カルソニックカンセイ、ユニアデックス 次世代IT基盤を見据え、新アーキテクチャープラットフォーム 「Cisco DNA」を用いた共同実証実験を国内で初めて開始

― 「SD-Access」を活用し、これまで困難であったIT基盤の自動化を検証 ―

ニュースリリース

2017年06月30日

 カルソニックカンセイ株式会社(本社:埼玉県さいたま市、社長:森谷 弘史、以下、カルソニックカンセイ)と、ユニアデックス株式会社(本社:東京都江東区、社長:東 常夫、以下 ユニアデックス)は、米国シスコ社の「Cisco DNA(注1」を用い、カルソニックカンセイの次世代IT基盤を見据えたネットワークの最適化とIT運用効率化の実証実験を7月から実施します。なお、Cisco DNAによる「SD-Access(注2」の実証実験は、国内初の取り組みとなります。

 現在、サーバー仮想化やSDN(Software Defined Network)の分野においては、データセンターネットワークやクラウドネットワークが先行しており、設定・管理の自動化・高度化利用が日々実現されています。その一方で、ヒトとモノが複雑化する企業内ネットワーク(LAN)の自動化は非常に難しく、ネットワークごとに管理手法が異なります。また、従来のネットワークにおける問題は、機器それぞれが自律的に動作するため、ネットワーク環境の構築・運用において、管理者の属人性と通信機器ごとの初期投資と管理負担が高くなります。

 今回両社が実証実験する「Cisco DNA」では、ヒトとモノのネットワークを統合的に管理するため、安全なネットワーク環境を構築することができます。また、固定化されがちであった企業内ネットワークにおいて、仮想化・自動化を実現する機能を備えています。これらの機能による業務効率の向上と運用コストの削減が、本実証実験において期待される効果となります。

 また、両社は、次世代IT基盤の実証に「Cisco DNA」のネットワークソリューション「SD-Access」を採用します。これにより、従来、設計・設定が個別対応であった企業内ネットワークが統合されたネットワークとして一元管理でき、常にIT基盤の最適化を維持できているか検証します。

 カルソニックカンセイは、グローバル経営を進展させ、日々変化を続ける世界経済・社会にしなやかに対応していくうえで、今回の共同実証実験の成果が、海外拠点も含めた情報環境の一層の充実につながっていくものになると期待しています。

 ユニアデックスは、共同実証実験で得られた知見をもとに「Cisco DNA」を核とした次世代ネットワークソリューションの提供を推進していきます。ネットワーク環境の構築・運用の自動化とそれによる運用コストの削減より、お客さまのIT環境の最適化と安全な企業内ネットワークを提供していきます。

 今後両社は、今回の共同実証実験のみならず、AIやマルチクラウドの高度な技術の利用においても、積極的にIT活用による社会貢献を推進していきます。

以 上

■「次世代IT基盤」 実装イメージ図
これまでのネットワーク機器ごとに個別の設計・管理であったものが、「SD-Access」では、ポリシー設計になります。従来の設定手法であるCLI(注3)経由から、コントローラ経由(API(注4)経由)が基本動作となります。その効果として、自動化や可視化が容易となり、効率化、迅速化、運用コスト削減を実現します。

1Cisco DNA
米国シスコ社が提唱するCisco Digital Network Architectureの略です。デジタル時代のアーキテクチャープラットフォームのことで、SDN(Software Defined Network)技術を組み合わせた複数のソリューション群から構成されています。

2SD-Access
Cisco DNAにおける企業内のネットワークに特化した最新のSDNソリューションです。ネットワーク管理者は事前にポリシー設計を行うことで、対象機器に設定・管理を自動で反映する機能です。

3CLICommand Line Interface
キーボードからコマンドと呼ばれる命令語を打ち込んで機器を操作すること、またはそのインターフェイスです。

4APIApplication Programming Interface
ソフトウエアの機能を外部から利用するインターフェイスです。

カルソニックカンセイについて https://www.calsonickansei.co.jp
カルソニックカンセイは自動車関連企業で、日本にグローバル本社を、米州、欧州、中国、アジアに統括機能を置き、グローバルネットワークを築いています。さらに、日本、アメリカ、メキシコ、イギリス、フランス、中国、タイ、インドに開発拠点を、そして世界に79の生産拠点を持ち、すべてのお客様に最適供給できる体制を構築、2万人を超える従業員が、国籍を超えて心をひとつにし、魅力ある製品の提供に取り組んでいます。

※記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

※ニュースリリースの内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前後のニュースリリース

2017年の
ニュース

新着ニュース

page top