コロナ禍でのネットマークス上海 出向記(第1回目)

Being seconded to Netmarks Shanghai under the COVID-19 crisis <Column 1st of 3>

アジアビジネス通信


2021/10/15

ENGLISH

皆さんはじめまして。ネットマークス上海の宮崎 英樹です。

ネットマークス上海は、2003年から在中日系企業を中心に、ITインフラサービスを提供しています。お客さまの多くは日本でユニアデックスと取引があり、中国国内でも日本と同等のサービスが提供できるように心掛けています。ネットマークス上海の事務所は、地下鉄2号線の南京西路駅から徒歩約5分という比較的中心街にあります。近辺にお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。

コロナ禍での上海出向記①

前任者の斉藤と同様、このブログのひとつのテーマとして、東アジアから東南アジアに展開するユニアデックスの海外関係会社であるネットマークス各社から、現地のトピックスをお伝えしていきます。斉藤がネットマークス上海に在籍していた時にご紹介したブログ「上海では車両ナンバーを取得するのに150万円もかかる!?」もあわせてご覧ください。

私は8月半ばにユニアデックスからネットマークス上海へ出向しました。
今回は、私の中国渡航記を全3回にわたり、紹介させていただきます。
駄文ですが、私の経験が少しでもお役に立てれば幸いです。

渡航の準備

まず渡航の準備となります。
中国到着直後からスマートフォンを使用するため、中国国内で使用できるSIMカードを用意します。SIMフリーのスマートフォンを、別途、用意することをお勧めします。また、WeChat(微信)は中国到着後、至るところで使用する必須アプリケーションです。事前に、スマートフォンにインストールすることを推奨します。

コロナの状況下での渡航は、とても手間がかかります。搭乗2日前以内(検体採取日から起算)に、中国大使館指定検査機関でPCR検査と血清特異性IgM抗体検査を受けます。その後、中国大使館指定フォーマットのダブル陰性結果が一枚となった紙製証明書を取得する必要があり、この証明書を渡航時にも持参します。
(参考:中国大使館指定検査機関情報

なお、申請には締め切り期限があるので、十分注意してください。私の場合には、搭乗前日の正午ごろに申請し、20時過ぎに中国政府の認証が取れ、渡航可能となりました。以下の図のQRコードが黄色から緑に変われば、認証が取れた証拠となります。

コロナ禍での上海出向記②

詳しくは、利用する航空会社からの案内や、中国大使館のホームページをご確認ください。

成田空港~上海浦東空港間の移動と機内の様子

チェックイン後には中国税関健康申告が必要になります。こちらはWeChatのサブプログラムになります。チェックインカウンターの横に、詳細手順が記載された看板が設置されていました。有効期限は当日のみとなっているので、渡航日が決まっていても事前の登録はできません。

機内の様子ですが、チェックイン時にも人の多さは感じていましたが、搭乗率はソーシャルディスタンスを保った状態でも70%程度はあったように感じました。事前にネットで調べた情報では、感染予防のため、機内食はクラッカーなど簡易的な物のみと書かれていましたが、実際には天丼が出てきました。日本食とはしばらくお別れです。しっかりと味わいました。

コロナ禍での上海出向記③

上海浦東空港に着陸すると、防護服をまとった中国政府の検疫官が、機内をチェックし始めました。乗客はCAの指示があるまで自席で待機し、まず、機内の前方から10列、人数で60人程度が一度に降機していました。私の座席は機内の後方だったため、降機まで30分以上要しました。

コロナ禍での上海出向記④

※右側に白い防護服を着て立って写っている方は検疫官、ではなく、乗客です。

上海浦東国際空港での流れ

長い待機時間が終わり、やっと降機すると、早速、PCR検査が待っていました。検疫官の指示に従い、席に座り、中国税関健康申告のQRコード画面を提示し、パスポートを渡します。

コロナ禍での上海出向記⑥


長い綿棒で喉の奥、左右の鼻の中を入念にこすられたため、涙が自然にこぼれてきます。
検査結果はいつ出るのかと考えていましたが、結局もらうことありませんでした。

続いては入国審査となります。空港を出るまで一方通行なので、ずんずん進んで行きます。パスポートと機内で記載した入国カードを審査官に渡します。ここで過去14日間の滞在先を聞かれました。また、今後、すぐに上海市外に移動するのかも聞かれました。審査官によっては、日本語はもちろん、英語も使わないため、10分以上かけてどうにか入国を済ませた乗客もいました。携帯電話番号は中国でもつながる日本の携帯番号を記載しました。

