービス(以下 AWS)との接続を可能にし、順次、複数のクラウド環境との接続を提供していきます。本サービスは、月額59,000円(税別)から利用できます。

 また、本サービスは、日本ユニシスグループのクラウド基盤である「U-Cloud® IaaS」からの利用もでき、AWSを始めとしたさまざまなクラウドと接続し、ワンストップでハイブリッドクラウド環境の提供が可能となります。

「ダイレクトコネクションサービス」概要図

※お客さまが、アクセス回線として「フレッツ光ネクスト ファミリータイプ」を用意した場合の利用料です。また、別途、初期費用が必要です。

以上

注1:閉域網
インターネットから分離されている、外部から直接アクセスできないネットワークです。
注2:IP-VPN(L3:レイヤー3)
閉域網に構築され、論理的に他の契約者のネットワークから分離されている、私設ネットワークです。
注3:Master'sONE セキュア・インターネットVPN-HighSpeed
株式会社NTTPCコミュニケーションズが提供するベストエフォート回線を利用したIP-VPNサービスです。クラウド利用に適した広帯域・低遅延なVPNサービスとして提供しています。

【エンドースメント】
「ダイレクトコネクションサービス」の発表に当たり、以下のコメントをいただいています。

株式会社NTTPCコミュニケーションズ
ネットワーク事業部 事業部長
天野 祥行 氏

NTTPCコミュニケーションズは、ユニアデックス社が弊社のMaster'sONEを利用した「ダイレクトコネクションサービス」を提供開始することを歓迎します。このたび発表された「企業内環境と複数のクラウド環境がセキュアにつながるサービス」では、ユニアデックス社の高い技術力によってオンプレミス環境とクラウド環境をセキュアにつなぎ、ワンストップでお客さまへの提供が可能になると確信しております。NTTPCコミュニケーションズは、ユニアデックス社とのパートナーシップのもと、多くのお客さまのビジネス成長に貢献できるよう支援してまいります。

※U-Cloudは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。
※フレッツ光ネクストは、NTT東日本およびNTT西日本の登録商標です。
※Office 365、Exchange、SharePoint、Lyncは、日本マイクロソフト株式会社の商標または登録商標です。
※Master'sONEは、株式会社NTTPCコミュニケーションズの登録商標です。
※Microsoft、Windows、Azureは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
※Salesforceは、Salesforce.com,inc.の商標です。
※その他、記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

※ニュースリリースの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のニュースリリース

2014年の
ニュース

新着ニュース

page top