グローバル案件 コミュニケーション術:いままでに出会った素敵な言葉(第3回目)

Global Business Communication: The extraordinary word I encountered <Column 3rd of 3>

アジアビジネス通信


2021/10/8

ENGLISH

こんにちは。ユニアデックスでグローバルビジネスを担当している三浦です。
第1回は、「異文化を乗り越えた」コミュニケーションについて、第2回は、「言葉の大切さ」に加え「グローバル案件の醍醐味」についてご紹介しました。最終回の第3回はすこし視点を変えて、「いままでに出会った素敵な言葉」についてお届けします。

セレンディピティー いままでに出会った素敵な言葉

娘のとある大学説明会の時に出会った言葉ですが、"セレンディピティー (serendipity)"という言葉を一瞬で好きになりました。

「求めずして思わぬ発見をする能力」
「思いがけないものの発見」
「運よく発見したもの」
「偶然の出会い」
という意味の言葉ですが、裏の意味として、

「すべては必然によるもの」
という意味があるとのことです。

「運よく発見したもの」も、それを探そうとさえしていなければ発見できません。
「偶然の出会い」も、そこに行かなければ、一歩踏み出さなければ、出会うことはなかったでしょう。
行動を起こした時点で、それは必然なのです。

なるほど。一歩踏み出すこと、行動を起こすこと。グローバルビジネスにも通じる言葉で、とても好きな言葉になりました。セレンディピティーという言葉、造語のようですね。深く調べてみると面白いと思います。

まさに、グローバル案件は自分で一歩踏み出さないと始まらないと思います。それは、まだまだ必須ではないからです。国内案件で手一杯の方も多いと思います。一歩踏み出し、グローバル案件を行うことで、新しい出会いや新たな経験を体験していただきたいと思いながら、現在はグローバル案件管理業務をメイン、ときどき担当といった業務を行っています。
行ったこともない国でのシステム構築、会ったこともない人との共同作業、異なる言葉や文化による戸惑いなど、心配しだしたら尽きることはありません。先人の経験や事前確認による裏づけ、コミュニケーションにより外堀を埋めていけば、中国・東南アジアでのシステム構築は意外と大丈夫なものです。
あとは、serendipityという能力を身につけて、言葉を信じて、一歩踏み出すかどうかです。

グローバル案件 コミュニケーション術:いままでに出会った素敵な言葉(第3回目)

ニューヨークでの出会い。セキュリティー対策。こういった光景も実際足を延ばしてみないと出会わないですね。

グローバルビジネス コミュニケーション術②

ベトナムでの物流事情。バイク利用の利便性を見出すとともに物流ビジネスの可能性とマッチングアプリの必要性に気づきました。

グローバルビジネス コミュニケーション術③

ベトナムのレストランにて。コミュニケーションをとろうと試みたのですが、流石にこれは「Xin lỗi」(シンロイ)(ベトナム語で"ごめんなさい")でした。

おわりに 「情に報いる」それが情報通信

まだまだ、「障害が起こるとわくわくします。どうやって解決方法を探ろうか」といった気質のエンジニアは中国・東南アジアでは少ないです。今回古い話も出してしまいましたが、過去であれコロナ禍の現在であれ、コミュニケーションの重要性は変わらないと思っています。
ストレス無くグローバル案件を完遂するためにも、状況にあった最適なコミュニケーションをとることが最も重要で最適な手段だと思っています。

コミュニケーション=情報通信
「情報とは、情に報いると書く。必ず気持ちが伝わって必ず返ってくるよ」
「そんなシステムを提供しているのだから、自分自身がきちんと伝えられるようしないと」

今回、グローバル案件コミュニケーション術として、コミュニケーションの大切さをテーマに3回にわたってお届けしました。最後までお付き合いいただきありがとうございました。
是非とも勇気をもってグローバル案件を経験していただければと思います。

ユニアデックス 三浦 昌弘 / Mashiro Miura UNIADEX

三浦 昌弘(Masahiro Miura)

2002 年株式会社ネットマークス(現ユニアデックス株式会社)入社。サービスプロバイダ事業部にて、通信キャリア向け伝送装置の販売、プロジェクト管理を行う。2008 年国際事業部にて、東南アジアにおけるICT インフラ構築プロジェクト管理を行い、グローバル拠点IT運用アウトソースプロジェクト管理、中国・東南アジア向けPC端末展開案件管理などを行い、現在に至る。

次の記事

コロナ禍でのネットマークス上海 出向記(第1回目)

アジアリレーブログ(2021/10/15公開)
コロナ禍でのネットマークス上海 出向記(第1回目)

前の記事

                      


関連コンテンツ

グローバルICTサポートサービス


ご意見・ご感想やグローバルサービスへのご質問など「お問い合わせ」からお気軽にどうぞ!