入国審査を終えると、税関です。
自分の荷物をターンテーブルから受け取ります。

コロナ禍での上海出向記⑤

税関はまったく無関心、通る人はすべて係員から何も言われず、そのまま素通りします。

次は隔離先ホテルへの移動となりますが、その前にまたもやシステム(旅客信息)への登録が必要になります。登録後にブラウザーを閉じたため、再表示されず、大変な目に遭いました。スクリーンショットを取得すべきでした。

隔離先エリアごとに待機場所が指定されており、荷物を持った状態で移動します。待機場所に着くと、係員から2カ所あるホテル(宿泊費が違う)のどちらにするか聞かれます。手持ちのスマートフォンで検索し、見た目も悪くない方を選択しました。

自動販売機も含め空港内での買い物が一切できませんが、無料のペットボトルの水と菓子パンが待機場所のテーブルに置かれていました。なお、喫煙もできません。

隔離先ホテルの移動は、一定の人数(20人程度)が集まると始まります。私の場合(静安区)では2時間程度の待ち時間があり、17時近くになって移動が始まりました。係員を先頭に、ぞろぞろとバスターミナルへ移動します。

バスに揺られること1時間、隔離先ホテルに到着するころには、あたりは暗くなっていました。ホテルのロビーに集められ、監視官より滞在中の注意点の説明を受けます。部屋は禁煙、アルコール不可とのこと、滞在費用と食事代は前払いでした。

周りを見回しても、今回の滞在者の中で日本人は私のみで、少し寂しく思います。監視官との連絡手段として、滞在者は指定されたWeChatグループに参加させられます。ほぼ中国語でした。しかし、ご安心ください。WeChatは翻訳機能も備えています。完璧ではありませんが、ある程度は理解できます。

無事に部屋に到着しました。部屋に置かれたお弁当を食べ、早めの就寝です。

とにもかくにも、2週間の隔離生活が始まりました。

続く

宮崎 英樹(Hideki Miyazaki)

宮崎 英樹(Hideki Miyazaki)

ネットマークス上海 技術部
日本ではオープン系コールセンター、技術員管理などを担当。ネットマークス上海での業務内容は、主に技術マネージャーとしての作業品質管理、新規顧客開拓、商材発掘などをしています。趣味は食べることと散歩。休日には自宅アパートの近辺、時には遠出をして上海の名所を散策しています。

次の記事

コロナ禍でのネットマークス上海 出向記(第2回目)

アジアリレーブログ(2021/10/22公開)
コロナ禍でのネットマークス上海 出向記(第2回目)

前の記事

                      


関連コンテンツ

グローバルICTサポートサービス


ご意見・ご感想やグローバルサービスへのご質問など「お問い合わせ」からお気軽にどうぞ!


ENGLISH

Being seconded to Netmarks Shanghai under the COVID-19 crisis <Column 1st of 3>

Greetings. This is Hideki Miyazaki of Netmarks Shanghai.
Netmarks Shanghai has been providing IT infrastructure services mainly for the Japanese companies in China since 2003. Many of our customers already have business relationships with Uniadex, Ltd. in Japan, so we are working at our best to provide the same level of quality services as in Japan.
Netmarks Shanghai's office is located in the central part of the city and the walk from the West Nanjing Road Station of Metro Line 2 takes about 5 minutes. Please come and visit the office when you are nearby.

コロナ禍での上海出向記①

As my predecessor, Saito, I would like to provide the latest local topics from the local Netmarks entities throughout in the Asian region. I also recommend you read an article written by Saito on [It takes 150K JPY to register a car in Shanghai!?].

I came to Netmarks Shanghai from Uniadex in middle of August 2021.
I hope reading about my experience may become something beneficial for you.

Preparation for going abroad

My first task was to get ready to go abroad.
As I wanted to use a smart phone the moment I arrived in China, I wanted to procure a SIM card which were useable in China. I highly recommend getting a SIM-free smartphone. Also, WeChat (微信) application is a must as you will be using this applet at many of the places after arriving in China.

Traveling abroad under the Covid-19 situation wasquite difficult. I first needed to get a PCR testing and IgM antibody testing at a testing entity registered by the Chinese Embassywithin the 2 days of traveling abroad. A certification of the double negative results under the Chinese Embassy's specifiedformat is needed. The certificate must be carried with me during the travel. (Reference: Chinese Embassy registered entity information)

Extra care was needed as the travel registration is time sensitive. In my case, I had to register around noon time a day before my flight. An approval to travel was made by the Chinese government past 8PM that day. If the QR code below turns from yellow to green, that means the request is approved.

