U-DataExchangeサービス

つなげてデータ連携

U-Cloud®と他基盤間のデータ連携時の課題を解決します。

クラウドサービスの利用が加速し、利用形態や適用領域が多様化する現在、お客様固有のニーズに合わせ、クラウド環境同士、もしくはクラウド環境とオンプレミス環境間のデータを連携することが求められています。このような場合、複数基盤間でデータを連携させる仕組みが必要となり、複雑なプログラム開発が発生し、コストと時間を要していました。

U-DataExchange™サービスは、U-Cloudサービスを利用しているお客様向けのサービスで、データ連携ソフトウエア(U-DataExchange)とクラウド基盤(U-Cloud IaaS)をパッケージ化して提供します。「U-Cloud」サービス環境下にあるシステムと、他の基盤環境にあるシステム間の異なるデータ形式の変換を非常に簡単な操作で可能にし、データ連携を「すばやく」、「簡単に」、「スモールスタートで」利用できます。

U-DataExchange概要イメージ

本サービスが実現する機能

データ連携を行いたいシステム間に、変換元と変換先(データベース、アプリケーション、ファイル、ネットワークなど)に応じた「アダプタ」を用意することで、既存システムに手を加えることなく、データ形式を変換できます。また、データ連携処理やデータ形式の変換処理もGUI操作で簡単に設計できるため、ノンプログラミングにより、データ連携に関わるシステム開発費を大幅に削減できます。

クラウドサービスTOPへお問い合わせ

※記載の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
詳細は「商標について」をご参照ください。

商品・サービスを探す

キーワード

関連ニュース

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top