グローバル案件 コミュニケーション術:言葉の大切さとグローバル案件の醍醐味(第2回目)

Global Business Communication: Importance of the words used and the best part of doing global businesses <Column 2nd of 3>

アジアビジネス通信


2021/10/1

ENGLISH

こんにちは。ユニアデックスでグローバルビジネスを担当している三浦です。
第1回は、古い案件の話で恐縮でしたが、異文化を乗り越えたコミュニケーションについてのお話をしました。第2回は「言葉の大切さ」に加え「グローバル案件の醍醐味」についてお届けします。

言葉の大切さ

ユニアデックスでは中国・東南アジア6カ国(以前は7カ国)に海外関係会社があり、私も2005年頃から、海外拠点向けシステム構築・プロジェクト管理業務に携わってきました。中国・東南アジアと一言でいっても、国により気質が異なり、エンジニア個人によっても考え方や優先度のつけ方が異なります(これは日本人でも同じですね)。

どのような言葉や言い回しにビットが立って、どのような表現で伝えればこちらの意図が伝わり、こちらの期待するレスポンスを得られるか?を模索する日々が続いています。
特に、日本には"行間を読む"という言葉があるように、暗黙の了解で言葉を省略していることが多いですよね。high contextという言葉を聞いたことがある方も多いかと思います。それに比べ英文などではlow contextといわれており、主語+動詞+目的語+補語(SVOC 第五文型 懐かしいです)をきちんと伝える必要があります。

また、日本語を話す外国人との会話の場合、ついつい曖昧な日本語での会話になってしまうと、大事な部分が伝わっておらず、あとから認識の齟齬が発生することがあります。こういうことが無いように日本特有の行間に書かれている見えない文章を表に引っ張り出して、主語・述語をきちんと伝える努力をしています。おかげさまで日本語がずいぶん上手になった気がします(笑)。

例えば、「海外の人には何度言っても伝わらないです。毎回違う内容の返事が返ってきてしまいます。」など、課題を抱えている人がいるとすれば、「相手に合わせて伝わる表現できちんと伝えていますでしょうか?」「行間に見えない言葉が置き去りにされていませんでしょうか?」「今一度送付したメールや文章を客観的に見てみては。」とアドバイスさせてください。
相手の立場にあった表現を使うことで、よりコミュニケーションが良くなりストレスが解消されると思います。

グローバルビジネス コミュニケーション術①

コミュニケーションをとって、チームの一員に。前列右から3人目が筆者。

グローバル案件の醍醐味

グローバルプロジェクト遂行にあたり、異文化を超えた過酷な調整や苦労が必要な一方で、「このような業務に就かないと絶対に訪れなかった国や地域に行くことができる。」というのもグローバル案件を行う醍醐味の一つです。案外、モチベーションになっています。当然現地に行けば、そこの空気に触れ、そこで生活している方ともコミュニケーションが取れます。
例えば、

などなど、なかなか面白いです。

グローバルビジネス コミュニケーション術②

タイのゴールデントライアングル。タイ・ミャンマー・ラオスの国境地帯にて。
ネットマークス現地スタッフと共に。久しぶりにどきどきする場所に行きました。(右:筆者)

もし行きたい国があれば、その国向けのプロジェクトを立案して、お客さまを探して案件獲得するといった裏技もありです。その国のソリューションを他国に展開するといった二枚抜きのようなアイデアも良いと思います。

一つの案件で、韓国・中国・オーストラリア・アメリカ・イギリス・ドイツなど複数カ国に出張したこともありました。同僚は米国からイギリスに渡ったことがありました。これらは貴重な経験で、日本の空港以外の発着便を使うことはなかなかありません。私は、最終的には世界1周して帰ってきたのですが、頑張ったご褒美ですね。

グローバルビジネス コミュニケーション術③

時にはこんなことも。フランクフルトの空港でストライキ発生。
結局その日は飛行機が飛ばず急遽フランクフルト市内で一泊。出張が一日延びました。

グローバルビジネス コミュニケーション術④

おかげさまで、ドイツ文化を堪能できました。

第1回のコラムにも書きましたが、最近はコロナ禍によるニューノーマルな活動が定着し、実際に海外現地に出向くことは皆無となっています。中国・東南アジアのスタッフとはWeb会議をしているため、コミュニケーションをとる時間は確保していますし、逆に会話する時間は増えています。ただ、いままでの貯金があるため、現地スタッフとの信頼関係は継続していますが、Web会議では、発言が一方方向になりがちですので、今まで以上に気を付けています。お互いの表情もよくわからないですし。新しいスタッフとのつながりや、新しいお客さまとの関係は、実際に会って会話をしながら築いていく必要があると思っています。
もうしばらくの我慢ですね。

ユニアデックス 三浦 昌弘 / Mashiro Miura UNIADEX

三浦 昌弘(Masahiro Miura)

2002 年株式会社ネットマークス(現ユニアデックス株式会社)入社。サービスプロバイダ事業部にて、通信キャリア向け伝送装置の販売、プロジェクト管理を行う。2008 年国際事業部にて、東南アジアにおけるICT インフラ構築プロジェクト管理を行い、グローバル拠点IT運用アウトソースプロジェクト管理、中国・東南アジア向けPC端末展開案件管理などを行い、現在に至る。

次の記事

前の記事

                      


関連コンテンツ

グローバルICTサポートサービス


ご意見・ご感想やグローバルサービスへのご質問など「お問い合わせ」からお気軽にどうぞ!


