ビジネスへのAI活用について

~ AIOpsとデジタル化に向けたAIの活用 ~

トピックス

ビジネスへのAI活用

当社では、ITサービスの運用高度化や、お客さまのデジタルトランスフォーメーションを加速するエンジンとしてAI技術を採用しています。
さまざまなデータをビジネスに活用されたい方は是非お問い合わせください。

IT運用の高度化- AIOps

ITインフラ運用のさまざまな課題に対し、AI・機械学習などの技術とデータを活用することで、よりスマートな解決を図ります。

デジタル化へAIを活用

お客さま企業のビジネスにAIやロボットなどの技術を活用、新たなサービスの立ち上げや企業のデジタル化を支援します。

主な事例

AIを活用した当社のプロジェクト事例を紹介します。

時系列数値解析

時系列のログやセンサーデータから今後の状態を予測する事例です。

システム障害予兆検知

サーバーから生成されるログの出力パターンを機械学習で解析することで、閾値監視では見つけられない障害発生前のいつもと異なる状態を検知することができました。

設備異常予測分析

工場設備から生成される大量のセンサーデータを解析し、設備機械で時折発生していた異常停止の発生予測モデルを作成しました。

自然言語処理

自然言語で蓄積された企業内ナレッジを活用する事例です。

建設工事ナレッジ活用

建設工事で想定されるリスクの洗い出し作業について、過去の工事ナレッジデータを自然言語処理技術で分析し、リスクの分類と抽出を支援するAI開発について、建設会社と共同実証を実施しました。

障害対応インテリジェント化

蓄積された過去の障害情報やお問合せ内容を学習し、新たなコール内容から対象製品や障害の原因と対策を推測することが可能になりました。

画像認識

画像から特定の物体を検知して業務改善につなげる事例です。

養豚場における出産予測

母豚のカメラ映像から、出産時期予測と出産検知をすることにより、分娩準備や分娩対応など最適な出産対応が可能となりました。

歩行者天国での危険把握

商店街に設置された防犯カメラ映像から歩行者天国に侵入する自転車を検知。台数計測や速度の推定もでき、効率的な事故防止が可能になりました。

AI導入の進め方

AIの導入は、以下の「企画フェーズ」「PoCフェーズ」「導入フェーズ」で進められます。ユニアデックスでは、各フェーズについてご相談を承りますので、お気軽にお問合せください。

関連する取り組み

未来飛考空間
ユニアデックス『未来サービス研究所』の活動をご紹介します。
5~10年先の情報システムを支えるサービスとは何か?をテーマに市場調査や研究開発を行っています。

2019年04月25日公開
(2019年04月25日更新)
新事業への取り組み

新事業への取り組み一覧

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top