コロナ禍での上海出向記②

For the latest information, please refer to the announcements made by the airline company you are using and/or the Chinese Embassy website.

Flight from Narita Airport to Shanghai Pudong Airport

To check-in at the airport, Chinese immigration health declaration was necessary. This was to be made using a sub-program under WeChat. There was an instruction board next to the check-in counter. This is something that must be declared on the day of the travel, so no prior declaration was possible.

There were more people at the checking in counter at the airport than I expected & the flight was about 70% full even with the social distancing requirement. I was originally told that the in-flight service will be limited to something simple such as crackers. However, I was treated with Japanese Tendon. It will be a while before I got to eat anything Japanese, so I savored it very carefully.

コロナ禍での上海出向記③

Once I arrived at Shanghai Pudong Airport, Chinese government inspectors wearing protective suit checked the inside of the airplane. The passengers had to remain seated until the CA instruction. Approximately 60 passengers seating in 10 rows were allowed to disembark the plane at a time. As I was seated toward the rear of the plane, it took me more than 30 minutes to disembark.

コロナ禍での上海出向記④

The person standing in the right-hand side is a passenger, not an inspector.

The flow at Shanghai Pudong Airport

After finally getting off the plane, a PCR testing was needed. I sat down according to the instruction of the inspector, showed the QR code screen for the Chinese Immigration related declaration, and handed over my passport.

コロナ禍での上海出向記⑤

Tears naturally came down as they deeply scrabbed my throat and both sides of my nose with a long cotton swab. I was wondering when I would receive the test result, but I never got one.

Next is the immigration. I just proceeded moving forward as there was only one way until I got off the airport. I handed over my passport and the immigration card I filled out in the plane to the immigration officer. I was asked where I stayed in the past 14 days. I was also asked if I planned to travel outside of Shanghai right after my arrival. Many of the officers did not speak any Japanese nor even English, so some of the passengers were taking more than 10 minutes for the immigration. I wrote down my Japanese mobile number which were accessible within China.

Once the immigration is done, next was the customs.
I picked up my luggage at the turntable.

コロナ禍での上海出向記⑥

Customs officers seemed they were not bothered about anything. No one said anything to anybody. We all just passed by.

Next was a transfer to the quarantine hotel. First, another registration to the system (旅客信息) was needed. I closed the browser after the first registration, so I had a hard time retrieving it. I should have taken a screenshot.

With my luggage, I moved to a waiting room which was separated according to the quarantine area.
Once at the waiting room, I was asked which of the 2 hotels with 2 different rates I preferred staying. I searched with my smart phone and picked a hotel for the look.
No shopping including the vending machine was allowed at the airport. Free bottled water and sweet bread were available on the table. Smoking was not allowed neither.

Once a certain amount of people (approximately 20) gathers, the transfer to the hotel starts. In my case (Jing'an District), I had to wait about 2 hours as the transfer took place past 5PM. In line, we followed the staff leading us to the bus terminal.

After one hour of a bus drive, the surrounding was completely dark by the time we got to the quarantine hotel. We were first gathered in the lobby and the quarantine rules were explained by the monitoring officer. Smoking and alcohol were prohibited in the rooms & I had to pay for the stay and the food in advance.
I looked around and realized I was the only Japanese in this group and felt little lonely. For the communication with the monitoring officer, we had to join a certain WeChat group. It was mostly in Chinese. But no worries, WeChat has a translation function. It's not all perfect, but I was able to understand the contents to a certain point.

I finally made it to the room! I ate the food box which was left for me in the room & went to bed early.
This is the way I started the 2 weeks quarantine life in China.

(to be continued)

宮崎 英樹(Hideki Miyazaki)

Hideki Miyazaki

Netmarks Shanghai Engineering Dept.
Has an experience of managing an open style call center and the engineers in Japan. The tasks at Netmarks Shanghai are to manage the engineering quality, develop new clients, and to discover new business commodities. Eating and walking are my favorite activities. I stroll around my apartment on the weekends & even travel some distance to discover popular places in Shanghai.

Next Article


Feel free to send any questions or comments by clicking the "Contact" button below.

2021年10月15日公開
(2021年11月05日更新)
新事業への取り組み

新事業への取り組み一覧

お問い合わせ

お客さまの立場で考えた、最適なソリューションをご提供いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
page top