ENGLISH

Global Business Communication: Importance of the words used and the best part of doing global businesses <Column 2nd of 3>

Greetings, this is Miura of UNIADEX, Ltd. I am in charge of handling global businesses at my company.
For the 1st blog article, I wrote about the experience I had a while ago to talk about the communications over different cultures.
For this 2nd article today, I would like to talk about the "Importance of the words used" and "The best part of doing global businesses".

Importance of the words

UNIADEX, Ltd. has subsidiary/related companies in over 6 different Asian countries and in China (used to be 7 countries before). I have therefore been involved with the overseas system deployment and project management businesses with them since 2005.
While the word "China and the Southeast Asia" is often said as if one set of groups, the characteristics differ greatly between the countries. Of course, the individual engineers have their own way of thinking and how they prioritize things (I know this is also same for the Japanese).

So, I continue to search on what kind of words and phrases catch their attention the most. I keep searching what kind of expressions will relay my intentions and receive the expected responses.
We often talk about "reading between the lines" in Japanese. A Japanese like me is likely to omit words expecting the implicit assumptions being made. I know you have heard the word "high context" before. In comparison, English is said as "low context" which means we must clearly define the Subject + Verb + Object + Compliment (SVOC) in the sentences we use (my school days memories!)

When a Japanese speaks with people outside of Japan, we must be careful not to fall back on using the ambiguous Japanese way of speaking. If not careful, we will miss the point of our conversation & it will result in having some gaps in our understandings later on.
So, I try my best to pull out the words hidden between the lines as well as to clarify the subject and the predicate within a sentence. This practice actually improved my Japanese!

I often hear my colleagues say [No matter how many times I try communicating with people overseas, they don't understand my message & the replies always come back different.]
My advice will be to objectively check the e-mails/sentences sent to see "if there are any words being left out between the lines".
By using the expressions matching their point of view, the communication will improve and the stress will be minimized.

グローバルビジネス コミュニケーション術①

I am the third from the right on the 1st row - being a part of the team with communication.

The best part of doing global business

While the management over the various cultures can be pretty harsh, the best part of doing these global businesses is being able to go to the countries and the areas I would never have had a chance to visit. Surprisingly, this is becoming my motivation to do the business. By going abroad to the site, I feel "the air" (the atmosphere) and I get to communicate with the people living there.

For example, I had a chance to visit places like:
・ Very rural & outback areas of Thailand and Vietnam - this is the kind of places only the backpackers and frequent world travelers go last.
・ Industrial Park which is located exactly the opposite direction of the tourist spots and the famous beaches from the airport.
・ Undeveloped land beyond a jungle where the mobile connection is not even available.

Very interesting, isn't it?

グローバルビジネス コミュニケーション術②

Golden Triangle located at the boarder zone of Thailand, Myanmar, Laos with the local staffs of Netmarks Thailand. Exciting! (I'm on the far right)

If there are any country you wish to visit, one of the ideas is to propose a business in that country, find a client and start the project. You can also start another project in parallel introducing the solutions available in that country.
I had an experience of visiting multiple countries such as Korea, China, Australia, the United States, England and Germany in one single project. My colleague had a project which required him to travel directly from the United States to England without coming back to the hometown first. These experiences are very rare for us for not using the airports in Japan. Working hard resulted in a treat for me to be able to travel around the world in a circle.

グローバルビジネス コミュニケーション術②

Sometimes, unexpected things happen. There was a strike at the Frankfurt airport & I unexpectedly ended up staying in Frankfurt that night which extended my business trip.

グローバルビジネス コミュニケーション術④

Thanks to the situation, I got to enjoy the German culture.

As I also mentioned in the 1st blog article, I had no chance of going abroad recently due to the COVID-19 situation.
Instead, we have online meetings with the staffs in China/Southeast Asia to secure our communication. We are actually speaking with each other more than ever.
Fortunately, we have the relationship built together with the local staffs; however, I am being extra cautious as the online meetings are likely to result in one-way talks without many interactions. The facial expressions are harder to be read as well.

I believe we must meet in person to connect and build relationships with the new staffs and the new clients.
For this, a little more patience seems to be needed.

masahiro miura

Masahiro MIURA

Joined Netmarks Inc. (currently, UNIADEX, Ltd.) in 2002. Sold transmission units for the communication carriers and provided project management under Service Provider Business Division. Managed ICT infrastructure deployment projects for the Southeast Asia region under Global Business Division in 2008. Also managed outsourcing projects for IT management of the global locations and PC unit deployment project management for China and Southeast Asia.


Feel free to send any questions or comments by clicking the "Contact" button below.

2021年10月01日公開
(2021年10月29日更新)
新事業への取り組み

新事業への取り組み一覧

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top