ENGLISH

Global Business Communication: The extraordinary word I encountered <Column 3rd of 3>

Greetings, this is Miura of UNIADEX, Ltd. I am in charge of handling global businesses at my company.
For the 1st blog article, I wrote about the experience I had a while ago to talk about the communications over different cultures.
For the 2nd article, I wrote about "the Importance of the words used" and "the best part of doing global businesses".
For this 3rd last article, I would like to write about "the extraordinary word I encountered".

Serendipity

I encountered this word, "serendipity", at the orientation meeting for my daughter's university & immediately fell in love with the word.

It means:
"The skill to discover surprising things without any intention"
"Discovery of surprising things/elements"
"Things/elements found by a luck"
"Unexpected encounter"

However, the implication of the word I learned is this:
"All things happen inevitably"

Anything you find "by a luck" - you still have to start wanting to find it.
"Unexpected encounter" - you still have to get there (take the first step) to encounter it.
The moment you take an action, that becomes inevitable.

I found this very interesting.
To take a step. To make an action.
This also relates to conducing global business & it became one of my favorite words.

Taking the very first step "yourself" is truly inevitable to do any business globally.
In Japan, working globally is not yet so mandatory & many of you may be too busy dealing with the domestic projects.
As I often manage the global projects and even become the owner of the project sometimes, I'm hoping that you also have the chance to experience the new encounters and experiences by doing business globally.

System deployment at a country you've never been before, working with people you've never met before, confusions made by different languages and cultures... there are so many elements you can be worried about.
However, with the predecessors' experience/knowledge and by making prior confirmations along with having a good communication can easily lead you to a successful system deployment in China/Southeast Asia.
The only thing needed then is to have a skill called "serendipity", believe in the word, and take the first step.

グローバルビジネス コミュニケーション術①

Encounter in New York - a form of a security measure.
You must physically be there to see this kind of scene.

グローバルビジネス コミュニケーション術②

Logistics situation in Vietnam.
I saw how the motor bicycles are utilized & it made me aware of the logistic business potentials and the matching applet necessity.

グローバルビジネス コミュニケーション術③

At a restaurant in Vietnam.
I tried to communicate in the local language; however, it ended in "Xin lỗi" (apologies in Vietnamese ).

On a last note - True meaning of Information Communication

In China/Southeast Asia, it is still rare to see engineers who get excited about having to deal with incidents contemplating how s/he would solve the problems.
The experience I wrote about today is from some time ago; however, the importance of having a good communication has remained the same.
Appropriate communication is most imperative to successfully complete a global business project without any stress.

[Communication] = [paying back on emotional basis]
In Japanese, the word "information" is made of 2 Kanji characters meaning "paying back on emotional basis" (情報)
"Your intension (emotion) will be understood & they will definitely return in favor of you"
"You must be able to clearly communicate yourself for providing such system."

This is the end of 3 articles I wrote regarding the "Importance of communication" as a part of global communication skill. Thank you for taking a time to read them.
I truly wish you take the actions with a courage to experience the global projects yourself.

I'm thinking of making the next theme for my blog article to be "Quality".
Please look forward to it.
'till then.

masahiro miura

Masahiro MIURA

Joined Netmarks Inc. (currently, UNIADEX, Ltd.) in 2002. Sold transmission units for the communication carriers and provided project management under Service Provider Business Division. Managed ICT infrastructure deployment projects for the Southeast Asia region under Global Business Division in 2008. Also managed outsourcing projects for IT management of the global locations and PC unit deployment project management for China and Southeast Asia.


Feel free to send any questions or comments by clicking the "Contact" button below.

2021年10月08日公開
(2021年10月29日更新)
新事業への取り組み

新事業への取り組み一覧

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top